コンサル業界に就職したい!仕事内容や向き・不向きをご紹介

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

【コンサルティング業界の仕事内容について】コンサルティング業界とは

pixta_35545840_M

コンサルタントの仕事は、クライアントのさまざまな課題を発見し、解決までをサポートする中立的立場のソリューションです。

現状分析能力が必要とされ、課題の真因を特定し具体的な解決策を提示するだけでなく、実現されるまで支援することでクライアントを変革する業務といえます。

今、日本は働き方改革を含め、大きな転換期に来ています。

日本を代表する大企業だけでなく、諸官庁や自治体を含むあらゆる組織団体が変革を求め、グローバルでの成功を目指して変わろうとしているのです。

それに伴い、業界の市場規模は年々成長し、現在4,000億円程度の市場と考えられています。

6兆~10兆円程度と見込まれるアメリカの市場に追いつくことが予想される中、大いに期待される業界といえるでしょう。

そんな中、本業界で働くということは、そうした変革を実現するため真正面からテーマと向き合うことを意味します。

クライアントをさらに輝かせるため、各ファームとも専門分野を持って展開しています。

それではそれぞれのファームの仕事内容を、専門分野の面から仕分けしてみましょう。

戦略系コンサルティングファーム

戦略系は外資系ファームが強い領域といえます。

日本でもよく知られる代表的なファームには、マッキンゼー・アンド・カンパニー、ドリームインキュベータ、ローランドベルガーなどが挙げられるでしょう。

特にマッキンゼー・アンド・カンパニーは、大前研一氏や勝間和代氏など著名人が所属していたことでも有名です。

主な仕事内容は経営課題のソリューションで、企業戦略事業戦略の立案組織改革などに携わるケースも少なくありません。

クライアントのトップ陣と意思疎通し、決定事項を組織へ落とし込む仕事も行います。

経営や運営全体に関わる大きな課題を依頼されることが多く、3~5名の少数精鋭でプロジェクトを組み、ソリューションに取り組むことになるでしょう。

グローバル展開するファームでは世界にたくさんのオフィスを持ちますが、戦略系は数が非常に少ないため人員数はかなり絞られます。

クライアントに請求するフィーも高額設定であるため、利用するクライアントは大手企業が中心です。

総合系コンサルティングファーム

総合系はその名の通り総合的な案件が多く、大規模プロジェクトが主な仕事内容となります。

代表的なファームは多いですが、ファーム同士のM&Aも非常に多く、頻繫に社名変更や統合などを活発に繰り返す特徴があります。

アクセンチュアは元が会計事務所アーサー・アンダーセンから分社化した会社が、さらに名称変更をして現在に至ります。

デロイトトーマツコンサルティングは、等松・トウシュロスからトーマツを経て現在に至る変遷をたどっていますが、大本はアビームコンサルティングの母体でもあります。

このジャンルは日系ファームも多く、NTTデータ経営研究所やクニエはNTTグループに所属するファームです。

日立グループやNECグループもファームを持っていますが、グループ企業のつながりを生かし、大規模プロジェクトをワンストップで進める点が特徴的でしょう。

そうしたことから公共案件にも強く、官民共同プロジェクト地方創生プロジェクトなども豊富に行っています。

数百億円規模の一大プロジェクトも少なくないため、仕事内容は非常に多岐にわたります。

長期戦略立案から組織改革、新システムの考案や導入活用支援まで実施するなど、上流工程から下流工程までトータルで提供するケースが多いでしょう。

グローバル展開のため語学も必要ですし、海外拠点と連携しナレッジやリソースの供給を行う仕事もあります。

システムの保守や運用などアウトソーシング事業も実施するため、IT戦略やITガバナンス、システムの設計開発など、幅広い専門知識が生かせるでしょう。

IT系コンサルティングファーム

近年非常に需要が高まり、IT専業ファームだけでなく大手総合系ファームがこの分野を積極的に受け入れるようになっています。

代表的なファームは、日本IBMフューチャーアーキテクト、ウルシステムズなど、日常でも耳にすることが増えた名前が多いのではないでしょうか。

従来の領域は財務会計システム人事給与システム、顧客管理や販売在庫管理などの業務効率化プランの作成とシステム導入支援でしたが、現在はそこにとどまりません。

働き方改革に基づく業務改善プランの提案システム開発、プロジェクト管理システム運用そのものまで手掛けることが多くなり、いってみれば事業全体が対象になっているといえます。

また、システムインテグレーター(SI)であればシステム導入がメインの仕事ですが、IT系ファームは違います。

あくまでもクライアントの抱える課題のソリューションが目的ですから、必ずしもシステム導入が行われるとは限りません。

IT系とはいいつつも、状況によってはITを活用しない選択もあり得る点が特徴的でしょう。

何よりクライアントの経営陣やCIO、経営企画のほか、現場担当者にまでヒアリングを行い、適切な提案を行うのが仕事です。

ITを活用する場合でも、SIの業務範囲は計画の策定からシステム開発、導入までが一般的ですが、より上流工程から関与することになります。

カバー領域は広く、トップから一番川下までカバーするのが現在のスタイルです。

シンクタンク系コンサルティングファーム

ファームの分類の中では、少々特殊な成り立ちをしているのがこのジャンルでしょう。

多くのファームは母体となる組織に銀行や証券会社などを持ち、グループ企業をクライアントとした仕事を行うのが基本スタイルです。

そうした意味では一番経営が安定しているといえますが、近年ではグループ外企業を中心にサービスを提供するファームを増え始めました。

主なファームは、日本総合研究所やみずほ総合研究所などの銀行系、野村総合研究所や大和総研などの証券系です。

中には企業系母体のファームもあり、富士通総研や三菱総合研究所などはそれにあたります。

主な仕事内容は調査とシステム構築で、元々母体の調査部や電子計算部が独立したことから、得意分野と強みをそこに持っているのが特徴です。

業界・業務特化型コンサルティングファーム

比較的新しいジャンルで、特に限られた業界や専門業務に特化したファームが該当します。

決してジャンルとしての規模は大きくはありませんが、製造業、金融業、小売・流通業に特化したファームや製薬メーカーに特化したファームなどがあり、クライアントからより高い信頼を勝ち得ています。

また、企業ではなく官公庁地方自治体公共団体など組織形態に特化したファームもあります。

専門的な知見でナレッジを積み重ね、クライアントの特徴や業界の詳細な事情まで把握したうえで仕事を行うのが特徴です。

非常にたくさんのファームがありますが、例えば、アットストリームは企業活動のサプライチェーンを対象に、経営改革や事業構造改革をサポートしています。

エイムネクストは製造業、カート・サーモンはアパレルや日用雑貨、食品などの小売業に特化した仕事を行っているファームです。

IQVIAは医薬品やヘルスケア産業、アイズイノベーションは食品流通業、シンプレクスは金融フロンティア領域に特化したファームです。

このように、あらゆるジャンルに特化したさまざまなファームが存在するのが特徴です。

【コンサルティング業界の仕事内容について】コンサルティング業界の仕事内容

pixta_37259357_M

コンサルタントの具体的な仕事は、問題点を調査分析し、解決策を提示して実際に解決まで導くことです。

依頼分野によって専門は異なるものの、あらゆる戦略に関わり、クライアントをよりよい姿に変革することが使命といえるでしょう。

企業の顧問として就任する働き方もありますし、フリーランスとして事務所を持つ働き方もあります。

何より経験と知識が問われる仕事ですので、常に情報収集を行い、あらゆるノウハウや分析力を培う必要があるでしょう。

また、クライアントを説得する能力が必要ですので、資料をまとめるスキルコミュニケーションスキルも必須です。

ほかにもITの知識グローバルな知識が必要とされ、仕事内容はマルチです。

そしてどうしても調査や分析などには多くの時間が割かれるため、深夜残業や徹夜などもある職業です。

本人の裁量に任される部分が非常に多いので、一番必要なのは自己管理能力でしょう。

それでは具体的な仕事内容を一部紹介します。

経営戦略

戦略系ファームに多い仕事ですが、クライアントの経営ビジョンを明確にし、中長期戦略を策定する仕事です。

規模はケースバイケースで異なりますが、全社レベルの場合もあれば事業部門のみ策定する場合もあります。

また、策定後、計画を実行するための計画案も立案し、実行されるまでサポートを実施するファームが増えてきました。

そのため、戦略立案から実行まで、数年かけて支援を行うことも少なくありません。

IT戦略マネジメント

IT系もしくは総合系に多い仕事です。

クライアント企業のIT業務CIO、情報システム部門に現状をヒアリングし、場合によっては最新テクノロジーを導入することでビジネス変革を行います。

IT系は年々業務領域が増え、単にシステム導入だけでは仕事が完了しない状況です。

具体的にはシステムだけでなくITガバナンスの強化、ITデューデリジェンスやクラウド技術による業務変革などを行い、抜本的なソリューションを行います。

人事

クライアント企業の人材に関する仕事ですが、テーマは多岐にわたります。

例えば、企業が成長するためには次世代のリーダーを育成しなければなりませんし、研修などによるグローバルな人材開発も必要です。

組織人事の再編や改革などのプロジェクトも多くなっており、ファーム独自のソリューションを求められるケースも少なくありません。

どの企業も優秀な人材が必要ですから、人事の仕事は企業の根幹に関わる非常に重要な仕事です。

財務

アドバイザーとして企業の財務戦略をサポートする仕事です。

経理部門の決算や会計に関するアドバイスや予算管理原価管理、投資ポートフォリオの策定など幅広いテーマでサポートします。

近年ではM&Aのアドバイザーを務める業務も多くなっています。

【コンサルティング業界の仕事内容について】コンサルティング業界の向き・不向き

pixta_38062873_M

この業界で働くにあたっては、向き・不向きがあるといわれています。

どのような敵性が必要なのかまとめてみましょう。

コンサルティング業界に向いている人

論理的思考ができる人とはよくいわれますが、それはこの業界に限らず、ビジネスで活躍するためには前提として必要な要素でもあります。

それよりも重要視すべきは、人間的魅力でしょう。

クライアントは企業や組織団体だといっても、結局は人を動かす必要がある仕事です。

実際に活躍する人の多くはとても魅力にあふれる人で、思わず話を聞きたくなる雰囲気を持っている人ばかりです。

人間的魅力なくしてこの業界で成功することは難しいといっても過言ではありません。

また、知力はもとより、体力が必要な業界でもあります。

クライアントワークですからつらいからといって休むことができない場合もありますし、実際に海外から夜行便で帰国したままオフィスに戻って徹夜作業をするタフな人もいます。

そして、どんなプロジェクトに対しても取り組むことを面白いと思える知的好奇心がある人は、とても適性の高い人といえるでしょう。

知的好奇心があれば専門性の追求もできますし、時代を読む力も身につくはずです。

コンサルティング業界に向いていない人

この業界に一番向かないのは、自己顕示欲が強く自分が評価され認められることを強く望む人です。

例えば、結果が出ればクライアントの手柄になり、失敗すればコンサルタントのせいにされる、そんな愚痴をこぼすような人は向かない人です。

陰に徹するというのは、いうほど簡単なことではありません。

誰しも自尊心がありますし、自分の働きのおかげで結果が出たら、もっと感謝してほしいと感じてしまうのは本能でしょう。

ただ、そうした部分に不満を持つ人は、残念ながらこの仕事には向きません。

目的はクライアントに成功してもらうことであり、感謝されたり崇められたりすることではないからです。

ハードな割に脚光を浴びる仕事ではありませんし、承認されたい欲求が強い人は自己犠牲の気持ちに陥ってしまうため、続けることは難しいでしょう。

また、問題発見を目的とした傾聴ができないと、仕事を進めることが難しいです。

クライアントの悩み相談ではありませんので、愚痴を聞くだけで時間が過ぎてしまっては解決できません。

この仕事は人の話を聞くのが苦手な人はまず向きませんが、単に聞いているのが好きなだけでも向きません。

クライアントの中にある本当の問題を発見し、気づきを与える質問ができることが重要なのです。

つまり、人の話にあまりにも傾聴しすぎたり、同調しすぎたりする人も向かない人といえるでしょう。

【コンサルティング業界の仕事内容について】まとめ

コンサルティング業界に就職を希望する場合は、仕事のジャンルを把握して自分が活躍できるファームを選ぶ目を持つことも大切です。

やりがいがありますがハードな仕事ですので、憧れだけでは勤まりません。

向き・不向きも見極めたうえで、ぜひ活躍できる場を見つけてください。

その業界のこと、ちゃんと知ってますか?
1人でわからない事はプロと2人で​。​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ