【例文付き】エントリーシートの自己PR欄で失敗しない方法とは?

【エントリーシートの自己PR対策】はじめに

書類選考を通過して面接に至らなければ、内定獲得は目指せません。

そのために重要なカギを握っているのが、エントリーシートの自己PR欄です。

この学生に会ってみたい、もっと話を聞いてみたいと思わせる自己PR欄の書き方、書類選考を通過する失敗しないための方法をご紹介します。

【エントリーシートの自己PR対策】なぜ企業は自己PRを聞くのか

人間は機械でもなければ、ロボットでもありません。

それぞれに個性があり、どんな人物であるかは企業にとって重大な関心事です。

企業理念やポリシーに共鳴できる人物であるのか、一緒に働きたいと思える人物かを知りたいと思っています。

企業の業務を遂行し、収益を上げていくうえで必要な人材か、業績に貢献してくれる人物なのかを知るためにも、どんな人物であるかは重要な要素です。

どんな人物かを端的に知るうえで、自己PRが一つの判断材料になります。

まだ会ったことも、直接話したこともない人物を書類上で評価するうえで、自己PRはその人の個性や強み、どんな人物かを知る有効な材料になるのです。

そのために企業はエントリーシートにおいて、自己PRを求めてくるのです。

【エントリーシートの自己PR対策】自己PRを書く前に行うべき準備

自分という人間を企業に必要と感じてもらうためにも、内容の濃い効果的な自己PRを書きたいものです。

エントリーシートの自己PRを完成させるには、5つのステップを頭に入れておくと良いでしょう。

まず何よりも、希望する会社が求める能力を把握することが大切です。

その後に、長所をブレストして仕分けしていきます。

以下具体的に、自己PR作成における準備作業について解説します。

求める人物像を理解する

そもそもエントリーシートに自己PRを書く意図は、就活生が企業が求める力を持っているかどうかを見極めるためです。

つまり、企業が必要としていない能力をアピールしても意味がないわけです。

まずは受ける会社のホームページやパンフレットなどをよく見て企業研究をしましょう。

そしてその会社がどういった人材を求めているのかを把握します。

企業の合同説明会に参加したり、OBOG会に出席して先輩方の話を聞いたりすることも、企業研究につながります。

受けたい会社が決まったなら、その会社が求める人物像や能力スキルについて書き出しておけばわかりやすいです。

そのような場合は企業研究ノートを作りましょう。

あなたの良いところを書き出す

次に行うべき作業として、自身の長所をノートに書き出していきます。

この作業を、長所のブレストとも呼びます。

自分の良さについて最大限に引き出していきましょう。

強みがわからない時は、長い付き合いの友人や恩師などに聞いてみるのも一つです。

身近な人で自分のことを客観的に見てくれる人に意見を貰いましょう。

できるだけたくさん、長所を箇条書きにしていきます。

特に条件は設けず、どんな些細なことでもかまいません。

制限を設けないやり方により、自分では気付かなかった長所が見つかることがあります。

・計算や暗算が得意

・知人や家族の誕生日を覚えている

・どんな時でも笑顔でいられる

・いくら忙しい一日でもあまり疲れを感じない

・毎日トイレ掃除をしている

こういった感じで、ブレストしていきましょう。

この作業は自己分析の基本的な方法であり、就活において役立ちます。

あなたの良いところを分ける

自分の良さをブレストしたなら、次に行うのが仕分け作業です。

仕分け作業では、大きく3つのカテゴリに分類します。

「自分に関わる力」、「他人に関わる力」、そして「課題に関する力」の3項目になります。

項目ごとに具体的な能力例を挙げてみます。

「自分に関わる力」

・忍耐力 ・集中力 ・継続力 ・ポジティブ精神 ・行動力 ・精神力 ・好奇心旺盛 ・チャレンジ精神 ・体力

「他人に関わる力」

・協調性 ・思いやり ・リーダーシップ力 ・コミュニケーション能力 ・理解力 ・聞き上手 ・指導力 ・笑顔

「課題に関する力」

・理論的思考能力 ・アイデア豊富 ・分析力 ・パソコンスキル ・企画力 ・文章力 ・計算能力 ・段取りの良さ 

ブレストした長所は、どのカテゴリに入りますか?

あなたの良いところと求める人物像がマッチするものを探す

ブレスト・仕分けした長所を、企業が求める能力と重ね合わせていきます。

一体どの長所が、受ける企業にマッチするでしょうか。

たとえば企業が必要とする力が、「お客様が求めている商品を提案し、気持ち良く感じていただけるような接客販売を行える人材」だとします。

その場合にマッチする能力は、「思いやり・コミュニケーション能力・聞き上手・笑顔・アイデア豊富・行動力」などが当てはまります。

「繁忙期なども元気に楽しく働ける人材」を求めている会社であれば、「忍耐力・ポジティブ精神・精神力・笑顔・段取りの良さ・体力」といった長所がマッチします。

いろいろと長所があってどれについて書けば良いのか悩んでいる人も、この作業によりエントリーシートに書くべき能力が見つかるはずです。

ここでマッチングした能力を、エントリーシートでしっかりと自己PRしていきましょう。

あなたの良いところをアピールできるエピソードを探す

企業が求める能力とマッチングする強みが見つかったなら、それについての体験やエピソードを考えていきます。

長所というものは、言葉だけでは曖昧で伝わりにくいものです。

また実際のエピソードを書くことで、その特徴のリアリティが増して採用担当者を説得させることができます。

学生時代の部活やアルバイト経験でも良いですし、家族や友人との出来事からの経験談を話してもかまいません。

以下、「体力・忍耐力」をアピールしたい場合のエピソード例になります。

「高校大学と野球部に所属しており、体力には自信があります。

高校時代は甲子園を目指して暑い日も寒い日もただひたすら厳しい練習をしてきました。

甲子園に出たい気持ちがありましたので、どんなしんどい練習にも耐えることができました。

野球部のおかげで、忍耐力も付いたと思います。

御社は重い什器も運ぶ肉体労働だと思いますが、体力と忍耐力のある私にピッタリだと思っております」

このように、長所を述べた後にエピソードを添える文章構成が理想的です。

【エントリーシートの自己PR対策】エントリーシートで自己PRを書くフォーマット

内定を獲得するためには、ほとんどの方が複数の企業にエントリーをします。

第一志望はあっても、就職浪人をするわけにもいきません。

新卒で必ずどこかの企業には就職したいと、希望に沿う条件を満たす企業へと複数エントリーすることになるでしょう。

では、自己PRはどの企業も同じでいいのでしょうか。

志望動機はその企業や職種に合わせて変えると思いますが、自分という人間は一人しかいないし、アピールできることは同じと思っていませんか。

たくさんエントリーしたいのに、いくつも自己PRを考えるのは面倒だなと思うかもしれませんが、やはり、企業ごとに自己PRを書くのがおすすめです。

なぜかと言えば、企業によって求めている人物像が異なるからです。

企業が求めている人物像や応募したい職種に求められる能力などを的確に分析して、その人物像に見合った自分の強みや個性をアピールしていきましょう。

複数の自己PR作成しなければならないというと、時間もかかるし、思いつかないなどと不安になるかもしれません。

ですが、典型のフォーマットに沿って仕上げていけば、意外に簡単に作れるようになります。

そのフォーマットの基本は、まずは結論、そして簡単な理由、それに結びつく具体的なエピソード、最後にその企業でどう活かせるかで結ぶことです。

では、それぞれのポイントについて、より詳しく掘り下げていきましょう。

結論

まずは自分の強みや得意なことを、冒頭で述べます。

書類選考を行う人が、その人の一番のポイントは何なのかが、1文でわかるように端的に述べましょう。

理由

続けて、その理由について端的に述べます。

理由をダラダラと書くとわかりにくくなるので、理由も簡潔にまとめましょう。

具体的なエピソード

どうして、それが強みであるのかや、得意としているのかが伝わる、具体的なエピソードを挙げましょう。

理由を具体化するプロセスです。

学生時代にどんな経験を積んできたのか、興味を持つ分野は何なのか、どんなことに積極的に取り組んできた人物なのかが伝わるようにします。

このエピソードを通じて、選考者は会社にどのように貢献してくれそうかや、志望する職種に向いているかなどを判断します。

入社後に活かせる部分

最後にエピソードを通じた経験や強みが、会社で仕事をしていくうえでどう活かせるかで結ぶと、やる気が感じられ、志望する仕事について理解しているかを伝えることができます。

企業の特徴や志望する職種と結びつく強みをアピールしないと、この人は本当に我が社を理解しているのだろうかとか、仕事の内容がわかっているのだろかと思われかねません。

そのためにも自己PRはエントリーごとに分けて、個別に考えるのことが失敗しないための大切な方法です。

【エントリーシートの自己PR対策】エントリーシートの自己PR例

エントリーシートの自己PRは志望する企業の特徴や、志望する職種や業務内容に合わせて考えることが失敗しないために大切です。

業種や企業理念を分析し、志望する職種の業務を遂行するうえで、どんな人物が求められるかや、どんな能力が必要な仕事かを考えながら、自分の活かせる部分をわかりやすくアピールしましょう。

サークル

私の強みは個性の異なるメンバーをまとめて、同じ方向へと引っ張っていくおとです。

御社が運営する飲食店で店長を目指すにあたり、まとめる力が役立つと考えます。

大学時代には演劇サークルに所属し、サークル長を務めていました。

どんな演目にするかの話し合いや役決め、練習のスケジュールや予算管理、演出や演技へのアドバイスまで担当していたのです。

将来、役者を志望する人など個性的な面々がそろっていましたが、それぞれの個性を把握し、個性をつぶさないように、それぞれの意見をしっかり聞きながら、一つの劇が完成するようまとめるよう心掛けてきました。

店舗運営においては年代も異なる多彩な人材と仕事をすることになりますが、サークルでの経験を活かし、同じ目標に向かって店舗をまとめていきたいと思います。

早期の店長昇格を目指し、自分の強みを存分に発揮したいです。

学業

私の強みは大学で専攻した建築工学における専門知識です。

耐震性に関する研究に取り組んだ成果を、地震大国の日本における家づくりに活かせると考えています。

学生ですから、自分の設計で家を建てた経験はまだありませんが、教授のサポートのもとで防災研究所などでも何度も実験を行うなど、耐震構造はもちろん、制震や免震構造に至るまで詳しい研究を行い、理論を極めてきました。

卒論も最高評価を受けて学部代表で発表する機会を得たほどで、構造計算や仕組みに関する知識には自信があります。

地震に強い家づくりをコンセプトに掲げる御社にて、他社にはないより高性能な構造の開発や、安心の設計に貢献できると考えます。

アルバイト

私の強みは頑張る子どもたちを目標達成へと導く力です。

御社で講師として活躍するうえで、合格実績の増大に貢献でいると考えます。

私は大学1年時から現在に至るまで、個別指導塾で講師のアルバイトをしています。

有名私立中学から高校、大学進学まで幅広い学年の生徒を担当していますが、志望校合格に9割の確率で導いてきました。

ポイントは目標を明確にかかげ、目標や入試の時期から今の時点に遡って何をすれば達成できるかを生徒と一緒に考えることです。

講師の押し付けではなく、自分で今、何が足り中を考え、定められた時期までに目標を達成するにはどうすればいいかを考えることで、自分のやるべきことが明確にできます。

メリハリのある学習ができるようになり、目標の達成につながるのです。

生徒一人ひとりの個性や性格、能力を見極めながら、自分の弱点を見つけ、何が必要かを知る自己分析のサポートをしてきました。

生徒のやる気を引き出すノウハウを、御社での講師職に活かしたいと志望しました。

部活

私の強みは持久力の高さです。

時に忍耐や粘り強さが求められる、御社でのMRとしての仕事に役立つと考えています。

中学、高校と陸上部に所属し、1000Ⅿ走の選手として活躍してきました。

朝練、授業後の夕方暗くなるまでの部活での練習に加えて、朝は毎朝5時半に起床し、朝練前に毎日3キロ走る自主練を欠かしませんでした。

県大会では最高2位の実績を残し、全国大会の代表に選ばれた経験もあります。

この6年間の経験を通じて、心身ともに充実した持久力が身についたのが何よりの自慢です。

御社の医薬品の魅力を伝えるうえでは、自分自身が心身ともに健康であり、時間が限られる忙しい医師への粘り強いアプローチが必要だと考えます。

自分が部活動で培ってきた持久力と体力が活かせると自負しております。

その他

私の強みは世代を超えたさまざまな方とのコミュニケーション力です。

若い方から高齢者まで幅広い方が対象となる、御社の保険販売において活かせると考えます。

大学生活を送る中で、全国各地で地震や豪雨災害などが起こる事態に接しました。

テレビで深刻な被災状況を見るたびに何か役に立てないかと考え、情報を集めたうえで、被災地に負担をかけずに力になれることを探して現地に赴きました。

事前の情報収集と現地でさらに被災者や自治体の方から直接話を聞くことで、被災地のニーズに応えて来たつもりです。

この活動を通じて、リスクに備えることの重要性を学び、情報をしっかり集めて精査することの大切さも学びました。

被災地には小さなお子さまから高齢者までさまざまな方との触れ合いもあり、世代を超えたコミュニケーション力も身についたと思います。

現地ではケガで入院が必要になったり、大切な家族を失い今後の生活に不安を持つ方、破壊された家をどう建て直すか悩んでいたりする方とも直接話をする機会もありました。

そのたびに、保障の必要性を痛感したものです。

御社が提供する保険は、万が一の備えとなるとともに、年代を問わず必要となり、役立つ保障です。

その大切さや必要性をしっかりと伝え、営業職として成果を出すためにも、ボランティア活動を通じて育まれたコミュニケーション力や、保障の必要性を肌身で感じた経験が役立つと考えています。

まとめ

エントリーシートの自己PR欄は、この人に会ってみたいと思わせる重要な内容になります。

自分の強みを端的に述べ、その理由を簡潔に述べるとともに、強みをアピールするための具体的なエピソードを語りましょう。

その経験を通じて、どのように志望企業や職種に活かせるのかを明確にすることがポイントです。

履歴書の書き方がわからない?ウカル履歴書、教えます。​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ