文系におすすめする職業とは?27個の職業を徹底解説

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

文系といっても学部も異なれば、得意とする分野も興味ある分野も異なります。

文章を書いたり、読んだりすることが好きでコツコツ静かに作業することが好きな方もいれば、得意の語学を通じて活躍したい方もいます。

文系でも数学なども得意で、経済や経営などの分野に進みたい方もいるでしょう。

幅広い職種へのチャレンジが可能な文系出身者におすすめの職業についてご紹介します。

文系が就職する職業27選

文系出身者が就職で選ぶ代表的な職業や事務所勤務、独立開業も可能な職種についてご紹介します。

事務

一般的なオフィスワーク全般を指します。

事務といっても行う業務は幅広いですが、基本的には外回りの営業などをしないデスクワーカーとしての位置付けです。

書類の整理や作成、データ入力をはじめ、パソコンや専用のシステムを使った業務が今の時代は中心になります。

グローバル化が進み、翻訳業務や英文書類の作成など、英語や中国語、韓国語などを駆使した事務へのニーズも増えてきました。

電話対応や来客対応といった人とのコミュニケーションが求められる作業も、同時に対応することも少なくありません。

事務職は業種を問わず、企業の規模も問わず必要な人材ですが、その職場によって担当する業務の幅は異なるので、就活に際してはよくリサーチしましょう。

経営企画

経営陣のサポート役、相談的な業務を担うことや会社としての企画や経営戦略などを担う職種です。

経営マネジメントの一角を担い、本社の中心的な位置付けで仕事をしていきます。

総務

総務は企業の規模などによって担当する業務が多様化しています。

会社の代表窓口としての対応をはじめ、労務管理や給与計算、福利厚生の運用から、社内の制度策定や運用、経理や財務なども総務部門に含まれるのが一般的です。

人事

人事職は人材の採用計画や育成計画の策定や運用にはじまり、人材採用の選考や面接などを担います。

採用した人材のキャリアプランの策定や研修計画とその実施、人材の評価制度の策定と運用、適正な人材配置などを行う職種です。

企業によっては総務部の役割のひとつになることもあります。

経理

企業のコスト管理や費用の精算、給与の支払いをはじめ、企業経営に重要となる決算業務を担います。

簿記の知識や会計ソフトを使いこなすスキルなどが求められ、数値に強く、正確性と公正さをモットーにした細かな仕事ができる方が求められます。

営業事務

営業職のサポートをする仕事で、営業職が外出している間の顧客からの問い合わせに対応したり、必要な書類の作成などの補助業務をしたり、契約手続きや保全業務のサポートをする職種です。

営業所内でのデスクワークと電話対応などが基本となる職業です。

法務

社内の内部統制や契約などが法律やルールに基づいて行われているかをチェックすることや契約書類などの書類がコンプライアンスに則って行われているかのチェックやアドバイスなどを行う部署です。

法学部出身者など法律を学び、法制度の理解に長けている方に向いています。

知的財産

知的財産法に基づいた社内の運用ができているか、特許などを取得した技術や商品などの管理、特許申請の手続き、著作権などの管理やトラブルの対応などを行う部署です。

法学部や商学部などで知的財産について学んだ方をはじめ、弁理士の勉強をした方、弁理士資格を取得した方に向いています。

資材

会社全体で使う備品や消耗品、製品の製造などに使う原材料や部品などの発注や在庫管理、コスト管理などを行う部署です。

裏方的な仕事ではありますが、企業経営において資材とコストは重要な意味を持っています。

商品企画・マーケティング

文系出身者にも人気のある職業のひとつで、新製品の開発や企画、商品開発のためのリサーチや分析などを行っていきます。

同じ部署のメンバーだけでなく、製造部門や広報部門、営業部門、財務部門などさまざまな部署との連携や協調も求められる職種です。

広報・IR

会社の広報や投資家向けのIRを担う部署です。

企業イメージのアップに向けた活動をはじめ、企業の公正さや透明性、信頼を獲得するための活動を担います。

企業としての消費者向け、法人向け、メディア向けの発表を行うことや投資家向けの情報提供などを行います。

決算報告のリリースや企業を巡るアクシデント、トラブルが生じたときの情報提供や対応なども担う職種です。

宣伝

企業が販売する商品やサービスの宣伝を担う部署です。

テレビCMや雑誌、新聞広告、ラジオやネットなどさまざまなメディアを駆使し、イベントなどの開催を通じて、商品の売り込みや魅力を伝える活動を行います。

販売

法人向け、一般消費者向けとそれぞれの商品やサービスに合わせて、販売促進を担っていく職種です。

企業の業態や規模、配属に応じ、法人向けのルート販売や小売店向けの販売を担う他、実際に店舗に立って販売を行う職業などもあります。

専門的・技術的職業

専門性や技術が求められる職業も幅広くありますが、たとえば、弁護士や公認会計士、行政書士などの国家資格が求められる仕事が挙げられます。

弁護士や行政書士は法学部出身者、公認会計士は経済学部や商学部の出身者に人気の資格、難関の資格でもありますが、学生時代のうちに取得される方も少なくありません。

資格に加えて経験も必要な職業なので、法律事務所や会計事務所に就職することや企業の法務部や財務部などに就職し、現場実務を積んだうえで独立開業を目指す方が多いです。

技術的な職業として文系出身者に人気の職種として、WebデザイナーなどWeb制作に携わる仕事が挙げられます。

一見、理系向けと見られるシステムエンジニアの道に進む方も増えてきました。

教員

教育学部出身者を中心に人気の職業であり、教員を目指して大学の学部を選ぶ方も少なくありません。

塾の講師ならば教員免許は必ずも不要ですが、公立、私立問わず、小中学校で教員として就職するには免許が必須です。

体育や音楽、技術・家庭科も含めてオールマイティに教えられる知識が必要となる小学校教員、自分の得意科目の資格が取得できる中学校、高校の教員資格があります。

保健室の先生として知られる養護教員資格、聾学校や盲学校など障害を持つ児童を支援するための特別支援学校教員などもあります。

また、幼児教育の分野で働きたい場合は幼稚園教諭または保育士の免許が必要です。

これらの免許を取るには大学や短大で専門的に学んだうえ、所定の教育実習を経て、教員免許取得試験に合格しなくてはなりません。

資格取得後も更新の研修や試験などを受けていく必要があります。

情報処理・通信技術者

理系出身者向けの職業にも思えますが、情報処理の学科は高校や大学でも文系の枠になっていることも少なくありません。

オフィスソフトを使いこなせるエキスパートとして活躍する方やネットワーク関連の職種に就く方も増えています。

臨床心理士

心理カウンセラーなどと呼ばれることもある職種で、心の問題に悩む人が増える中でニーズが増えています。

個人として活躍する人の他、企業や学校、公的機関などに所属してカウンセリングやメンタルヘルスに問題を抱える方のサポートをする方も少なくありません。

学校でいじめや自殺、事件などが起きたときに派遣される、スクールカウンセラーとして子どもたちや先生のケアにあたる人もいます。

不動産鑑定士

不動産の価値を鑑定する評価業務やそれに基づくコンサルティング業務などを担います。

独立開業しての仕事の他、不動産鑑定事務所に勤務する方や不動産会社や建設関連の企業、自治体などの公的機関などの一員として業務を担う方も少なくありません。

宅地建物取引士

宅地建物取引士は不動産関連の仕事に就くうえで、欠かせない資格です。

学生時代に取得して就活に活かす方もいますし、不動産会社に就職してから企業で用意される研修と受験料などの支援を受けて資格取得を目指す方も少なくありません。

不動産取引において必須の資格となる他、家業の不動産会社を承継したい方や独立開業を目指す方にも必要な資格です。

中小企業診断士

中小企業診断士は中小企業の経営課題を診断し、アドバイスやコンサルティングを行う国家資格です。

独立開業をする方をはじめ、コンサルティング会社に就職する方、信用金庫や信用組合をはじめ、金融機関などに勤務する方や自治体など公的機関で業務を担う方もいます。

通関士

通関士は輸出入者に代わって国際物流の手続きを担う役割を果たし、輸出入に問題のない貨物かの判断や関税・消費税などを徴収すべき品物かを判断し、貿易の公正や適正さを維持する業務を行います。

主な業務は通関書類の審査と審査後の記名捺印で、就業する場所としては貿易会社や商社、空運・海運・陸運、倉庫業や流通業者をはじめ、メーカーや旅行業、金融機関など幅広い企業で活躍しています。

介護福祉士

介護福祉士になるには一定のカリキュラムを修了するのに加え、実務経験が必要で、かつ、国家試験に合格しなくてはなりません。

高齢者や障がい者の身体介護を主な仕事としますが、高齢者施設や障がい者施設の現場の責任者として、介護職員などをまとめ、指示や指導を行う役割なども果たしています。

また、自治体の福祉課や社会福祉協議会などに勤務する方もいます。

証券アナリスト

専門知識と分析技術を身に付け、証券投資における各種情報の分析や投資価値の評価を行い、アドバイスや投資管理サービスを提供する専門職です。

証券会社をはじめ、投資助言会社やコンサルティング会社、ベンチャーキャピタルや金融機関など幅広い企業で活躍しています。

記者・編集者

新聞社やテレビ局、ラジオ放送をはじめ、週刊誌や月刊誌をはじめとする出版社などで活躍します。

近年はWebメディアで活躍する記者や編集者も増えてきました。

紙媒体からデジタルメディアへの移行が進んでいますが、記事にするための取材や執筆、編集においては人の能力が要求されます。

ファイナンシャルプランナー

人生の夢や目標を実現するためのライフプランと資金計画を立て、アドバイスなどを行う専門家です。

国家資格ではありませんが、金融や税制、不動産、住宅ローン、保険、年金、相続や事業承継など幅広い知識を学び、民間資格を取得します。

個人での独立開業や金融関連やコンサルティング事務所勤務の他、銀行や保険会社、証券会社、不動産会社などで顧客対応をするうえで役立つ資格です。

通訳・翻訳

ビジネスをはじめ、メディアなどさまざまな場面で通訳を行うことや依頼を受けての翻訳を手掛ける職種です。

海外の映画やドラマ、書籍などの翻訳を手掛ける職業の他、近年は経済のグローバル化に伴い、契約書類や取扱説明書などの翻訳ニーズが増えています。

英語はもとより、ドイツ語やフランス語、イタリア語などのヨーロッパ圏から、中国語・韓国語・東南アジアなどの言語、ラテン語など幅広い言語へのニーズが高まっています。

その他

コピーライターやアートディレクター、画家や小説家、音楽家や料理研究家など文系出身者の職業は幅広く広がります。

文学部、芸術学部、音楽学部の出身者から、経済学部や商学部など理数系にも強い人、法学部や教育学部など専門性の強い学部出身者まで幅広くおり、その垣根を超えた職業に就く方も少なくありません。

まとめ

文系出身者に選ばれる職業は多彩ですが、中でも代表的な職業や人気のある職業についてご紹介しました。

大学で学んできたことや学部、これまでの経験やご自分が興味あること、将来やっていきたいことを踏まえ、自分に適した職業を見つけましょう。

自己分析から面接対策、入社準備まで、
1人1人に合ったアドバイスを​。​​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ