インターンシップに参加するメリットは何?種類別で徹底解説いたします

インターンシップを開催する企業が増えてきました。

大学の友だちがインターンシップに参加した、学校からインターンシップの参加をすすめられたなどの理由でインターシップに興味を持つ方もいるでしょう。

では実際、インターンシップに参加するメリットは何でしょうか。

実際参加する前にどのようなメリットがあるのかを考え、時間を無駄にしないようにしましょう。

【インターンシップのメリットとは】インターンシップを有意義な時間にするために必要なこと

インターンシップは各企業によって、開催されている期間が異なります。

長期の場合だいたい半年から1年間行っていて、週に2回か3回、数時間から長くても6時間程度参加するのが一般的です。

学業もあるため、インターンシップばかりに時間をかけてはいられません。

拘束時間や期間がそれなりにあるため、せっかく参加するのであれば有意義な時間にすることが大切です。

時間をかけたからこそ身になった、充実した時間となったと思えるよう、事前によく考えて参加してください。

参加する目的を明確にする

なぜインターンシップに参加するのか、目的を明確にしましょう。

学校からすすめられたから、友だちも参加しているからなどと明確な目的がないままインターンシップに参加するのは避けたいです。

将来この企業に就職したいから、実際働いている社員の姿を見たいから、社内の雰囲気を知りたいからなどと明確な理由があればインターンシップが有意義なものとなります。

就職したいからという理由であれば、インターンシップを活用することによって、どんな企業かよく知ることができます。

会社説明会もありますが、説明会だけではその企業のことがよくわからない、情報が不足していると感じる方もいるでしょう。

そしてインターンシップに参加することによって、面接時に我が社のどのようなところが気に入ったかと質問されたとしてもスムーズに答えられます。

目的を果たすため、インターンシップ中どう動くべきか、自身がするべきことを考えることもできます。

参加後の振り返りも忘れずに

インターンシップに参加した後は、振り返りをしましょう。

実際参加してみて企業で働く社員の姿を近くで見ることができた、実務について知ることができたと満足してしまう方もいます。

しかしそれだけでは、インターンシップに参加しただけになってしまいます。

実際参加してみて、自身が描いていた企業像と同じだったかもしくは異なる点があったかと振り返りましょう。

自身が描いていた企業像と同じで、ますますその企業のことが気に入る方もいます。

面接時になぜ働きたいと思ったのか、会社や仕事のどんな点が気に入ったか聞かれることがあります。

その際、インターンシップに参加した経験をもとに、その企業がなぜ気に入ったのかスムーズに語ることができます。

もしくははじめ自身にあっていると思いインターンシップに参加したものの、考えていた環境とは違った、将来自身が働くとしたらつらい思いをするかもしれない、仕事が面白くないと感じて退職してしまうかもしれないと感じるケースもあります。

インターンシップに参加したものの、別の企業への就職を考えようと別の道を探すことができます。

あわせて自身がインターンシップに参加して貢献できたこと、貢献できなかったことを振り返りましょう。

この仕事はスムーズにできたが、違う仕事は他人に迷惑をかけてしまったと振り返りができます。

自身の長所や短所を見直すきっかけにもなります。

そして面接のときに実際就職したらこんなことを頑張りたい、そしてこんなことを気をつけたいと具体的に語ることができます。

インターンシップに参加したことを活用できるよう、しっかり振り返りをして面接に活かしましょう。

【インターンシップのメリットとは】参加するメリット

インターンシップに参加する前に、どんなメリットがあるかポイントをおさえましょう。

メリットにもいくつかあり、それぞれポイントをおさえることで活かすことができます。

そして自身に照らし合わせて、メリットをどう活かすことができるか、自身に見合った参加方法は何かと考えましょう。

短期インターンシップ

インターンシップは長期と短期とあります。

短期の場合、1日から1週間前後が多いです。

期間が短いため実務はほとんどなく、企業の詳しい説明を聞いたり、グループトークをしたりといった内容となっています。

会社説明会ではわからなかったことが、社内の様子を見ることによって理解できるケースもあります。

その企業だけではなく、業界について雰囲気がわか自身が今後目指すべきか判断するきっかけにもなります。

拘束時間が短いため、時間の融通がきく

インターンシップは数時間から、長くても1日5時間や6時間程度です。

そのため拘束時間が短く、時間の融通がききます。

就職活動を行っているからと言って、学業をおろそかにすることはできません。

インターンシップが終わってから、学校の課題に取り掛かるなど時間を有効活用できます。

また朝から晩まで拘束されることはないため、集中力が切れにくいです。

常に緊張して疲れてしまう方も多いですが、拘束時間が短いので体に負担がかかりにくいのもメリットでしょう。

短期のインターンシップの場合、複数の企業のインターンシップに参加される方も多いです。

長期休暇を利用してインターンシップに参加したり、いろいろな企業のインターンシップに参加したりして社内の雰囲気をつかむなどうまく活用されている方もいます。

どの業界に進もうかと悩んでいる方も、短期のインターンシップに参加することで自身の進むべき道を選びやすくなります。

学業と両立しやすい

特に短期のインターンシップは、学業と両立しやすいです。

せっかくインターンシップに参加して企業によい印象を持ってもらえたとしても、卒業ができなければ意味がありません。

卒論をはじめ学生は学校の課題も多いので、学業をおろそかにしないようインターンシップの日程を調整しましょう。

無理にたくさんの企業のインターンシップに参加する必要はありません。

テストが終わって課題もないので、インターンシップに参加するなど自身のスケジュールを上手に調整しながら参加しましょう。

学生同士のつながりが増える

ほかにどんな人がインターンシップに参加しているのかと気になるでしょう。

インターンシップに参加すると、グループトークをする機会も多く学生同士のつながりが増えます。

学生同士つながりを作り、次はどの企業のインターンシップに参加するのかなど質問するのもおすすめです。

次はあの企業がインターンシップを開催するなど、情報を得られることもあるので活用してください。

長期インターンシップ

インターンシップを長期間開催している企業もあります。

1ヵ月以上開催する場合長期と呼ばれますが、半年や1年と長い期間開催していることも多いです。

長期インターンシップでは、短期と異なり実務経験をする機会に恵まれます。

実際働いている社員と一緒に仕事をする場面も多く、就職したらどんな仕事を任されるのかわかります。

自身が仕事に向いているか、またこの業界に向いているかわかるよい機会になります。

実際就職したら、インターンシップに参加していたということで即戦力として活躍できるでしょう。

就職しても慣れない仕事ばかりで、ストレスを抱えて退職や転職する方もいます。

しかし長期インターンシップ参加することによって鍛えられるため、就職しても仕事がつらいと感じにくく、長く企業に勤め活躍できるチャンスに恵まれます。

特に期間を設けていない企業もあり、長い期間拘束されるので学業と両立できるかよく考えましょう。

卒論など学業に時間がかかることがないかなど、事前に確認し計画を立てることが大切です。

授業に参加できないことも多いので、単位をほとんど習得している状態で参加することをおすすめします。

スキルアップで実社会に出てからも役立つ

インターンシップに参加することにより、実務を体験することがあります。

実務を体験することでスキルアップし自身の幅が広がります。

実社会に出てからも役立つことが多く、社会人になる前に体験できてよかったと感じる方が多いです。

いきなり社会人になることに抵抗がある、自身の幅を広げたいと考えている方はインターンシップを活用しましょう。

人脈形成ができる

インターンシップに参加するメリットとして、人脈形成ができるという点があります。

実際、人脈を作りたいとインターンシップに参加する学生もいます。

参加した企業で働く社員と人脈ができ、OB訪問やOG訪問の機会につながるケースもあります。

先輩社員と仲良くなり実際仕事をしていてどう感じているのか、仕事の醍醐味や苦労している点など、直接話を聞く機会に恵まれるかもしれません。

社会人になったらどんな目標を持って、どう進んでいくのかと教わる機会にも恵まれます。

インターンシップ先からそのまま内定をもらえる場合もある

インターシップ期間中に、そのまま内定をもらえる場合もあります。

特に長期インターンシップですと実務を行うため、戦力となるか企業側も判断できます。

この人と一緒に仕事をしたいと、企業側に感じさせることができればそのまま内定をもらえる場合もあるので気を抜かないよう頑張りましょう。

インターシップだから、学生だからと軽視せず、採用されたものとしてふるまうとよいです。

素行にも気をつけ、自身にできることを探してどんどん取り組みましょう。

インターンシップのメリットを理解して参加するようにしよう

インターンシップに参加する際は、メリットを理解して参加するようにしましょう。

短期や長期とあり拘束される時間は違いますが、時間を拘束されることには違いはありません。

就活生は学業と就活を並行して行わなくてはならず、忙しい日々を送っています。

時間を無駄にしないよう、そして本採用に有利になるよう、自身によってよい時間にすることが大切です。

そのままインターシップ先から内定をもらえる場合もあるので、気を抜かずに社員として仕事をしているという気持ちで取り組みましょう。

インターンシップで就活を有利に!
あなたの就活を二人三脚で内定までサポートします​。

あなたのビジョンを実現させるための​
就活のサポートを実施

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ