システムエンジニアの具体的な仕事内容とは?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

【システムエンジニアとは】はじめに

IT系の仕事の中でも、働いている人が多いとされる仕事の一つにシステムエンジニアという仕事があります。

一見するとエンジニアということでかっこよく見えるかもしれませんが、多くの知識や技術が必要になります。

具体的にはどういう仕事なのか、またどのようなキャリアパスが必要になるのかをチェックしてみましょう。

【システムエンジニアとは】システムエンジニアとはどんな職業か

システムエンジニアのそもそもの仕事はどういうものなのでしょうか。

たくさんの仕事がある中でも、比較的いろいろな人と交流することもあるため、重要な仕事と言えるでしょう。

システムエンジニアの仕事内容

そもそもシステムエンジニアとは何をする仕事なのかというと、システムを作るためのさまざまな作業を行ったり、そのシステムをまとめたりするための仕事ということになります。

要求分析

まずは「要求分析」という作業を行います。

これはどういうシステムが欲しいのか、お客様やユーザーからのヒアリングを行います。

これによって、どういう物が欲しいのかを明確にする必要があるのです。

要件定義

次に「要件定義」という作業を行います。

これはどういうシステムが欲しいのか明確にし、どういうシステムにするかを決めていくというものです。

その後に細かな設計作業を行いますが、これは「基本設計」という大まかな方針やシステムの流れなどを決めるものと、それよりさらに細部を決める「詳細設計」という物に分かれます。

この二つとも行い、その後に実際に作っていくわけですが、この実際に作る作業についてはプログラマが行います。

テスト

その後に「テスト」と呼ばれる作業を行います。

これはプログラマが作ったものを実際に組み合わせたり、動作に問題がないかどうかを確認したりする作業です。

場合によってはこの段階で作りや動きがおかしいのを変更したり、修正したりしていく作業もあります。

その他、お客様と仕事や業務のやり取りをしたり、時にはお客様の取引先まで出向いたりすることもあるでしょう。

途中でお客様だけではなくエンドユーザーと直接やり取りをしたり、専門家を訪れたりする機会もあるかもしれません。

また、作業後に出てくるユーザーへの教育や、システム作成後に出てくるトラブルの改善、アフターフォローを行う場合もあるでしょう。

システムにまつわるさまざまなことがあなたの業務の範囲になります。

場合によっては、何年も継続して行う場合もありますし、たった数日で終わる場合もあるでしょう。

多くの可能性がありますが、基本的にはシステムが安定して動いている間はずっと必要な職務になる可能性がとても高いのです。

【システムエンジニアとは】システムエンジニアに必要な能力

システムエンジニアになる場合、必ずしもプログラミング能力が必要というわけではありません。

具体的にはどういう能力が必要になってくるのでしょうか。

コミュニケーション能力

まず、必要とされるのはコミュニケーション能力になります。

コミュニケーション能力はだいたいどの仕事でも必要となりますが、特にシステムエンジニアの場合は社内・社外に関わらず、さまざまな人と交流していく機会が格段に増えるのです。

特にプログラマからシステムエンジニアになったような場合、これまでほとんど人との交流がなかったのにいきなりいろいろな人と関わることになって、精神的に負担が大きいという人もいます。

それが負担でプログラマに戻りたいという人もいるくらいなので、コミュニケーション能力やコミュニケーションに対する苦手意識を改善するような努力も必要になるでしょう。

とはいえ、高い技能は必要ありません。

いろいろな人と交流することが苦痛ではないという程度の能力や、自分が思ったことや伝えなくてはならないことを明確に伝えられる程度のコミュニケーション能力は欠かせません。

技術的能力

もう一つは技術的能力です。

といっても、プログラマのように実際にプログラミングを書けるのに越したことはありませんが、必ずしも必要な能力とは言い切れないのもシステムエンジニアの特徴です。

システムエンジニアの場合、システムを作ることそれそのものが仕事ですし、それにまつわるさまざまな管理を行うのが仕事になります。

当然、システムやプログラミング、ITについての知識や技術は多ければ多いほどよくなっています。

とはいえ、プログラミングそのものの知識や技術よりも、システムのトレンドやIT技術のトレンド、情報通信の基本的な考え方や法律などの知識が必要になる場合が少なくありません。

平たく言えばプログラマとシステムエンジニアでは技術的な能力はどちらでも必要ですが、微妙に必要とされる能力が違ってきます。

当然共有できる点も多いしプログラミングができるシステムエンジニアもかなり多いのであった方がいいのですが、プログラミングに限らず、さまざまな知識や技術が必要になります。

プロジェクトマネジメント力

そして、プロジェクトマネジメント力というのも必要になります。

これは何かというと、自分が関わるプロジェクトについて全体を見通したり、さまざまなプロジェクトで大きな欠陥が起こらないように、あるいは問題が起こらないように管理したりする能力です。

たとえば、特定の部分で大きな負担がかかりそうならあらかじめ人員を増やすとか、特定の部分が弱い場合は外部から人材を確保しておく、問題が起こりそうな部分は先回りして何らかの対処をする、などの防衛も必要になります。

問題が起きた場合は問題を明確にして切り分け、その問題を明確に対処する技術などが必要になるのです。

このため、それぞれのメンバーの技量と必要な要件をまとめたうえで、どういうスケジュールになりそうかを明確に決めたり、その内容を伝えたりすることなども大事なポイントになってきます。

【システムエンジニアとは】システムエンジニアに向いている人

これらの特徴から、システムエンジニアには向いている人物像というのがいくつか見えてくるのではないでしょうか。

いくつか向いている人の特徴を紹介しましょう。

ITに興味がある

その一つは、やはりITに興味があることです。

IT技術やトレンドに興味があり、実際に自分でもいろいろ作ってみたいとかやってみたいという人に向いている傾向があります。

こういった人たちはそもそも技術の発展やトレンドに興味があり、これまでとは違った社会を創ったり新しい仕組みや技術を作ることに興味があったり、そういったことに積極的に参加しようとしていきます。

また、技術発展に興味があったり、さまざまなトラブルケースなどを知って問題が起こる前の対策や技術によって起こる問題などについても知っていたりする人の方がいいでしょう。

こういったことは情報通信技術だけではなく、さまざまな分野で問題を解決したりトラブルを防ぐために求められたりする知識でもあるのです。

とはいえ、システムエンジニアの場合はこれらが必ずしもプログラミングそのものができる能力ではないというのもポイントです。

プログラミング技術そのものについては疎くても、それ以外の部分でしっかりシステムを組んで技術を動かせることが大事なことになります。

モノづくりがしたい

もう一つは、モノづくりがしたいという点になるでしょう。

特に組み込み系と呼ばれる、電子端末や電子機器を作るエンジニアになると、とても強い割合でモノづくりと関わることになるでしょう。

Web系やアプリ系の人でも、かなりモノづくりに近い仕事や内容を行うことも少なくありません。

このため、そもそもモノづくりがしたいとか、モノづくりに興味があるという人が向いています。

当たり前ですがこういったことに興味や関心があるとやりがいも強く、当然楽しく仕事ができるのではないでしょうか。

逆に言えば、こういったことにそもそも興味がなかったり、そういった技術に興味がない人の場合はあまり仕事が楽しくなかったり、仕事のやりがいが感じられないのではないでしょうか。

当然モノづくりについては根気が必要だったり、必要な技術力を身につける必要があったりと、能力だけではなく技術や気質なども必要になります。

このため、実はシステムエンジニアは比較的向き不向きが出てくる仕事だとも言えるでしょう。

モノづくりに限らず、Web系ならばWebについて好きだったり、7知識が豊富だったりする人向けと言えますし、アプリならアプリが好きな人向けの仕事と言えるでしょう。

何かを作るのが好きな人ほど向いている傾向があります。

コミュニケーション能力がある

プログラマと違い、システムエンジニアはある程度のコミュニケーション能力が必要になります。

一般的な雑談も必要ですし、ビジネス上必要な交流や意見のやり取り、意思表示などが必要になります。

コミュニケーション能力についてはさまざまな能力がありますが、基本的にビジネス上で必要な技術力や必要な会話ができることが大事です。

お客様やユーザーからの意図を読み取ったり、いろいろな意図を反映させてその結果をまとめたり、交流する必要があります。

そのため、そういった話をしっかりしたり、話の内容を明確にまとめたりすることなども必要です。

また、お客様だけではなくチーム内での交流や意思の疎通ができることも大事でしょう。

人によっては大きな負担がかかっていることを伝えるのが難しいプログラマもいますから、そういった人の意図を読み取って配慮するようなことも必要になります。

まとめ

システムエンジニアはプログラマの上流仕事として存在することも少なくありません。

このためプログラマの一種と思う人もいるかもしれませんが、外部の人と交流したり、システムをどう作るか決めたりするなど、システムのことやチームの知識や技術が必要になる場合も多いでしょう。

このため、プログラマ以上に必要になる知識や技術も多く、特にコミュニケーション能力は重要です。

あまり気負うことはありませんが、積極的に交流していけるような姿勢が見せられるとよいでしょう。

自己分析から面接対策、入社準備まで、
1人1人に合ったアドバイスを​。​​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ