第一印象は見た目で決まる!就活で好印象をゲットできる男子の髪型とは?

第一印象は見た目で決まる!就活で好印象をゲットできる男子の髪型とは?

就職活動を前にすると、どんな髪型にすれば良いの?と悩むもの。

女子であれば一つ結びという無難な髪型がある一方で、男子には「コレが定番」という髪型が無いため、余計に悩んでしまいます。

そんな悩める就活直前男子の皆様に向け、髪型を考える上でのポイント、おすすめの髪型、避けた方が無難なNG例までご紹介してゆきます。

さらには、好印象をさらに高めるポイントについてもご紹介していますので、そちらもお見逃しなく。

本記事を参考にして、就職活動の好印象をゲットしてください。

そして内定を勝ち取りましょう。

就活男子の髪型は第一印象に大きく作用する!

就職活動をするにあたり、髪型は非常に重要な要素です。

「見た目よりも中身の方が重要なんじゃ?」なんて声も聞こえてきそうですが、中身を見てもらうためには入れ物だって大切です。

同じ料理だったら、盛り付けが素敵な方がおいしそうに感じますよね。

人と初めて話す際、意識的にせよ、無意識的にせよ、見た目の情報からその人となりを判断します。

そして、その印象のもとで話を進める事になります。

それは面接官も同じことです。

扉をノックして、入出した瞬間に「あっなんかチャラい学生が来たな」なんて事を思われてしまいますと、面接の短い時間では「チャラい学生」という印象をぬぐう事はできません。

特に一次面接では多くの学生が訪れるため、見た目で判断される傾向が強くなりがちです。

そして、見た目の印象に大きな影響を与えるのが髪型です。

女性の場合は一つ結びにして就職活動にのぞむという人が多いので、髪型にこだわる必要は特にありません。

一方で男性の場合、ある程度の自由が利く分、どんな髪型にするのかは悩ましい部分です。

次章では好印象を与えられる髪型について見てゆきたいと思います。

男性の就活、好印象を与える髪型とは?

髪型は似合う・似合わないがあるため、「就職活動にはこれが正解」というものはありません。

けれど、髪型を考える際に気をつけるべきポイントはあるものです。

まずはそれら3つのポイントについて解説してゆきたいと思います。

清潔感があること

一つ目は「清潔感があること」です。

社会は人と人との繋がりで出来ています。

もちろん仕事もそうです。

不潔な印象の人よりも、清潔感のある人のほうが一緒に働きたいと思いますよね。

では清潔感のある髪型はどうすれば演出できるのでしょうか?その方法の一つがもみあげや襟足をキレイにそろえるという事です。

もみあげや襟足は自分で整える事も可能ですが、失敗すると手の施しようが無くなってしまうため、プロに任せる事をおすすめします。

なお、言わずもがなですが、寝ぐせなどで髪がボサボサというのではお話になりません。

洗ってなくてベタベタというのも当然NGです。

しっかりと髪型を整えて、面接会場に向かいましょう。

自然であること

二つ目は「自然であること」です。

おしゃれな髪型にしたいというこだわりはわかるのですが、就活の場において強すぎる個性は敬遠されがちです。

面接官としては、自己主張がやたら強い部下なんて欲しくありません。

髪は長すぎず短すぎず、ガチガチに固めすぎず。

それだけで自然な感じは演出できます。

就職活動が終われば髪型は自由ですから、おしゃれ心はしばらく封印しておきましょう。

まじめな印象を与えられること

極端な例ですが、思いっきり茶髪の学生と、自然な黒髪の学生、どちらがまじめに見えるでしょうか。

もちろん自然な黒髪の学生です。

就職活動時に「チャラい」と思われて良い事はありません(もちろんチャラい学生を求める企業は除く)。

アパレル関係などを除き、就職活動時にオシャレである必要はありません。

それよりもまじめそうな雰囲気を作り出し、面接時にしっかりと話を聞いてもらえる状況を作る事の方がはるかに重要です。

なお、地毛が茶色であったり、地毛がパーマであったりする場合、それを矯正する必要はありません。

それら事情を考慮してくれる企業は増えています。

もちろん就職活動を無難に過ごすため、一時的に黒くするというのも何の問題もありません。

男性の就活、おすすめの髪型例

前章でも述べましたが、就職活動に「これが正解の髪型」というのはありません。

ですが「おすすめの髪型」はあります。

どんな髪型で臨むのか悩んだら、下記の中から似合いそうな髪型を選択してみてください。

刈り上げ+ゆるい七三わけ

万人に使えるのが「刈り上げ+ゆるい七三わけ」です。

サイドとバックは刈り上げて耳をだし、スッキリ感を演出。

トップはマットなワックスなどを使ってかるく七三に分けてあげれば、「清潔」「自然」「まじめ」の三拍子そろった髪型の出来上がりです。

ここで気をつけたいのが、おしゃれ心を出して、ガッチリとした七三わけにしないこと。

ポマードを使ってリーゼント気味の七三わけをした学生なんて、面接の場では浮き過ぎてしまいます。

スポーツマンタイプならベリーショート

あなたがスポーツを続けてきて、面接の場でスポーツをネタに話をする予定ならば、髪型はベリーショートがおすすめです。

就職活動の場において体育会系というのは好まれる要素の一つ。

不満を言わない、体力があるというのは、それだけで使いやすい若手と判断されます。

髪型で体育会系な雰囲気を強調できるのであれば、それを使わない手はありません。

これは注意、就活にNGな男子の髪型とは?

おすすめの髪型があるという事は「おすすめできない髪型」もあるということ。

続いてはNGな例を見てゆきましょう。

ただし、アパレル系やクリエイティブ性が求めらる仕事ではこの限りでは無いのでご注意ください。

あくまでも一般的な企業の面接でNGな髪型です。

長すぎる髪

学生時代はバンドに明け暮れ「前髪は目が隠れるほど、サイドとバックはマッシュルーム気味のボブがこだわり」なんて人も、就職活動前には髪を切りましょう。

ロン毛で面接に来た男子学生について、面接官は「ウチに就職する気は無いな」と思うもの。

そんな学生を次の面接に進めるかと言いますと、もちろんそんなことはありません。

なお、髪を切る際は思い切ってバッサリといきましょう。

未練がましく「耳はちょっと隠れる感じで…」なんて注文しているウチは内定には結び付きません。

こだわりが強すぎる髪型

こだわりが強すぎる髪型も就職活動時にはおすすめできません。

こだわりが強いという事は、自己主張が強いという印象を相手に与えてしまいます。

面接官は「部下として一緒に働きたい」という人を選んでいます。

自己主張がやたらと強い人を部下として、一緒に働きたいでしょうか?それよりも協調性があり、チームプレイができそうな人の方を一緒に働きたいと思うはずです。

こだわりが強すぎる髪型の例としては、きつすぎるほどのツーブロックや、目立ちすぎるほどのソフトモヒカンなどです。

何度も言いますが、就職活動の場において、おしゃれである必要は全くありません。

髪型へのこだわりはいったん抑え、とりあえず就職活動を乗り切りましょう。

社会人になってしまえば、髪型は案外自由です。

就活時、ワックスなどの整髪料はアリ?それともナシ?

就活時に整髪料はアリです。

ただしすべての整髪料がOKというわけではありません。

例えばマットなワックスなどは何の問題もありませんが、水溶性ポマードやジェルなどで髪がテカテカしていると悪目立ちしてしまいます。

就活で必要なのはオシャレではなく「清潔」「自然」「まじめ」の3要素です。

それを演出できる整髪料を選びましょう。

香りが強すぎるものも避けておいた方が無難です。

就活男子が髪型以外に気をつけたいポイント

せっかく好印象を与えられる髪型にしたのなら、その見た目の好印象をさらに上げてゆきましょう。

スーツにシワがよっていますと、だらしない印象になってしまいますし、ネクタイがゆるいとこれまただらしない印象になってしまいます。

着用した後のスーツはポケットの中のものを出し、すぐにハンガーにかけ、霧吹きをかるくかけておけば、それだけでシワができにくくなります。

ネクタイもノット(結び目の部分)を抑え、ギュッと引っ張るだけで、引き締まった印象になるものです。

ちょっとした事ですが、ちょっとした事をしっかりとして、好印象を手に入れましょう。

まとめ:男性こそきちんとした髪型で好印象をゲット

就職活動での髪型のポイント、おすすめの髪型などについてご紹介してきましたが、疑問は解決しましたか?

就職活動の面接では、一緒に働きたい人材か否かを見られています。

そして面接では(特に一次面接では)第一印象が大きな意味を持っています。

「清潔」「自然」「まじめ」という三拍子がそろった髪型で面接にのぞみ、好印象をゲットしてください。

それが内定への第一歩です。

なお、就職活動において「オシャレである」というのは特に意味を持ちません。

オシャレさを主張する髪型よりも、とりあえずは無難な髪型にしておきましょう。

就職活動が終わってしまえば髪型は自由です。

就活情報サイトが運営する
就活支援サービス

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!​​

60秒かんたん登録で
ライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ