プログラマとは具体的にどんな仕事なの?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

【プログラマとは】はじめに

近年では、IT系の仕事を志望する人も少なくありません。

その中でも特に、実際に何かを作りたいとか、何かを作ってみたい、プログラミングやデジタルに興味がある、という人が志望しがちなのがプログラマです。

これはいろいろな仕事とは少し違い、技術系の仕事で比較的難しい側面もあります。

具体的にはどういう仕事なのか、見ていきましょう。

【プログラマとは】プログラマとはどんな職業か

プログラマとは、プログラミングという作業をする人です。

プログラミングとは、パソコンやデジタル端末で動くプログラムを書くということで、私たちが日本語を書くように、専門のプログラミング言語でプログラムを書いていく仕事になります。

プログラマの仕事内容

プログラマの場合、実際にそのプログラムを作成していくということが基本的な仕事になります。

このため、そのプログラムがどう動くかはすでに決まっており、それを決まり通りに動かし、指示通りにデータを保存したり、表示したりするというのが基本的な仕事になります。

もう一つは動作確認です。

自分が作ったものが確実に動くかどうか、指定通りに作ったものが意図的に動くかどうかをチェックするのも仕事です。

大きなサービスになると専門のチェッカーやテスターと呼ばれるテスト専門の人がいる場合もありますが、まず自分で作ったもののチェックも行わなくてはなりません。

どちらかと言えばIT系技術者としては最初の仕事ということで、比較的初心者向けの仕事となっています。

とはいえ、その企業やその団体で作りたいものが一体何か、そしてそこで使う言語が何か、ということをきちんと把握し、ある程度使いこなせるようになっている必要があるでしょう。

プログラマとシステムエンジニアの違い

プログラマとシステムエンジニアは仕事内容が似ている点が特徴的ですが、そのほかにもいくつかの違いがあります。

プログラマの場合、プログラミングをするのが基本です。

また、動いた者のテストを行います。

一方でシステムエンジニアはそのシステムがどうやって動くかという「要件定義」という作業や、その作業によって何を解決したいのかを確認する「分析」などの仕事が入ってきます。

仕事内容によっては「アフターフォロー」が加わるような場合もあるのです。

当然、こちらの方が専門的で高度で、なおかつプロジェクトの全体を見回す必要が出てくるでしょう。

ちなみにシステムエンジニアでもプログラミングを行う場合はあります。

【プログラマとは】プログラマに必要な能力

プログラマになりたいと言うのなら、いくつかの必要な能力についてもチェックしておきましょう。

実はいくつかは就職前に準備しておいたり、身につけたりする必要がある仕事でもあるのです。

コミュニケーション能力

プログラマとして最も大事な能力の一つに、コミュニケーション能力があります。

プログラマの一番の仕事は確かにプログラミングではありますし、プログラムを書く仕事です。

ですが、その一方でそのプログラムをどうやって書けばいいかとか、お客様の要求がどういうものなのか明確にする、という点も把握しなくてはなりません。

また、チームで働くことがとても多いので、チーム内での意思疎通や意見のやり取りが明確にできる程度の能力も必要になります。

技術的能力

プログラマなのですから、当然技術的能力は欠かせません。

プログラマはIT系の仕事の最も基本的な仕事なので、技術的な能力はとても大事になります。

一説には、就職する前にある程度技能を身につけておく必要があるという企業も少なくないのです。

このため、作成したプログラムやプログラミングの経験、資格などによって採用するかどうかを決める企業も少なくありません。

気をつけたいのは、実は一口にプログラマといっても必要な能力は企業によって違うということです。

たとえば、Web系企業と組み込み系企業、汎用系企業では必要とされる能力や求められる能力は全く違います。

このため、自分がどういう企業で働きたいかを考えて技術力を身につけたり、どういう企業がよいかを考えて能力を伸ばしたりする必要があるでしょう。

プロジェクトマネジメント力

最後に、プロジェクトマネジメント力です。

ある程度仕事に慣れてきたら、そのプロジェクトがどういうものなのか、全体を見渡せるようにしておきましょう。

プロジェクトの方針や内容を把握したり、その内容を明確に確認したりしなくてはなりません。

また、スケジュールや進み具合によっては遅れている人をサポートしたり、ある程度管理を行えたりするようになると比較的仕事ができるプログラマとなってくるのではないでしょうか。

【プログラマとは】プログラマに向いている人

プログラマという仕事の場合、実は明確に向き不向きがあります。

そのため、いくつかの特徴がある人にとってはかなり有利になり、逆にこういった特性がない人にとっては難しい仕事になるのではないでしょうか。

ITに興味がある

まず、そもそもの問題としてITそのものやIT技術、プログラミングなどへの興味関心があることは欠かせません。

これはIT系の企業はそもそも進歩が進みやすく、ずっと昔の知識や技術だけでプログラミングをしておくのは好ましくない場合もあるのです。

その一方で、かなり昔に作られても未だに企業内で順調に動いているシステムがある場合は、その昔の技術や言語について通じる必要もあるためです。

このため、最初からITに興味がある人の方が圧倒的に有利です。

中には就業時間外に仕事のための勉強をしたり、就業時間外にセミナーや学習会に行ったりする必要が出てくるかもしれません。

自分でIT技術や技術そのものについて興味があると、そういった生活も楽しく満ち足りたものになるでしょう。

モノづくりがしたい

もう一つはモノづくりがしたいという気持ちです。

パソコンに向かってキーボードを打っているだけなので何かを作っているという感じは薄いかもしれませんが、実際はさまざまな物を作っていますし、とても世間に貢献できる仕事です。

その一方で、モノづくり当然の試行錯誤やモノづくりならではの苦労も出てきます。

また、組み込み系の場合は当然何かデジタル端末を作ったり、大きな製品を作ったりすることもあるでしょう。

このため、モノづくりがしたいとかモノづくりをやりたいという人にとってはとても大きなポイントです。

プログラマが作る物も大事な物づくりの一環ですし、当然さまざまなハードウェアに触れる機会も増えてくるものなのです。

コミュニケーション能力がある

最後に、コミュニケーション能力は欠かせません。

プログラマの場合は一見するとコミュニケーション能力など不要に見えるかもしれませんが、実際はそうでもないのです。

コミュニケーション能力はあまり高くなく手も技術力があればいいという考え方もありましたが、今ではプログラマも多くさまざまな人と仕事をする機会も増えましたので、当然コミュニケーション能力は重視されます。

かつては交流など不要だというプログラマもいましたが、今ではそれでは通用しないことがとても多いのです。

よっぽど能力が高いなどのメリットでもない限り、まず採用される可能性は少ないのです。

とはいえ、人前ですらすらと話したり、たくさんの人と交流して意見をまとめたりするというような明らかに高すぎるような能力は不要です。

普通に話ができて発言者の意図をまとめたり、いろいろな人の間で働く以上折り合いをつける、交渉したりするなどの必要があるかもしれません。

ただ、必ずしも高い能力が必要かというとそうでもない傾向が見られます。

【プログラマとは】プログラマのキャリアパス

プログラマになったら、その後のキャリアパスも考える必要があるでしょう。

キャリアパスについてはいくつかのルートがあります。

その一つはプログラマとして技術を磨くというものです。

あまり日本企業では多くはありませんが、技術力の高いプログラマや経験豊富なプログラマは需要がいつも高く、当然どこでも求められます。

特に一つの分野に特化することで多くの仕事を集められる人もいますが、複数の言語や分野をまたいで多くの仕事を行う人も少なくありません。

もう一つは上流工程であるシステムエンジニアになるという方法でしょう。

これはより高いシステムを組んだり、システム全体を見渡して設計を行う、お客様と交流をしてどういう物が必要となるかを確認したりするというような方法です。

これはプログラマになった次のキャリアパスの王道とも言える方法で、日本企業ならだいたいはこのルートが準備されていることが多いでしょう。

また、その後にプロジェクトをまとめたりすることや顧客とやり取りをする、プロジェクトマネージャーという立場もあります。

これはさらにプロジェクト全体を見通したり、プロジェクトそのものをまとめ上げたりする仕事で、システムエンジニアより上流の仕事となっています。

その他、フリーランスになるという方法もあります。

フリーランスプログラマの場合、いろいろなプログラミングの仕事に参加したり、プログラミングだけではなく自分で作ったシステムの管理・運営を行ったりするのが仕事になる場合もあります。

ただ、このルートを選ぶ人はかなり少なくなっています。

まとめ

プログラマの仕事の場合、同じプログラマの肩書であったとしても、やっている仕事の内容や業務の範囲はかなり変わることが多いものです。

このため、どの企業に入るか、どのような技術を身につけるかによって全く将来のあり方が違ってくることも少なくありません。

ただ、基本的にはプログラミングを行ってテストをするという仕事になります。

プログラミングに慣れたらシステムエンジニアになりシステムそのものを管理するなどの出世方法もあります。

いつも技術が好きな人、人とやり取りをするのが苦痛ではない人向けの仕事と言えるでしょう。

自己分析から面接対策、入社準備まで、
1人1人に合ったアドバイスを​。​​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ