面接はどんな流れで行われるの?面接の受付から入室、退出までの面接の流れを解説

面接の流れを知っておくと慌てずに面接を受けることができるので、面接会場での受付から入室、退室の流れを事前に把握しておきましょう。

また、面接での受け答えが良くても、服装や髪形などの身だしなみが整っていないと「マナーがない」、「だらしない」と思われてしまいます。

面接を受ける前の身だしなみチェックや持ち物チェックも実際の面接と同じく重要です。

この記事では、面接の服装、受付、入室方法、退出方法などについて詳しくご説明します。

【面接の流れ】面接での服装と髪型をチェック

面接では、社会人としてふさわしい服装かどうかをチェックしています。

社会人として一般的でない服装では、いくら面接での受け答えが良くてもマイナスの印象を与えてしまうので就活生として無難な服装を心がけましょう。

ただ、アパレル業界などは服装で自分をアピールすることも多く、服装にセンスや個性が求められます。

こちらでは、一般的な企業の面接を受けるときにおすすめの服装をご紹介します。

【男性】面接での服装

男性は黒、紺、グレーのシングルスーツが基本で、ワイシャツはノーマルやボタンダウンの白シャツを着用しましょう。

スーツの袖丈はワイシャツが1㎝くらい出る長さに調節しましょう。

裾丈はかかとから1㎝から2㎝程上になるものを選びます。

長すぎても短すぎてもだらしなく見えてしまうので、試着をしてちょうどいいサイズを購入しましょう。

ネクタイは派手すぎないレジメンタル、ドット、無地などの柄で、スーツとの相性を考えながら選んでください。

靴下は白以外で、スーツの色に合わせた黒、紺、グレーを選びます。

靴は黒か茶色のプレーントゥ、Uチップがおすすめです。

【女性】面接での服装

女性も黒、紺、グレーのスーツを基本とし、ジャケットの中に着用するブラウスは第一ボタンまでボタンを留めるレギュラータイプか第一ボタンがなく首元が開いているスキッパータイプを選びましょう。

ブラウスの色は白が無難ですが、志望する業界によっては薄いパステルカラーを選んでもいいですね。

スカートの丈は短すぎないものを選び、座ったときに膝が少しだけ出る長さがいいでしょう。

ストッキングは地肌より少し濃い肌色を選ぶとすっきりして見えます。

ストッキングの予備はバッグに入れて持ち歩くと安心です。

アクセサリーをつける場合小さなピアス程度はOKですが、指輪はつけないようにしましょう。

マニキュアを塗る場合はベージュなどの指になじむ色にし、派手な色を付けないように注意してくださいね。

【面接の流れ】面接会場での受付と待機

「面接会場へは約束の何分前につけばいいの?」、「早く着きすぎたらどうしたらいいの?」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

こちらでは、面接会場に到着する時間と受付する時間の目安、待機中のマナーについてご説明します。

面接会場には何分前についていればいいか?

面接会場には約束の時間の10分前くらいには到着しておきましょう。

電車の遅延が心配であったり、面接会場まで無事辿り着けるが心配という場合は、面接会場の周辺に30分から1時間前に到着するようにして、会場周辺のカフェや公園などで時間をつぶしましょう。

早めに会場周辺に到着しておけば、面接のシミュレーションをしたり、身だしなみのチェックをすることができます。

受付は面接時間の5分前が目安

受付は面接時間の5分前くらいに行いましょう。

受付時間が早すぎると担当者に迷惑をかけてマイナスの評価になることがあります。

採用担当者は日々の業務の合間を縫って対応してくれるので、業務の邪魔にならないようにするのが大切です。

「5分前では遅すぎるのではないか」と気になる場合は、10分前程度までであれば受付をしても問題ないでしょう。

10以上前に受付するのは避けて、早く着いた場合はすでにご説明した通り近隣の喫茶店やカフェなどで面接の受け答えのシミュレーションをしたり、心を落ち着かせる時間にしましょう。

もし電車の遅延や運休、事故などのトラブルで面接時間に間に合わない場合は、早めに担当者に電話で連絡をしましょう。

「5分くらいの遅れだから連絡しなくてもいいだろう」と連絡を一切しないのは、社会人としてマナーがないとみなされます。

約束の面接時間に少しでも遅れるとわかった時点で、きちんと電話で連絡をしておきましょう。

遅刻の連絡をする際には、「遅刻に対する謝罪」、「遅れる理由」、「到着予定時刻」を伝え、「遅れても面接を受けることはできるか」を確認してくださいね。

待機中のマナー

待機中にはスマートフォンをみたり、電話をしたり、周りの人と話をしたりせず、姿勢よく落ち着いた印象で座って待つようにしましょう。

スマートフォンなどの電源は切るか、振動してしまうバイブレーター機能を切っておくようにします。

【面接の流れ】入室から着席まで

入室から着席までの一連の流れも面接官に見られています。

一連の流れを頭に入れて事前に自宅などで練習しておくと、実際の面接でも慌てずに済みますよ。

入室の方法

入室する時には、ドアをゆっくりと2回程ノックします。

面接官から「どうぞ、おはいりください」といわれたら「失礼いたします」と挨拶してドアを開けます。

「どうぞ、おはいりください」といわれない場合は再度ノックをし、返事がなければ3秒程時間をおいてドアを開けます。

入室をしたら大きな音が出ないように丁寧にドアを閉め、椅子の左側か後ろに立って大学名と氏名を言い、「よろしくお願いいたします」と大きな声であいさつしてから一礼します。

着席のタイミング

面接官が「お座りください」というまでは、着席してはいけません。

挨拶が終わったからといって、すぐに椅子に座ってしまわないように注意しましょう。

椅子に座るときには背もたれによりかからず、両足は広げすぎないようにしましょう。

両手は男性であれば軽くこぶしを作って両膝に置き、女性であれば両手を重ねて膝の上に置きます。

【面接の流れ】面接

面接では、自己紹介、自己PR、志望動機、学生生活、業界に関することが質問されます。

例えば、「自己紹介してください」、「長所と短所を教えてください」、「この職種を希望する理由はなんですか」などが聞かれるので、事前にどう答えるか考えて、練習をしておきましょう。

ただ、事前に作った文章を暗記して棒読みするような答え方では、熱意が伝わりづらいので自然に受け答えができるまで練習することが重要です。

【面接の流れ】退室

面接が終わったら座ったまま「ありがとうございました」と一礼します。

その後席を立ち、椅子の横で「失礼いたします」とあいさつしてドアに向かいます。

ドアの前で面接官の方を向き再度「失礼いたします」とあいさつし、一礼をして退出しましょう。

ドアは入室の時の同じように、丁寧に静かに閉めるように注意します。

面接の流れを把握し、心に余裕を持って面接を受けよう

面接官は実際の面接中の質問への受け答えだけでなく、受付から待機、入室、退室までチェックしています。

質問への受け答えだけ良くても、ドアを乱暴に閉めたり、入室時のあいさつがなかったりと「マナーがない」と思われてしまうとマイナスの評価になってしまいます。

質問への受け答えだけでなく、受付から退室までの一連の流れを頭に入れて、自宅などで練習をしておきましょう。

また、面接にふさわしい身だしなみになるように、事前に服装や髪形を確認してくださいね。

面接の全体的な流れを知って、余裕を持って面接を受ければ面接官にいい印象を与えることができますよ。

面接時にやっちゃいけないマナー違反、
知らず知らずのうちにやってませんか?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ