就活のはじめ方ですべて変わる!失敗しないための就活のはじめ方とは?

【就活のはじめ方とは】はじめに

憧れの企業の内定をライバルと差をつけて勝ち取るコツは、正しい方法で就活をはじめることです。

就活のはじめ方次第で、その後の結果に大きな差が出てしまうかもしれません。

今回は、就活で失敗したくない方のために就活のはじめ方や注意点を解説します。

ぜひチェックして就活に役立ててください。

【就活のはじめ方とは】まずは就活のスケジュールを把握する

就活をはじめる前に最も気を付けたいのは、確実に憧れの企業の内定を勝ち取るためにスケジュールを隈なく把握することです。

企業によってスケジュールだけでなく、エントリー方法や試験の他にも面接内容にも違いがあります。

いざ就活をはじめてから「こんなはずではなかったのに」と後悔してしまうことがないように就活の正しいはじめ方を確認してみることをおすすめします。

就活の情報は、大学内だけでなくニュースなどでも確認することができます。

初めて就活を行う方の多くが疑問や不安でいっぱいになってしまいますが、まずはリラックスして準備をすることが大切です。

就活を行うといっても事前準備は、いつ行うことが正解だとは決められてはいません。

やる気がある方は、エントリー時期でなくとも早い時期から就活をはじめている方もいます。

内定を取りたい企業のエントリーが開始される前でも、できる就活の準備はたくさんあります。

スケジュールを確認する、自己分析をするだけでなく、面接の内容を考えるなど自信を持って面接に臨めるように努力してみましょう。

3月にエントリー開始、6月に面接解禁

学生の皆さんは、いつから就活がスタートするのがベストなのかご存知ですか。

ニュースや友人、先輩などの情報に耳を傾けてみるとさまざまな意見があるので、どの情報やアドバイスを信じればよいのかわからないと悩んでいる方も少なくありません。

また、就活への意欲はあってもいつからスタートすべきなのかわからないという方は意外と多いものです。

就活のスタート時期をチェックしてみると大学3年生の3月にエントリーが開始し、大学4年生の6月に面接などの選考が解禁されることがわかります。

また、大学院で修士課程まで終了する学生は、大学院1年生の3月にエントリーが開始し、大学院2年生の6月に面接などの選考が解禁されます。

毎年就活の時期は決められており、経団連によりルールが作られています。

しかし、近年では経団連だけでなく、政府も新たな就活のルール作りに力を入れているということをご存知でしょうか。

現在は、3月にエントリーが開始し、6月に面接解禁という企業がほとんどです。

まずは、このスケジュールを参考にして就活で有利になるように時間を無駄にせず過ごしてみるとよいでしょう。

実際は、そのスケジュールよりも前に企業は動いている

前述したように3月にエントリー開始、6月に面接などの選考が解禁されることがほとんどですが、このスケジュールは必ずしも決定されているわけではありません。

企業によっては、基本的なスケジュールに関係なく、もっと早く動いている企業もあるのです。

そのため、学生側もできるだけ早く情報を集めることが大切です。

有利な状態で就活を進められるように時間を無駄にすることなく、企業のインターンシップなどを大学1年生の時期から積極的に参加してみましょう。

多くの企業で実施しているインターンシップは、内定を取りたい方にとって有利なものだといわれています。

企業の雰囲気や仕事内容を肌で感じることができるだけでなく、インターンシップから内定を取ることにつながったなど、就活をスムーズに進めるためのメリットを実感することができるかもしれません。

また、自身の能力を高めながら就活を行うことができるのもインターンシップの魅力となっており、3月のエントリー開始時期までに自分に自信を付けることもできます。

【就活のはじめ方とは】あなたが志望する企業のスケジュールを把握する

では、どのように志望している企業のスケジュールを把握すればよいのでしょうか。

企業の選考スタートのタイミングにはそれぞれ違いがあるため、見逃すことのないように慎重に情報を集めていく必要があります。

例年通りのスケジュールで就活を進めていけばよいだろうと呑気に構えすぎてしまった結果、気が付いたら選考が終わっていたというつらい経験をした先輩もいます。

油断してしまうと残念な結果になってしまうこともあるので注意しましょう。

就活を失敗しないコツとして余裕を持って志望する企業のスケジュールを把握することが大切です。

企業のスケジュールは、経団連の採用選考に関する基準によって決められています。

企業は、学生の学習に支障をきたしてしまうことなく、選考スケジュールを組む必要性が求められています。

そのため、学生側も学業に支障をきたさずに無理のない範囲で就活を行えるのもうれしい点です。

就活を行う際には、選考スケジュールを把握したうえで、しっかりと管理していきましょう。

気が付いたら選考が終わっていることも

就活のスケジュールを把握するといっても日本各地に数多くの企業があるため、自分がエントリーしたい企業のスケジュールを定期的にチェックすることが欠かせません。

毎年就活の時期は決められており、3月にエントリーが開始され6月に面接解禁になるのが基本的な就活のルールです。

しかし、2021年卒業の学生からは、就活時期のルールが撤廃される可能性があるため注意が必要です。

就活のルールを定めている経団連は、政府とともに新たなルールを作る可能性があります。

企業の選考スタートのタイミングを見逃してしまうと適切な時期にエントリーし面接を受けるチャンスすら掴むことができなくなってしまうでしょう。

気がつたら選考が終わっていたなど思わぬトラブルに見舞われてしまうことがないように、まずは企業のインターンの日程をチェックして情報を確実に集められる場を抑えておきましょう。

就活をトラブルなく進めていくために、まずはいつから情報が公開されるのかといった点だけでなくエントリーの受付時期を確認しておくと安心です。

さらに会社説明会や選考の開始時期をチェックするのはもちろんのこと、採用の終了予定時期まで把握しておくと効率よく就活を行えます。

【就活のはじめ方とは】スケジュールを把握したら次は自己分析をする

就活を行う際に欠かさずやっておきたいのが自己分析です。

自分自身のことを分析すればよいだけだから自己分析は得意だという方も多いかもしれませんが、長所や短所などわかっているつもりでも人に指摘されて新たな自分のよさや欠点に気付くこともあります。

実際に就職面接の場で自己PRをするように指示されてもうまく答えることができなかったという方も少なくありません。

絶対に失敗したくない就職面接の場で自信を持って自分をアピールできるように、時間に余裕を持って自己分析しておきましょう。

自己分析とは、自分の得意なことや興味があることを知る作業です。

効率よく自己分析する方法としておすすめなのが、これまでの自分の人生や経験を振り返ってみることです。

これまでの自分の人生でうまくいってうれしかったことはなんなのか、逆に辛いと感じたことなどを改めて思い出してみましょう。

自己分析は、思ったよりも難しく時間がかかってしまうこともあります。

企業にエントリーする前に自己分析ができず、焦ってしまうことがないように時間に余裕を持ってはじめてみてください。

【就活のはじめ方とは】自己分析を行う際のポイント

自己分析とは、自分の潜在的な価値観や才能について理解を深めることです。

内面を掘り下げることで、自分の素質や能力などが浮かび上がり、自分に向いている仕事を発見する足がかりになります。

ではどうやって自己分析を進めたらよいのでしょうか。

いくつかポイントをご紹介します。

1.心に残っている経験や思い出を時系列で掘り起こす

すべての経験を書き出す必要はありません。

夢中になったこと、熱心に打ち込んだこと、積極的に参加したことなど、心に残っていることを書き出してみます。

子ども時代から学生時代という風に、時系列で振り返っていくと思い出しやすくなります。

一度に思い出すことが難しかったら、年表を書いて箇条書きから始め、徐々に肉付けしていくことをオススメします。

2.一つのテーマをピックアップする

掘り起こした経験はバラバラですが、たとえば楽しかったこと、達成感を得られたことのように、共通のキーワードで分類することは可能です。

人の役に立てて非常に幸福感を覚えたなど、一つのテーマを決めて、それに合った経験をまとめてみましょう。

3.なぜを繰り返す

掘り起こした経験をさらに掘り起こしていくと、さまざまな気持ちが見えてきます。

そのときの気持ちが自分の才能や適性を知るカギになりますので、経験をできるだけ深く掘り下げることは、とても大切な自己分析のプロセスです。

深堀りするときは、なぜと自分に問いながら進めていくとうまくいきます。

なぜ達成感が得られたのか、なぜ仲間がいて幸せと感じたかなど、もう出ないと思うまでなぜを繰り返していきましょう。

4.短所に目を向けず、長所を探すようにする

すべての経験がポジティブではなく、中にはもう二度と経験したくないような、苦い思い出もあります。

自分の短所を知ることも、自己分析の一つですが、あまりにも深入りすると、自己嫌悪のスパイラルに陥ってしまうリスクが高くなりますので注意しましょう。

掘り起こす経験は、できるだけ自分の長所が浮き彫りになるものを選びましょう。

自分のあらばかりを探すような掘り起こし方は、避けたほうが賢明です。

5.他人から言われたことを参考にする

自分で自分を見つめることも大切ですが、他人が自分をどう見てきたのかを振り返ることも、自分を知る手がかりになります。

友人や身内から、頼りがいがある、やさしいという風に、言われたことはないでしょうか。

それも自分らしさの一つだと考えられる場合は、自己分析の結果の一つに加えます。

【就活のはじめ方とは】自己分析の結果から面接で話す内容を考える

自己分析が終わったら、その結果をもとにして面接で話す内容をある程度決めてしまうと面接官の質問にスムーズに回答できます。

たとえば、自分の得意なことを活かしてどのように会社に貢献していくことができるのか、どのような人生経験から問題解決能力を発揮することができるのかをアピールしやすくなります。

就活は、エントリー時期が近づいてから慌てて準備をするのではなく、何事も余裕を持って取り組めるようにスケジュールを立てることが大切です。

特に面接は緊張してしまうので、早い時期から自己分析を行い面接官に話す内容を考えておくとよいでしょう。

【就活のはじめ方とは】面接で話す内容を考える際のポイント

自己分析をすることで、自分の価値観や適性、できることなどに気付きます。

自己分析の結果は、仕事を選ぶベースとなり、面接で話す内容を作るときの材料にもなるのです。

自己分析で得た結果を参考にしながら、話す内容を考える際のポイントについてご紹介します。

1.自己分析で導かれた結果と、企業との接点を考慮する

たとえば仲間と一緒に行動を起こし、目標を達成することが好きという自己分析結果が出た場合、この結果が企業の求めている人材や仕事内容につながらないかどうか考えます。

仲間と一致団結して目標を目指すことが好きであれば、チームワークが重要視される職場で力を発揮できるという接点が見つかるのではないでしょうか。

自己分析結果を箇条書きにし、一つひとつ接点を考えていきます。

そして、志望動機として一番強いと考えられるものを選び、話の内容に加えるようにします。

2.自分の強みを冷静に評価する

応募を検討している企業は、積極的で発言力のある人材を求めているので、自分もそれに合わせようと、自己分析結果を無理にこじつけることは避けましょう。

無理に合わせて就職したとしても、強みと理想のギャップから気力が続かなくなるなど問題が生じる可能性が出てきます。

自己分析結果を過小評価することや思い込みで過大評価することはせず、適正に結果を評価するようにしましょう。

3.理由を軸にして内容をまとめる

企業側に自分が適任だとアピールする場合、その理由を明確にすると伝えやすくなります。

なぜその企業なのでしょうか。

決めた理由をハッキリさせてみます。

志望動機は何か、企業のどこに惹かれたのか、労働環境や取り組み、企業理念などに焦点を当てると、決めた理由が浮かび上がってきます。

その企業で働くことが可能になった場合、何をやりたいか、その理由を簡潔にまとめてみましょう。

入社したい意欲が相手に伝わります。

このタイプの理由は、相手の感情に訴える働きをしますので、合理的な要素よりも自分の正直な気持ちを言葉で表現することがポイントです。

希望している仕事がなぜできるのか、その仕事ができる理由も大事なアピールポイントになります。

自己分析結果で導き出された自分の才能やスキルが、なぜ仕事に役立つか、どんな風に仕事を進められるのかなどについて考えてみましょう。

【就活のはじめ方とは】企業の選考に参加する

就活をスムーズにはじめるなら、インターンシップなど企業の選考に役立つものに参加することもおすすめです。

現在、インターンシップは2種類あり、内容だけでなく期間にも違いがあります。

インターンシップのひとつである短期インターンシップは、期間は1日で終わるものや長くても2週間程度と短い期間で行われています。

期間が短いため、参加しやすい学生が多いのもメリットです。

短期間で実施されているので、仕事の内容を深く知ることやスキルを高めることは難しいかもしれませんが、就活生にとって有意義な時間を過ごせることは間違いありません。

一方、長期インターンシップは、中小企業で多く行われており、数多くのメリットがあることでも知られています。

たとえば、インターン生としての活躍を企業側に認められれば面接などの選考に参加することなく、念願の内定をもらうことも夢ではありません。

万が一、長期インターンシップに参加して内定のチャンスを掴むことができなかったとしても、多くの経験を積むことができ自分自自身を高めることができます。

現在、メリットを感じられる企業の選考は随時開催されています。

積極的に参加することで知りたかった情報を効率よく集めることもできるのもうれしい点といえるでしょう。

まとめ

今回は、就活のはじめ方についてご紹介しました。

就活は、できるだけ早くスタートを切ったほうがうれしい結果につながる可能性があります。

ライバルに差をつけられてしまうことがないようにエントリーしたい企業のスケジュールを把握するのはもちろんのこと、自己分析を行い、企業の選考に積極的に参加するなど、今できることを迷わずはじめてみましょう。

就活準備、順調ですか?
1人でわからない事はプロと2人で​。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ