履歴書の学歴はいつから書くべき?履歴書作成マニュアル学歴編

はじめに

履歴書の書き方に疑問や不安を持っていませんか。

そんな方のために今回は、履歴書の正しい作成方法をご紹介します。

履歴書の学歴を記載するうえで大切なポイントをチェックして自信を持って就活に臨みましょう。

履歴書の学歴はいつから記載するのか

大学生が就活を行う場合、履歴書の学歴は中学校卒業から記載します。

就活生の中には、学歴を記載する欄には、最終学歴を書けばいいのではないかと思っている方も多いのではないででしょうか。

しかし、履歴書の学歴を記載する際には、最終学歴しか書かないというのは採用担当者によい印象を与えません。

履歴書は、志望動機や自己PRだけでなく学歴など、その人の意欲や経歴を見るものでもあります。

採用担当者は、できるだけ多くの応募者の情報を得たいと思っており、少なくともどこの中学校を出ていたのかを最低でも知っておきたいところです。

小学校から中学校卒業までは義務教育にあたるため、記載を省いてもマイナスになることはありません。

基本的に履歴書に学歴をいつから記載するかは決まりはありませんが、どこの中学校を卒業し、どのような高校に在籍していたのか、さらに大学に関しても学部名や学科名など専攻していた分野まで記載することが採用担当者の評価を上げるコツです。

企業は履歴書の学歴で○○を見ている

なぜ、履歴書に自身の学歴を記載するのかをご存知でしょうか。

企業側は、ただ闇雲に就活生の情報を集めたいわけではありません。

企業の採用担当者は、履歴書の学歴から自社で活躍し貢献してくれる人物であるかを判断しています。

応募動機や自己PRのほかにも意欲なども履歴書を通してチェックしていますが、さらに学歴は自社に採用するのに適切な人材であるかを判断しやすい部分でもあります。

履歴書には、一般的に中学卒業から学歴を記載することも正しいマナーの一つです。

中学卒業までは義務教育にあたりますが、その後の学歴である高校や大学においてもそれぞれ学んできた環境を企業に履歴書を通して伝えることで、より深くあなたの魅力を伝えることができます。

たとえば、応募者に同じ大学出身の人が数名いたとしても、大学の学部や専攻のほかにも高校によっては違いがあるため、自社に必要な人物かを判断しやすくなるのです。

それぞれの大学の学部や高校の環境は大きく異なるため、履歴書の学歴をチェックすることで応募者がどのような環境でどんなことを学んできたのかを細かく知ることができます。

また、学校によって教育方針にも違いがあります。

生徒を指導する教職員や研究者においても学校によって大きく異なっているため、応募者のこれまでの経験を判断するよいきっかけにもなるでしょう。

大学で専攻した分野によっては、専門的な勉強をしてきたということを企業にアピールすることもできます。

専門的な知識を多数持ち合わせていることで高い能力があるだけでなく、自身の意欲も伝えることにつながります。

自分が大学で学んでいた専門の分野が企業にどのような形で貢献できるのかを伝えるアピールの方法としても履歴書の学歴記載欄は、賢く利用することができるでしょう。

いつから書くか困っている方にオススメ!履歴書の学歴記入例

では、ここで中学校卒業から記載する場合の履歴書の記入例をチェックしてみましょう。

大学新卒の就活生や中途採用の場合、中学校卒業から記載することが多く見られます。

これは正しい方法であり、採用担当者の負担を減らすためにも履歴書の学歴記載欄には義務教育の終了である中学校卒業から書くようにしましょう。

まずは、中学校卒業から記載する場合の学歴記入例をご紹介しますので確認してみてください。

平成○○年3月 ○○中学校卒業

平成○○年4月 ○○高校入学

平成○○年3月 ○○高校卒業

平成○○年4月 ○○大学入学

という風に記載していきます。

もし、転職を何度か繰り返してしまっているという方であれば履歴書の学歴欄をスッキリと見せるために中学校卒業を省略して高校入学から記載してもいいでしょう。

履歴書の学歴欄のスペースには限りがあります。

大学新卒の就活生であれば中学校卒業から記載しても職歴まで書くことはないので、余裕を持って学歴を書くことができるでしょう。

しかし中途採用の場合、学歴だけでなく、これまで勤めていた職場の経歴を書く必要もあります。

そのため、学歴記載欄に中学校卒業から書いてしまうと職歴を書く欄がなくなってしまうなど、さまざまな問題が出てしまう可能性もあります。

自身の学歴を伝えることができても職歴をすべて書くことができないほうがマイナスです。

そのため、中途採用の場合は、中学校卒業を省いて高校卒業から記載しても問題はないので、これまでの職歴を伝えることを優先して履歴書を作成することが大切です。

いつから記載するのが適切?履歴書に学歴を記載する際の注意点

多くの就活生がいつから学歴を記載するべきなのかと悩んでいるようです。

大手の企業には、多数の応募者からの履歴書が採用担当者のもとへ届きます。

数多くの履歴書を採用担当者は毎日チェックしているため、少しでもよい印象を与えられるように適切な方法で履歴書を記載し作成することが大切です。

大学新卒の就活生が履歴書に学歴を記載する際には、中学卒業から書くことが一般的です。

たとえば平成○○年3月 東京都立○○中学校卒業、平成○○年4月 東京都立○○高校入学、平成○○年3月 東京都立○○高校卒業という風に正式名称で学校名を記載していきます。

学校名を履歴書に記載する際には、必ず正式名称で書くということもマナーです。

学校名が長い場合、省略して書いていいのではないかと思ってしまう方もいるかもしれません。

しかし、学校名を省略してしまったことで自分が在籍していた学校ではなく、他校だと勘違いされてしまうこともあるので注意しましょう。

大学新卒の就活生が学歴を記載する際にまだ卒業していない場合は、卒業と書くのではなく、卒業見込みや終了見込みといった書き方をします。

また、大学院生の場合も大学生と同様に卒業見込みや終了見込みと記載しましょう。

大学名を履歴書に書く際には、学校名のあとに学科や専攻を記載することを忘れてはけません。

大学でどのようなことを学んできたのかを採用担当者にしっかりと伝えるためにも学科や専攻を書くことは重要です。

学科や専攻で企業や採用担当者からの印象は大きく変わります。

自身を最大限にアピールするために必ず大学名のあとに学科や専攻を記載するようにしましょう。

万が一、大学名や学科、専攻を書く際に長くなってしまい一行で収まらない場合には、二行にして記載しても構いません。

また、履歴書に年月日を記載する場合、一般的に昭和や平成など和暦で書くことが多くなっています。

履歴書の形式によっては西暦で書いても問題ありませんが、和暦・西暦のどちらで書くにしても統一して記載していくことも重要なポイントです。

予備校は記入しない

履歴書の学歴は、中学校卒業から記載することが一般的だとお伝えしましたが、就活生の中には予備校に通っていたという方もいるかもしれません。

予備校に通った経験がある方は、その旨を記載したほうがいいのではないかと迷っている方も多いのではないでしょうか。

実は、履歴書を作成する際の注意点としてすべての経験を記載しないという点が挙げられます。

就活生の多くが中学卒業から大学卒業見込みまで、すべて経験した学歴を記載することが正しいと認識しているかもしれません。

しかし、履歴書には、これまで経験したすべての学歴や経歴を書く必要はありません。

就活生の中には、大学受験や資格取得のために予備校に通っていたという方もいるかもしれませんが、予備校は教育機関として認められていないため、履歴書に学歴として記載することは間違いです。

履歴書の正しい作成方法のマナーとして採用担当者など読む側が負担にならない形で書くことが大切です。

たとえば予備校など教育機関として認められていない学歴や経歴を記載してしまうと、履歴書をチェックする採用担当者は読むだけで疲れてしまい負担に感じてしまうこともあります。

採用担当者は、これまでに多くの履歴書を読んで確認しているため、高校卒業から大学入学までの空白の期間があったとしても予備校に通っていたのではないかと憶測を立てることができます。

履歴書を作成する側は、できるだけ採用担当者の負担を減らすことができるように本当に必要な学歴のみを記載することを心掛けましょう。

アルバイトも記入しない

予備校は履歴書には記載しないのと同じでアルバイトにおいても書く必要はありません。

就活生の中には、これまで自分が頑張ってきたアルバイト経験を採用担当者にアピールしたいと思っている方もいるのではないでしょうか。

しかし、アルバイト経験を、学歴を記載する部分でアピールすることは正しい方法とはいえません。

もし、アルバイトで得てきた経験や能力を採用担当者に伝えたいのであれば学歴記載欄に書くのではなく、自己PRでアピールしてみるといいでしょう。

学歴は、あくまでも学校名を書く部分です。

職歴を記載する部分があったとしてもアルバイトを書くことはオススメできません。

職歴記載欄は、アルバイトではなく正社員として働いた経験を記載します。

大学新卒の就活生の場合、就業経験がないのであれば書くことはありません。

アルバイト経験は自己PRの場でアピールし、自分のよさを伝えていくようにしましょう。

履歴書の学歴を書いたあとは、内容を見直そう

学歴をはじめ、履歴書には自己PRなどの記入欄もあります。

履歴書を書く際はアルバイトの履歴書を書いていた時のクセで、適当に筆を走らせてしまう方も少なくありません。

詳しいことは面接でアピールすれば良いと思っている方もいますが、正社員としての採用となる就活の場合は、履歴書が最初の選考材料となり、内定獲得のための最初の突破口となります。

どのような内容を書けば良いのか、しっかり理解したうえで書くべきポイントに沿って記載しなくてはなりません。

既に書いてしまった方も、今一度内容を見直してみてください。

自己PR

自己PRは自分を企業に売り込むことですが、ただ自分の良さをアピールするだけでは足りません。

エントリーしたその企業にとって魅力的な人物に映るように、アピールすることがポイントです。

自己PRで企業が見ているポイント

自社に合った人物であるかどうか、求めている人物像かをはじめ、入社後に活躍してくれそうな人物かを見られています。

その人の性格や雰囲気なども判断できる内容なので、職場に馴染んで長く頑張っていけそうかをチェックしていることもあります。

自己PRの構成

履歴書に記載する内容の書き方は、基本的にPREP法です。

結論を述べてから理由、具体的なエピソード、そして結びとなる結論を述べる4ステップ構成です。

最初に自分の強みやアピールしたい点を、簡潔かつ明確に書きましょう。

次になぜそうなのか理由を簡潔に示します。

自分のアピールポイントを強調できるエピソードを1つ書いてください。

そのうえで、その強みをどう企業に活かせるかでまとめましょう。

志望動機

志望動機は、なぜその企業に就職したいと思っているかを、企業に熱烈アピールするものです。

数えきれないほどの企業がある中で、あなたがその企業を選んだ理由や熱意を伝えましょう。

志望動機で企業が見ているポイント

なぜ、自社を志望したのか、自社が求める人物像にマッチしているかをはじめ、入社意欲の強さを見ています。

企業としても、就活生がいくつもの企業にエントリーしているのは百も承知です。

その中で自社が本命であるのか、内定を出した場合にどの程度、入社する見込みがあるかを測っています。

時間や労力をかけて選考して内定を出したのに入社してもらえないのでは、費用も労力も無駄になりますから、ただ有能な人材を選ぶだけでなく、入社意欲が強い人を志望動機から判断しようとしています。

志望動機の構成

志望動機もPREP法を踏襲するのがオススメです。

なぜ、志望したのかの結論を簡潔に述べてから、その詳しい理由、志望動機に結び付いた具体的なエピソード、入社できたら、どう企業に貢献し活躍したいかで結びましょう。

趣味・特技

趣味や特技がこれといってない方も空欄にせず、何かしら自分が好んですることや得意なことを書いておきましょう。

企業の業種や職種につながることならなおベストですが、必ずしも仕事に関連しなくてもかまいません。

たとえば、幼い頃から取り組んできた剣道が特技、音楽鑑賞や映画鑑賞が趣味でも問題ないのです。

趣味や特技で企業が見ているポイント

趣味や特技から、企業はあなたがどのようなことに関心があるのか、これまでどんなことに打ち込んできたか、努力を続けてきたかを見たいと思っています。

自己PRでは体育会系の部活動で根性や持続力があるとアピールしたほうが、趣味に読書とあれば、落ち着いた面も持ち合わせているのだなと、あなたへの理解も深まります。

幼稚園の頃からずっと続けているといえば、持続力があるなとか、礼儀正しく品行方正なイメージで、あなたを見てもらえるかもしれません。

趣味・特技の書き方

趣味・特技を一言、箇条書きで済ませてはいけません。

文章の形で書くのが基本です。

まずは、「私の趣味(特技)は〇〇です。」の結論からはじめ、その具体的なエピソードを1文程度で繋げましょう。

その趣味や特技によって得た経験を通じて何を学び、何を得たのかでまとめるのがベストです。

資格欄

資格欄には英検やTOEICなどの語学系やパソコン系のITスキルなど、どの企業でも使える資格をはじめ、その企業や志望している業種や職種に有効活用できる資格を記入します。

関係なさそうなことでも、企業の新規事業やこれからの時代に役立つ資格やその知識が使えるケースもあるので、書いておきましょう。

少子高齢化に備え介護ヘルパーや保育士などの資格を、まったく異業種の企業に書いても問題はありません。

書道やそろばんなど子どもの頃に取得したものを書く際は、書道4級などではなく、段を取得しているなど、高いレベルにあるものを書くようにしましょう。

資格で企業が見ているポイント

どんなスキルや専門知識を有しているか、企業の職種や仕事で活用できそうかをはじめ、どんな分野に興味を持ち、勉強に励んできたのかを見ています。

資格の有無やレベルだけで採用することはありませんが、職種によっては有効な判断材料となります。

資格欄の書き方

資格は箇条書きにし、いつ取得したのか年月などを明示しましょう。

いつの段階で取得したかでも、見方が変わります。

補足:必ず誤字脱字は確認する

最後に誤字脱字がないか、文章の意味が通らないところ、回りくどくて伝わりにくいところはないか見直しましょう。

間違いや文章のおかしいところがある場合や字が粗雑な場合は、今一度きれいに間違えないように書き直すのがオススメです。

まとめ

今回は、履歴書の学歴の記載について解説しました。

もしかしたら就活生の多くが学歴の書き方を勘違いしていた方も多いかもしれません。

採用担当者の目に触れる履歴書は、正しい書き方で作成することで印象をよくすることができます。

特に学歴は、これまでの自身の経験を伝える絶好の場となっているので、正しい書き方で記載するようにしましょう。

そんな履歴書でほんとに大丈夫?ウカル履歴書、教えます。​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ