介護業界はどんな仕事をするのか?介護に向いている人ややりがいもご紹介

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

高齢化社会でニーズが高まり続けている職種です。

一方で少子化により労働者不足はどの業界でも問題になっており、キツイなどと言われる介護の現場では思うように人材が確保できないケースも少なくありません。

そのため、働く環境によっては負担がかかりやすく、ニュースでも報道されるようなトラブルが起きてしまうケースもあります。

ですが、多くの介護職は高齢者や体が不自由な方のために毎日懸命に頑張っています。

ここでは介護職の仕事内容や職種のメリットやデメリット、向いている人などについてご案内します。

【介護の仕事】介護職とは

介護職は老人介護をはじめ、病人や障がいをお持ちの方などの生活や身の回りのことをサポートする職業です。

特別養護老人ホームやグループホーム、デイサービスセンターなど高齢者向けの施設をはじめ、寝たきりの方や病気や術後で体が動かせない方のために病棟で看護師とともに働いたり、障がい者施設などで働いたりするケースも少なくありません。

高齢者施設や病院などに勤務してその施設内で働く職種のほか、訪問介護事業所に勤め、高齢者などの自宅に出向いてサービスを提供する職種もあります。

【介護の仕事】具体的な仕事内容とは

ケアマネージャーの作成した介護プランに基づいたり、利用者の状態や家族などのニーズに応じたりして身の回りの介助や生活のサポート、少しでも自立して動けるよう支援するなどが主な仕事です。

また、介護予防やリハビリなどの仕事に携わることも少なくありません。

具体的な日常生活の支援では食事や着替えの介助、トイレへの付き添いやおむつ交換などの排泄介助、入浴介助などが挙げられます。

老人ホームへの入居者や訪問介護のケースでは、利用者の服薬管理を行い、医師に処方された内容通りに薬が飲めるようサポートする仕事などもあります。

デイサービスではリクリエーションやリハビリ対策なども行い、介護予防のための運動などを指導するのも役割の一つです。

経験を積み、資格のレベルアップなどをしていけば、ご本人やそのご家族の相談に応じ、アドバイスなどを行う職種や、ケアマネージャーの試験に合格したうえでケアプランを立てる役割なども担えます。

【介護の仕事】介護のメリット・デメリット

介護の現場はつらいといったイメージがある一方で、介護職を志望し、目的や目標を持ってイキイキと働いている方も少なくありません。

そこで、イメージを二分する原因は何なのか、介護の仕事のメリットとデメリットについてみておきましょう。

メリット

日本では少子高齢化が深刻化する中、非常にニーズが高く、社会や地域に役立つ仕事です。

しばらくは高齢化が続く以上、将来的にも仕事がなくなるリスクもなく、安定的に働くことができます。

スキルアップをしていくことで現場の仕事からアドバイザー職やコンサルティング職としても働け、将来的には独立して老人ホームを経営するなど起業の道も開けます。

さまざまな経験やノウハウを身に着け、自分が理想とする老人ホームや老人介護のサービスを提供したいと大きな希望を持っている方も少なくありません。

現在の日本ではあらゆる業種で人手不足が問題となっており、特に介護分野は24時間365体制でケアを求める高齢者やそのご家族がいるため、多くの人手の確保が不可欠です。

そのため、介護職は就職もスムーズで採用確率が高いのもメリットと言えるでしょう。

ご本人をはじめ、ご家族にも感謝されるやりがいもある仕事である点も魅力であり、少子高齢化時代に求められている職種です。

デメリット

デメリットとしては介護の仕事は働く場所にもよりますが、24時間365日体制でニーズがある仕事です。

夜勤もあり、人手不足の中で労働負担が多くなる現場も少なくありません。

慣れない夜勤で生活リズムが崩れたり、オーバーワークで体調を崩したりする方もいます。

もっとも、近年は外国人介護職の導入などで密なローテーションを緩和し、働きやすく離職者が出にくい職場づくりに力を入れているところも増えてきたため、職場選び次第で状況も変わります。

また、介護職の定番の悩みと言えば、腰や肩の痛みです。

高齢者の抱き起こしや車椅子への移動、入浴の介助などを通じて腰を痛めてしまうケースは少なくありません。

正しい姿勢で介助を行っても負担が出やすく、コルセットなどを巻いて防御している方や、腰の痛みをカバーしながら働いている方もいます。

体を壊してしまうと、自分が仕事を続けたい気持ちがあっても、体が言うことを聞かなくなります。

自分の体もケアしながら、利用者のために役立つことが求められます。

相手が思うようにならない、認知症でコミュニケーションがうまく図れないなど、精神的なストレスもたまりやすいのも事実です。

それを承知で介護職の道を志したとはいえ、人間ですから、感情のコントロールがうまくいかなくなってしまう方もいます。

つらい現場にも覚悟を持ち、人の役に立ちたいと入社しても、自分の想像以上であったり、予想外の状態に置かれたりすることも少なくありません。

こうしたストレスがたまって、残念ながら犯罪やトラブルを引き起こしてしまうケースも見られるようになりました。

こうしたトラブルが起きないよう、ストレスの管理やストレスをためないためのリフレッシュ法などを考えることも大切です。

【介護の仕事】介護のやりがい

少子高齢化の時代に介護のニーズは高まっています。

社会的に求められる仕事であり、都心部から地方までどの地域でも活躍できる職種です。

高齢者やそのご家族との触れ合いを通じて、人と人とのコミュニケーションを大切にできる仕事であるのも、やりがいの一つです。

機械相手やパソコン相手の仕事とは異なり、常に目の前で利用者やそのご家族と対峙しながらの仕事になります。

自分が行ったサポートや仕事の反応がすぐにわかり、時にはご本人やご家族からとても感謝されることもある、やりがいのある仕事です。

介護の仕事は高齢者ケアだけでなく、病気で療養中の方や病気や事故の後遺症によりリハビリ中の方なども対象になります。

身体能力が低下し、判断能力なども低下している方が、自分の介護やサポートを通じて少しずつ体が動かせるようになったり、チームでのサポートを通じて、少しずつ言葉が回復したりするなど、そうした改善の過程を見届けられるのもやりがいに結びつきます。

【介護の仕事】介護に向いてる人

介護に向いている人はやはり、心が優しく穏やかで、なおかつ、行動力もあって人の役に立ちたいと考える人です。

すぐにカッとなる方、暴言や暴力をふるいやすい短絡的な方には向いていません。

どんな状況でも冷静に自分をコントロールでき、献身的にサポートができる方に向いています。

ご本人の悩みを聞いたり、ご家族から相談されたりすることも多いので、それぞれの方に心配りができ、気持ちに寄り添って親身に対応できることも求められます。

一方で、思わぬトラブルやアクシデントで生命の危機にもつながる事態も招くため、瞬時の判断力が発揮でき、すぐにアクションに移せる行動力も不可欠です。

夜勤などもあり、高齢者の体を支えるなど肉体労働も多いため、体力に自信があることも欠かせません。

いかに冷静で温和な方でも、思うようにいかずにストレスもたまる仕事なので、精神的なコントロールもでき、利用者に対して感情を爆発させない精神力や忍耐力も持ち合わせている方が向いています。

【介護の仕事】介護に就職する際に持っておくべき資格

介護職員初任者研修の受講修了は介護人材として働くには必須の資格です。

もっとも、中には未経験、未資格でも採用してくれ、職場の費用負担や職場から研修に通わせてもらえるケースもあります。

費用を抑えたい、手間をかけたくないという方は働きながら学ぶ方法もありますが、介護職の大変さやどんな業務を将来的にしていくかを知るためにも介護職員初任者研修は受けておくといいでしょう。

一部の施設では介護職員初任者研修の受講修了者が採用の条件となっているケースもあるので、就職の幅も広がります。

その上級資格である介護職員実務者研修を修了しておくと、住宅型有料老人ホームやホームヘルプステーションでサービス提供責任者の役割も担えます。

介護福祉士の資格を取得するうえでも、受講修了が条件となっています。

通信教材プラス通学による実務研修で取得ができるので、介護職として働きながら学んでいくといいかもしれません。

介護福祉士は国家資格になるので、介護の現場で幅広く活躍したい方なら取得を目指すといいでしょう。

取得にあたっては介護職員実務者研修を修了と、介護職としての3年以上の実務経験が求められます。

老人ホームなどにボランティアに行くと、生活相談員というネームプレートをしている人を見かけるかもしれません。

本人や家族の相談に乗れる立場にある人ですが、生活相談員になるには社会福祉士または社会福祉主事任用資格が必要です。

社会福祉士になるには福祉関連の4年制大学を卒業するか、相談業務の実務経験を積みながら通信で取得することも可能です。

一方、社会福祉主事任用資格は業務に携わりながら通信で学び、通学で実技をクリアすることで取得ができます。

ケアマネージャーの資格を取得すれば、ケアプランの作成にも携われ、介護の専門家として活躍できます。

そのためには、介護福祉士などの資格の取得と5年以上の実務経験などが必要であり、現場経験を豊富に積んだ方だけが受験できます。

まとめ

介護職は仕事が大変なイメージが強いものの、高齢化がますます深刻化する社会にあって、社会的にも求められるニーズの高い職種です。

採用確率が高いうえ、将来的にもニーズが減少することはないため、安定して働くことができます。

高齢者やそのご家族、地域の役に立ち、感謝もされるやりがいのある仕事です。

資格の取得を目指すなどステップアップすることで活躍の場も広がり、将来は独立開業などの夢も広がります。

その業界のこと、ちゃんと知ってますか?
1人でわからない事はプロと2人で​。​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ