就活で時計は必要!-面接で好印象を与える時計選びのポイント-

はじめに

就活中はスーツを着用する場面も多く、身だしなみに気を遣うことも少なくありません。

それはネクタイであったり髪型であったりとさまざまですが、中でも腕時計の着用は必須とされてはいません。

就活中に腕時計を身に着けていなくても全く問題はありませんが、時計がないことで困る場面を避けることや、面接で相手により良い印象を与えるためのアイテムとして腕時計の着用は必要です。

今回は腕時計の着用を勧める理由と時計を身につけるメリット就活に向いている時計NGである時計についてご紹介します。

就活生に腕時計の着用を勧める理由

pixta_39869579_M

近年では就活中に腕時計の着用をしていない人も多く見受けられ、時間の確認はすべてスマートフォンで行う人が増えました。

しかし、就活中は企業のオフィスに訪れることも多くなるため、1つ1つの行動を会社の人に見られることになります。

その時にスマートフォンを触るという行為は人によって、あまり良くない印象に思われることもあります。
それが人事であれば、どれだけ面接でアピールをしても良くない印象が残り続けるため面接で落とされる可能性が高くなります。
そのような事態を未然に防ぐために腕時計は着用していたほうが良いでしょう。

スマートフォンを触らないから腕時計をしなくても相手に悪い印象を与えないと考える人も中にはいますが、企業の採用担当者は就活生の服装や行動をきちんと見ています。

時計をしていないことに対して面接で問われる可能性もありますし、その場合、相手が納得できるような理由でない限りは常識がないと思われることもあります。

リクルートスーツやネクタイ、革靴といった基本の服装において少しでも相手に好印象を与えるアイテムとして腕時計は着用しておいたほうが良いのです

時計を身につけて就活をするメリット

pixta_43332751

腕時計を着用して就活を行うことへのメリットをいくつかご紹介します。

試験や面接前の時間の確認ができる

企業説明会などもそうですが、企業のオフィスに訪れた面接時の待ち時間の確認や、SPI試験中など腕時計を着用していると時間の確認がいつでもできます。

筆記試験を行う室内には時計が設置されていない場合も多く、試験中の携帯電話・スマートフォンの使用は禁止されています。

試験の時間配分を自分で管理するしかないため、そのためのアイテムとして腕時計は必要です。

グループディスカッションでのタイムキーパー

就活において選考などでグループディスカッションがある場合、タイムキーパーの役を務めることができます。

腕時計で時間を確認しながら上手く進行をすることができればグループディスカッションもスムーズに進みますし、会社の人事担当者にも好印象を与えることが可能です。

就活で着用する時計はどんなものがいいのか?

就活生はあまり時計を重要視しない傾向にあります。

しかし、面接官は意外と時計もチェックしています。

面接官に好印象を持たれるためにも時計選びにもしっかり重点を置きましょう。

傷や汚れのない時計を選ぶ

就活の際に着用するスーツやネクタイ、革靴などと同様で、時計も社会人としての身だしなみの一つです。

新品のものである必要性はありませんが、傷や汚れのない時計を着用しましょう。

特に気を付けたいのは革製バンドの時計です。

革製バンドのものは汗などで汚れやすく、使い方によってはバンドが劣化しやすいものです。

少しの傷でも革製のものは目立ちやすいので、せめてベルトを新しく交換しておくなどの対応を最低限しておくとよいでしょう。

できればメンテナンスも楽なメタルバンドのものを使用するのがオススメです。

デジタルではなくアナログの時計を選ぶ

文字盤がデジタルのものは、就活には好ましくありません。

デジタルはビジネスシーンにはふさわしくなく、カジュアルな印象を与えてしまうからです。

デジタル時計は、時間によって音が鳴るタイプもあります。

面接中などに音が鳴るものは、避けておいたほうがよいですから、アナログタイプの時計を選択しましょう。

人事の年齢層が上がるほど、ビジネスシーンにはアナログの時計を使用するという概念をお持ちの方も多いです。

一般的なビジネスの考え方で、無難で定番のアナログ時計を利用するのがベストといえます。

シンプルで装飾が少ない時計を選ぶ

文字盤だけでなく全体的に装飾が付いたりした、派手な時計も避けるべきです。

装飾が付いた時計や派手なカラーの時計は、採用担当者の目につきやすく、アクセサリー感覚として捉えられがちでよい印象を与えることができません。

文字盤が三針タイプのシンプルな時計こそが、リクルートスーツにはよく合います。

採用試験にはファッションをアピールしに行くものではありません。

自分自身をアピールする場です。

外見で悪目立ちしないことこそが、無難だといえるでしょう。

面接官に偏った印象の与えないような時計を選ぶ

また、ゴールドやいかにもというような高級ブランドの時計は、面接官に偏った印象を与えてしまうような時計を選択することもNGです。

そもそもゴールドは、お金持ちだったり、イエローゴールドなら成金のような印象を与えてしまいがちです。

当人は意味がなく好みで着けていたとしても、相手によってはあまりよい印象を与えません。

ビジネスマンのほとんどの方はあえて、明るいゴールドを身に着けることはありません。

高級ブランド時計も同様です。

あまりにも高額な時計を学生時代から身に着けていると偏見を持たれる可能性が高いです。

身分不相応な時計を持たないように、あえて高級ブランド時計は就活の場ではできる限り避けましょう。

就活時の時計を選ぶポイント

pixta_41315927_M

就活中はリクルートスーツを着用して面接や企業のオフィス、企業説明会に訪れることが一般的です。
着用するスーツは大体決まってはいますが腕時計は種類が多くデザインもさまざまです。

そのためリクルートスーツを基準にして、スーツに合う腕時計を選ぶことがポイントです。

スーツと馴染む自然なデザインの腕時計であれば相手に悪い印象を与えることはありません。

デザインのほかに気をつけたほうが良いポイントがあります。それは「アナログ時計」を着用することです。

どちらも時間を瞬時に確認することができますが、デジタル時計はスポーティーかつカジュアルなイメージがあり、ビジネスの場においては不適切となります。

年代が上である人ほどアナログ時計を着用している傾向があり、多くのビジネスパーソンがアナログ時計を使用しています。

ビジネスにおいて適切な腕時計を選ぶときのポイントをご紹介します。

ベルト

リクルートスーツに合う腕時計のベルトでは革素材またはメタル素材を選ぶのがポイントです。

革素材のベルト

革素材のベルトは基本的に落ち着いたデザインのものが多く、色合いも黒色茶色といったものが多いためリクルートスーツと系統が合っており自然に見えるためオススメです。

革素材は使い込むほど味が出てくる素材のため、長く愛用する場合は革素材の腕時計が良いでしょう。

メタル素材のベルト

メタル素材のベルトはシンプルなデザインが多く、リクルートスーツのワンポイントとして合っています。

その中でもメタル素材のシルバーカラーはスーツの色合いとマッチしており、自然に見えるためオススメです。

どの素材でもそうですが、ゴールドカラーはあまり相手に良い印象を与えないため控えましょう。

金色は煌びやかでオシャレだったり財力といったイメージを相手に与える可能性があります。
ビジネスパーソンの多くはシルバーカラーの腕時計のため、ビジネスの場に合わせるためにゴールドカラーは避けましょう。

文字盤や秒針

文字盤や秒針なども種類が豊富でデザインもさまざまです。

就活中に着用する腕時計ではシンプルなデザインのものを選ぶのがポイントです。

文字盤のデザインはシンプルな数字なものを選び、文字盤の色は黒色・白色・青色をオススメします。
見やすいからといって目立つ色の文字盤にしてしまうと、他社目線ではその部分だけ浮いて目立つため、リクルートスーツと合うような暗い色濃い寒色を選ぶようにしましょう。

秒針なども文字盤と同様で、シンプルな秒針かつ目立ちにくい色合いのものを選ぶことをオススメします。

メンズ用の就活時計の選び方

スーツと相性の良い時計で安物に見えない時計を選ぶことがポイントです。もちろん、高級ブランド時計は避けましょう。

腕時計の値段として大体1万円から5万円のもので、ベルト部分はメタル素材シンプルなデザインのものが男性にはオススメです。

スーツとの相性のほかにメンテナンスのしやすさを考慮すると、電池式ではなくソーラー電波時計が良いでしょう。

就活が終わった後も長く使用することを目的にしている場合は、10気圧防水があり、チタン製の軽量な時計がオススメです。

会社内で手を洗う際に何度も腕時計の着脱をしなければならないのは時間のロスですし、紛失してしまう可能もあります。

そのようなことが起こらないように長期で使用する場合は防水力のある腕時計であると良いでしょう。

また、手首に長時間の重い負担を与えるのは体によくないため、長時間の着用の場合はチタン製の軽量時計を着用するようにしましょう。

メンズにオススメな腕時計はこちらになります。
サルバトーレマーラ
https://item.rakuten.co.jp/hstyle/select_item-33193/
エンポリオアルマーニ
https://item.rakuten.co.jp/hstyle/armani-276/?s-id=pc_shop_recommend&rtg=8bf40de61c2847ff746c025348899eae

レディース用の就活時計の選び方

スーツを基準に腕時計を選びますが女性の場合は少しだけ選択の幅が広くなります。

とはいえ男性と同様に派手なデザインや高級ブランド時計は避けるのが無難です。
腕時計の値段として大体1万円~3万円のものを選びましょう。

ベルト部分はメタル素材革素材のものでスーツとのバランスを考えます。
革素材のベルトであれば黒色茶色といったスーツに馴染む色や、肌に馴染むベージュを選ぶようにしましょう。

女性が着用する腕時計は細身なタイプが多く、ベージュでも自然に見えるため色の選択肢が男性よりも広がります。

メタル素材のベルトであればシンプルなデザイン性なもので、シルバーカラーピンクゴールドを選ぶようにしましょう。
シルバーカラーはスーツに馴染みやすい色のためですが、ピンクゴールドは女性らしい華やかさをさりげなく表してくれる色です。

文字盤や秒針などのデザインはシンプルなもので、黒色・白色・ピンクといった色がオススメです。

メンテナンスのしやすさを考え、電池式ではなくソーラー電池時計を選ぶようにしましょう。
ソーラー電池は太陽の光を当てることで充電することができて、半永久的に電池交換をしなくても良いというメリットがあります。

電池式より値段が高くなりますがその分ずっと使い続けることができるためオススメです。

レディースにオススメな腕時計はこちらになります。
ワイアードエフ
https://item.rakuten.co.jp/watch-lab/item-55386/
ダニエルウェリントン
https://item.rakuten.co.jp/emedama/4936606401964/

面接時に避けたいNGな就活中に着用する時計とは?

pixta_54484567_M

就活に適さない腕時計を着用して面接を受けると、面接官からの印象を下げてしまうこともあります。面接時に避けておくべきNGな腕時計をご紹介します。

NGポイント「カジュアル腕時計」

日常で使う分には問題がないカジュアルな時計は面接というビジネスの場では不適切となります。
リクルートスーツとは浮いてしまいますし、あまり良い印象は与えられません。

デジタル時計も同様の理由で、文字盤がスーツと相性が良くないため不適切となります。

NGポイント「高級ブランド時計」

就活の際はシンプルで質素、清潔感のある格好が好まれます。その中で高級ブランドの時計は面接官に対して印象が悪くなることがあります。
高級ブランドの時計はデザイン性も凝っていたり、色も派手でゴージャスなものが多いです。
そんな時計を着用して面接でこられると相手からは常識がないと思われることもあるため不適切となります。

NGポイント「派手な装飾・色の時計」

スーツに対して派手な色やデザインの時計はとても悪目立ちします。

アクセサリーとして着用していると思われますし、オシャレを重視しているので仕事に対して真面目に働いてくれない人だと思われることもあります。

これらは文字盤や秒針でも同様で、不誠実や不真面目が相手に伝わってしまうため不適切となります。

面接官は文字盤を見ていることもあるため、相手に良い印象を与えたい場合は控えたほうが良いでしょう。

就活中に時計を身につけて面接に合格しよう!

腕時計はビジネスパーソンのほとんどが着用しているほど社会のマナーとして浸透しています。

客先に向かう仕事であれば腕時計の着用は他社からも見られるポイントの1つです。

時計を身につけていないだけでも印象が悪くなり、他社間でトラブルや問題が起こる可能性もあります。
それを未然に防ぐために企業は未来の新入社員である就活生の行動をよく観察しています。

そのため、就活生は面接や企業説明会など企業と顔を合わせる際に、悪い印象を与えないように腕時計は身に着けていたほうが無難です。

正しい腕時計を選んで就活中に時計を着用し、相手に良い印象をあたえて面接に合格しましょう。

就活準備、順調ですか?
1人でわからない事はプロと2人で​。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ