面接での最後の質問を恐れるな!アピールポイントを徹底解説

面接も終わりにさしかかった頃、面接官から聞かれる「最後に何か質問はありませんか?」という質問。

この質問への答え方が採用を左右するかもしれません。

この質問の意図するところを把握し、しっかり自分をアピールしましょう。

面接での最後の質問「最後に何か質問はありませんか?」は事前準備を万全に!

面接で逆質問(最後の質問)をされた際に、何を聞けば良いか悩む就活生も多いものです。

面接官は逆質問の内容についてもしっかりとチェックしているので、気は抜けません。

適当な質問もマイナス評価につながる場合があります。

実は面接中にうまく自分をアピールできなかった人にとって、逆質問は最後のチャンスでもあるのです。

チャンスを逃さず内容の濃い逆質問をするためには、事前準備が欠かせません。

何よりやるべきが、企業研究です。

面接中や企業説明会の時に知った内容以外について質問すると、「この人はきちんと企業研究をしているな」と高く評価してもらえるでしょう。

その熱心な姿勢からは、高い意欲も見て取れるはずです。

企業研究をするとともに、面接までに逆質問をいくつか考えてまとめておけば安心です。

面接での最後の質問の意図を理解する

面接において受け答えは非常に重要です。

面接官がどういう意図を持って質問するのかを理解し、自分の答えを述べることで、面接官との円滑なコミュニケーションが成立します。

ここでは、面接で聞かれる最後の質問について、どのような意図があるのかについてみていきたいと思います。

どれくらい志望度が高いか確認するため

1つ目は、応募者が企業にどれぐらい興味を持っているかをみるためです。

質問がないということは、事前に企業について何も調べておらず、興味がないと思われかねません。

強いては、企業に対して志望度が低いという結論に至る可能性も高いのです。

反対に、しっかり的を得た質問をしてくる応募者には、事前に企業についても下調べができており、企業に対する志望度が高いという印象を与えることができます。

やはり志望度が高い企業に対しては、いろいろと質問が出てくるものです。

コミュニケーション能力を確認するため

2つ目は、コミュニケーションがしっかり取れるかをみるためです。

面接で聞かれる「志望動機」や「自己PR」などは、事前に予想できる質問であり、家で練習もできます。

そのため面接官は「志望動機」や「自己PR」を聞くだけで、応募者とのコミュニケーションまでは図れません。

しかし、最後の質問は、応募者が聞いて、面接官が答えるというお互いのコミュニケーションを図るには、理想的なかたちとなります。

しっかり的を得た質問をすることで、面接官に、臨機応変にコミュニケーションがきちんと取れるという良い印象を持ってもらうことができます。

一緒に働きたいと思える人間性か確認するため

3つ目は、応募者の人間性が一緒に働きたいと思えるかをみるためです。

面接官への質問は、応募者の個性や、またどの点を重視してこの企業を志望しているのかが垣間見えます。

応募者の質問内容や、事前にきちんと考えての質問なのか、などを総合的に判断し、企業側はこの応募者が入社して貢献してくれそうか、何より自分たちが一緒に働きたいと思うかどうかをチェックしているのです。

どれだけ「志望動機」や「自己PR」が優れていても、この最後の質問で見せた人間性が社風に合わなければ、採用は難しくなります。

面接での最後の質問で企業に対する意欲をアピールしよう!

最後の質問が面接の1部であり、自分をアピールする必要があることが分かったところで、次はどのようにアピールしたらいいのかを考えてみましょう。

意欲をアピール

意欲をアピールするには、この企業で働いていることを前提に話をすると伝わりやすいです。

例えば、入社までにやっておいたらいい勉強や、経験を質問すると、仕事に対するやる気が伝わります。

面接官としても、入社したら、意欲的に仕事に取り組んでくれそうだという期待が生まれるでしょう。

また面接官の答えで、入社までにやっておくべきことが分かり、この企業ではどのような能力が求められているか、ということも理解できます。

強みをアピール

自己PRがうまくできなかった人でも、この最後の質問が、自分の強みをアピールする機会となります。

自分の強みが企業のどの分野で活かすことができるのか、という質問をすることで、強みを生かしてこの企業で活躍しようと考えてくれているという、面接官の判断にも繋がります。

面接を受ける企業で、活かすことができそうな強みや資格を思い浮かべて、質問を考えてみてください。

自己アピールとして、面接官に伝わるはずです。

一緒に働きたいと思ってもらえるようにアピール

人事、部門長に質問することで、部下として一緒に働いてみたいと思ってもらえるようアピールすることもできます。

人事、部門長への質問は、具体的な業務について聞くと、会社のやりかたや方針も分かり、働く自分が具体的にイメージしやすいと思います。

理念を大切にしている企業だと、そこに共感していることをアピールすると、「部下として活躍してくれそうだ。」と思ってもらえる可能性も高くなります。

また「苦労した経験」を聞くことで、実際の仕事内容も想像しやすくなります。

企業の展望への興味をアピール

面接を受ける企業の将来の展望や、今後の戦略について質問をすることで、この企業の将来まで考えているというアピールになります。

海外への進出予定はあるのか?どの分野に重点をおいて、これから経営していくのか?など、しっかりと事前に受ける企業について研究し、どのような展望であるのか、ある程度理解しておきましょう。

質問内容と、その企業の展望が全く違っているとマイナスな印象になるので、気をつけましょう。

自分の目標をアピール

面接を受ける企業で、将来自分はどうなっていたいかという目標を、仕事内容と絡めて質問すると、将来のこともしっかり考えているというアピールになります。

例えば「今後どのような資格を取っていけば、御社の仕事に役立ちますか。」というような質問です。

この企業でずっと働いていく意欲もみえ、またその仕事でのステップアップも見据えているのだということが面接官にも伝わり、良い印象になります。

「質問は特にありません」は良くない?

「何か聞きたいことはありませんか?」と聞かれた時に、「特にありません」と答えてしまうのはもったいない限りです。

逆質問を積極的にすることは、その企業に就きたい意思の表れともみなされます。

つまり、何も逆質問をしない姿勢は消極的でやる気がなく感じられてしまうのです。

また逆質問をすることで、自分を印象づけることもできます。

大勢の就活生を相手にしている中で、強い印象を持ってもらうためにも面接官をハッとさせるようなものを考えてみてください。

面接はコミュニケーションを取る場でもあるので、「特に質問はないです」で終わってしまうと、あまりコミュニケーション能力がないと思われる可能性もあります。

面接官と最後に楽しく話そうと思うくらいの気持ちで、逆質問に挑戦してみましょう。

面接での最後の質問をするとき注意すること

面接官に最後の質問をするといっても、どんなことを聞いてもいいというわけではありません。

質問の仕方を間違えると、良くない印象を与えかねません。

質問の内容を考えるとき、注意することがありますので、参考にしてください。

調べればすぐ分かるようなことは聞かない

企業のHPを見たり、自分で調べたら、すぐ分かるようなことは聞かないようにしましょう。

「そんなことも調べてないのか」と印象が悪くなる可能性があります。

勤めている社員の方と話すことができる、せっかくの機会なので、働いている人だからこそ分かるような質問をしましょう。

面接官がすでに話した内容について聞かない

それまでの面接でのやり取りで、面接官と話した内容や、事前に面接官が話していた内容を、再度聞くことはやめましょう。

「さっきの話を聞いてなかったのか」とマイナスな印象になりかねないので、今までの話には出てこなかった質問をするようにしましょう。

離職率・残業時間・給与などの質問はしない

離職率や残業時間などの質問は、最後の質問に関わらず、聞かない方が良い質問です。

大事な就職先を選ぶのに、重要な点ではありますが、インターネットで勤めている人の口コミを探すなどして情報収集し、面接では聞かない方が無難です。

そんなことよりも、自分のやる気を見せましょう。

面接官が具体的に答えられる質問をする

面接官も企業の全てを知っているわけではありません。

あまりにも的外れな質問をして、面接官が答えられないと、話は弾まず、コミュニケーションが成り立ちません。

しっかりコミュニケーションを図るためにも、面接官が答えやすい具体的な質問をするように心がけましょう。

面接での最後の質問で好印象な質問例

例文①

「私は将来御社で店長として働くことをまず目標に掲げていますが、そのために必要な資質について教えてください」

この質問では、入社後のビジョンを持っていることや働く熱意をアピールできています。

さらに、「自身は〇〇の能力はありますが〇〇の点ではまだ未熟ですので、御社で活躍できるように精進してまいります」といったふうにまとめれば理想的です。

この質問は、一次面接など早い段階での逆質問にすることで、その企業の求める能力を知る手がかりにもなるでしょう。

例文②

「ホームページでは、御社の進めるプロジェクト案が掲載されておりましたが、それについて非常に興味がありゆくゆくはそのメンバーとして頑張りたいと思っております。〇〇のプロジェクトについて〇〇の点について、もう少し詳しく教えてください」

これは、企業研究をしていなければできない質問です。

企業の業務内容についてより深い部分を聞くことで、真面目に企業研究をしていることをアピールできます。

また、入社後にやりたいことも伝わり、前向きな意欲を伝えられる良い逆質問です。

例文③

「私は事務職を希望しておりますが、事務員の一日の大まかな業務スケジュールについて教えてください」

具体的な仕事の流れについての質問は、真剣に入社したいと考えている真摯な態度が好感を呼びます。

その企業できちんとスケジュールを立てて働こうとする真面目さも見受けられる内容で、好印象を持ってもらえるでしょう。

  • 面接官の方々が仕事をして感じるやりがいはどのようなものですか。
  • どのようなスキルを今後身につけたら、御社の仕事で役立ちますか。
  • 御社の今後の海外での営業戦略について教えてください。
  • 活躍されている社員の方はどのような特徴がありますか。
  • 誰とでもすぐ打ち解けられるのですが、御社の雰囲気を教えていただけますでしょうか。

どの質問もやる気が感じられたり、長所をアピールしていたり、一緒に働いてみたいという好印象を残すことができます。

面接での最後の質問で悪印象な質問例

例文①

「御社の福利厚生について、他社と異なる特徴があれば教えてください」

福利厚生面については確かに気になる人は多いはずです。

けれども逆質問では、福利厚生については聞かないほうが無難です。

あまりにもその点について追求すると、面接官にしてみれば「この人は条件面のほうが業務内容や社風よりも重視している」と思われてしまいます。

福利厚生と同様に、初任給や残業時間などについても質問するのは控えましょう。

例文②

「御社に入社してから身に付くスキルはどういったものがありますか?」

この質問は、一見何も問題がないようにも見えます。

しかしながら面接官は、受動的な姿勢だと感じてしまう可能性があります。

そもそも入社後は、自らが学び成長していかなければなりません。

この質問をする場合は、「御社に入社した暁には、〇〇のスキルを活かして活躍できる場はありますか?」というニュアンスのほうが、「成長しようとする意欲」を感じさせます。

例文③

「御社の営業スタイルはチーム営業だと聞きましたが、私は一人で行動することが好きです。単独での営業なら自信がありますが、そういった働き方も認めてもらえますか?」

逆質問では、その人材が企業にマッチしているかどうかを見極める意図があります。

この質問では、自ら「チーム営業には向いていない」と言っているようなものです。

「単独行動が好きであるなら、一人で回る営業スタイルの会社を受ければ良いのでは?」と思われるだけでしょう。

受ける企業とミスマッチの質問はするべきではありません。

  • 有給休暇は好きなときに取れますか。
  • 昇給ペースはどれくらいでしょうか。
  • 私には○○なところ(マイナス面)がありますが、仕事上問題ないでしょうか。
  • ノルマが達成できないとどうなるのでしょうか。
  • 私の他に何人の人が選考に残っているのでしょうか。

このように質問は面接官にマイナスな印象を与えます。

どうしても聞きたいときは、直接的ではなく言い回しを工夫したりして、なんとか好印象になるように考えましょう。

まとめ

面接で聞かれる最後の質問は、実は最後に自分をアピールできる重要な場面だったのです。

何も準備せず、思いついた質問をするのではなく、しっかり事前に研究をし、自分を最大限アピールできるよう準備をして挑んでください。

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ