エニアグラム診断で自己分析!活用方法やおすすめサイトをご紹介!

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

自己分析と言われても、まず何をすれば良いかわからない方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめの自己診断である「エニアグラム診断」について、概要や実際の活用方法から、おすすめのサイトなどについてご紹介いたします。

エニアグラム診断がおすすめ!

pixta_49150919_M

自己分析といえば、過去の経験をまとめて自分史を作成してみたり、他人へ自分についてヒアリングしてみたり、やるべきことは多岐にわたります。

また、自分で自分を説明しようとすると意外に難しいもので、簡潔に説明できず、不要に複雑な内容となってしまうことがあります。

そのため、客観的に個人の特性や性質などを文字で説明・表現してくれる診断ツールを使用することが効率的かつ有効的です。

そこでおすすめの自己診断が「エニアグラム診断」です。

エニアグラム診断は、人間それぞれが本来持っている特性や資質などを9つのタイプに分類し、思考やその人の強みなどを客観的に知ることが出来る自己診断です。9つのタイプには以下のものがあります。

  1. 改革する人
  2. 人を助ける人
  3. 達成する人
  4. 個性的な人
  5. 調べる人
  6. 忠実な人
  7. 熱中する人
  8. 挑戦する人
  9. 平和をもたらす人

上記9つのタイプを基本としており、さらに各タイプを肯定的反応・解決的反応・反射的反応の3つのグループに分けております。

参考サイト:日本エニアグラム学会

https://www.enneagram.ne.jp/

自分がどのタイプに属するかを知ることにより、「自分は○○な人間だ」という基本的な情報を確立することができ、詳細な自己分析につなげていくことができます。

実際にどのように活用するか

pixta_49191690_M

そもそも自己分析をなぜおこなうのか念頭に置いておきましょう。

企業は志望者本人が「どんな人間で」「なぜ」「どんな風に働いてくれるか」を知りたがっています。

そのため、志望者は「私は○○な人間で、○○に喜びを感じるため、御社で○○のように活躍していきたいと思っております。」など、自分をズバリ説明しながら、志望する企業に入りたい気持ちを説明していくことが必要です。

そのため、自分がどんな人間であるのか基本的な情報を確立しておく必要があり、その第1歩として客観的な情報であるエニアグラム診断を使用していくのです。

エニアグラム診断を活用する流れとしては以下の3ステップです。

ステップ1:使用するサイトを決める

歴史のある団体が運営するものなど、エニアグラム診断が出来るサイトは多く、無料で使用できるものもあります。

後述するおすすめサイトをご確認いただき、気に入ったものを使用して、早速診断をしていただければと思います。

ステップ2:自分のタイプや診断結果の詳細を確認

使用するサイトが決まったら、実際に診断をし、自分のタイプを知り、さらにタイプの説明や診断結果の詳細を確認しましょう。

診断は多くの質問に答えるため、時間があるときや休日など、できるだけ疲れていない時に頭がフラットな状態でおこなった方が良いと思います。

ステップ3:経験や他己分析などで診断結果を肉付けする

診断結果の詳細を確認したら、自分史や過去の経験などを書き出しましょう。そして、エニアグラム診断での特性や資質を、過去のエピソードなどを基に自分の言葉で説明できるようにしましょう。

自分が思っていたものと違う診断結果の場合は、府におちないこともあるかもしれませんが、あまり気にしなくても大丈夫です。

「自分の自己分析」というシナリオを作り上げていくような感覚で、気軽におこないましょう。

そのほうが却って客観的に説明しやすいものになることがあります。

おすすめサイト3選

pixta_53136428_M

エニアグラム診断が出来るサイトは複数ございますが、ここでは3つのサイトをピックアップしてご紹介いたします。

日本エニアグラム学会簡易タイプ診断

まずは2019年6月に設立30周年を迎えた伝統のある日本エニアグラム学会の診断コンテンツです。

表示された設問に答えるだけでスピーディーにあなたの特性や資質を知ることが出来ます。

2種類の診断方法があり、90の設問から当てはまるものにチェックをする「90問回答式チェック」と3つの文章からもっとも近いものを2回選択する「文章三択式チェック」から選ぶことが出来ます。

URL:https://www.enneagram.ne.jp/about/diagnosis

モチラボ エニアグラム、あなたはどんな人?(詳細診断ver)

WEBマガジン「モチラボ」サイト内の診断コンテンツです。

90の設問に対し、「よく当てはまる」「当てはまる」「どちらでもない」「当てはまらない」の4つから1つを選ぶだけであなたの本当の性格をタイプ別に知ることが出来ます。

また、心理学、哲学、脳科学など様々なジャンルの情報があり、生き方や働き方のヒントになる情報を得ることができるサイトです。

気になる方は是非その他のコンテンツもご確認ください。

URL:https://www.motivation-up.com/whats/test_q.html

コーチシャイニング エニアグラム無料診断

各種ビジネスコーチングをおこなっているコーチシャイニングのサイト上のコンテンツです。

設問を確認して当てはまるものにチェックしていく形式で、シンプルなデザインのため見やすく、気軽に利用できると思います。

また、ビジネスコーチングについて興味がある方はその他コンテンツもおすすめです。

URL:http://shining.main.jp/eniatest.html

エニアグラム診断活用方法まとめ

pixta_41108296_M

ここまで読み進めたあなたはエニアグラム診断の活用方法についてなんとなく理解してきたでしょうか。

おさらいとして以下の流れを把握していただき、早速エニアグラム診断を基に自己分析を始めてみてください。

  1. エニアグラム診断と自己分析の必要性を確認
  2. 診断するサイトを決定
  3. 診断結果を確認・把握
  4. 自分史や経験の整理、他人へのヒアリング(他己分析)情報をまとめる
  5. 診断結果に④を肉付け
  6. 「自分はこんな人間です!」と説明できるようにまとめる

使用するサイトは1つに絞れなければ複数のサイトを使用してみてもいいかもしれません。

また、自己分析の必要性に関しては、以下の記事がおすすめです。

参考記事:就活に自己分析は必要ない?自己分析をやる意味

URL:https://shukatsu-ichiba.com/article/12727

まずは始めることが大事です。上記の流れで自己分析を始め、時間をかけて確立していきましょう。

エニアグラム診断で効率的に自己分析

pixta_48726442_M

これから就職活動の一環で自己分析をする方は、わからないことばかりで不安かと思いますが、まずは自分を知ることが大事です。

最初のステップとして気軽に遊び感覚でエニアグラム診断をしてみてはいかがでしょうか。

ただし、エニアグラム診断が全てではありません

自己分析を確立していくための「元ネタ」として活用していただければと思います。

また、エニアグラム診断は自分を客観的に診断できるものですので、就職活動以外にも広く活用できるものです。今後の人生でも是非ご活用ください!

就活準備、順調ですか?
1人でわからない事はプロと2人で​。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ