【就活】なぜ落ちる?一次面接・二次面接・役員面接の違い

はじめに

あなたは面接に落ちて落ち込んでいませんか?

面接に落ちる経験は、誰もが一度はする経験でしょう。
面接に100%受かる方法など、ないのですから。

ですが、できれば面接に受かる可能性は少しでも高くしたいですよね。
あなたが落ちたのは一次面接ですか?それとも最終面接でしょうか?

就活において面接の回数は、企業によって違います。
規模が大きければ大きいほど回数は多くなり、ほとんどの場合は一次面接二次面接役員面接計3回前後行います。

面接に落ちる理由は、何回目の面接で落ちているかによっても違います。
そこで今回は、一次面接と二次面接、役員面接の違いについて紹介するとともに、落ちる理由についてもご紹介してまいります。

一次面接の担当者は人事部の採用担当者

一次面接を担当するのは、多くの場合人事の採用担当者です。

二次面接、役員面接と進むごとに会社の重鎮が出てきますが、多くの場合は多忙なポジションの方ばかりです。

そのため、人事の採用担当者からすれば下手に次の選考に進めることはできません
ここで面接の事前準備が不十分だったり、質問の回答が的を射ていない場合は、一次面接で落ちることも少なくありません。

一次面接で見られるポイントは、次の面接の担当者にバトンを渡すだけの魅力を就活生が持っているかどうかや、ビジネスパーソンとしての基本的なマナーやコミュニケーションスキルを持っているかどうかです。

挨拶や服装など、社会人としての基本的なマナーができていない場合は一次面接で落ちることになってしまうでしょう。
また、自己分析や業界分析・企業研究が不十分だと、面接官からの質問にも納得のいく回答ができずに落ちることもありますので、事前にしっかり準備を行いましょう。

二次面接の担当者は現場の責任者

一次面接と違い、二次面接以降になると面接を担当する方などの現場レベルで判断をされがちです。
面接の回数は企業によっても様々ですが、二次面接以降は現場の役職者など責任者クラスが担当します。

ビジネスマナーやコミュニケーションスキルはもちろん、一次面接と違い具体的な採用後の話や、将来どうなりたいかなどの深堀りした質問が多くなります。

二次面接で見られるポイントは、現場に欲しいと思える人材かどうかです。
二次面接の担当者は部長クラスであることもあれば、採用後実際に配属される予定の上司であることもあります。

面接官の役職や年齢も一次面接と比べて上になる場合が多いので、小手先の回答をしても深く突っ込まれて回答ができなくなってしまう場合もあります。

自信をもって、あなたの本気をぶつけましょう。

役員面接の担当者は社長や取締役

unnamed__14_

最後に役員面接です。
担当者は取締役以上の会社の中でも最高位にあたる責任者です。

一次面接・二次面接を通過しているということは、現場レベルでは既に欲しいと思っている人材であることが多いでしょう。
そうでなくても、役員面接に通すだけの魅力があると思ってもらえているからこそチャンスを貰えているということです。

役員面接で見られるポイントは、自社への就職を志望する本気度です。

一次面接や二次面接ではまだ迷った末に通すということがあり得ますが、役員面接で合格を出すということはイコール採用ということです。
これまでとは合格を出すことに対しても重みが違います。

また、役員クラスになると会社のビジョンや方針を組み立てているので、就活生が本気で自社のビジョンや将来と向き合い活躍してくれるかどうかや、方向性が合っているかどうかを見られることが多いといえます。

一次面接と二次面接、役員面接の違いと落ちる理由

unnamed__13_

一次面接と二次面接、役員面接の違いはご理解いただけましたか?
各面接段階において面接官も違えば見られるポイントも違います。

面接官はただイタズラに面接回数を重ねているのではなく、就活生のどこを見るか面接官が決定権を持っているかなど、それぞれに役割があるのです。

そこからあなたが面接で落ちる理由も見えてくるのではないでしょうか。
それでは次に、各面接段階において落ちる理由とその違いについて、ご紹介していきます。

一次面接で落ちる理由

一次面接で落ちる理由は、

  1. 基本的なビジネスマナーができていない場合
  2. 事前の準備不足

上記2点がほとんどです。

二次面接や役員面接との違いは、面接官が選考をする人数の多さにあります。
言ってみれば、一次面接の採用担当者はここで二次面接や役員面接に通す就活生の人数を絞るのです。

挨拶ができなかったり元気がない、服装がだらしないなどの理由で落ちるのはもってのほかなので、家を出る前と面接会場に入る直前に鏡でしっかり自分の表情や服装を見直し、堂々と面接会場に向かいましょう。

事前の準備不足で落ちてしまう場合は、自己分析や業界分析、企業研究などが不十分なことが多いです。

例えば志望動機が矛盾していたり、質問に対する回答がズレているというケース。

緊張してうまく回答ができなかったという場合を除けば、これらは事前の研究や模擬回答を考えることで対策ができることです。
また、会社の事業内容や業界のことも、事前に研究をしておけばわかることですので、しっかり対策をしておいましょう。

これらの準備を万全にしているのに一次面接に落ちる場合はそもそも運やタイミングが悪く縁がなかったということもあります。
面接には縁もありますので、こればかりは割り切って諦めるしかないでしょう。

また、一次面接で何社も落ちる場合は、一度模擬回答やES・履歴書を第三者に見てもらってはどうでしょうか。
自分では気づかなかった改善点を教えてもらえるかもしれません。
価値観や観点は人によっても違いますので、できるだけ複数の人に聞いてみた方が良いでしょう。

二次面接で落ちる理由

二次面接で落ちる理由は、

  1. 現場レベルで活躍する姿がイメージできない
  2. 将来のビジョンが見えない

などの理由が多いです。

二次面接以降では一次面接と違い、踏み込んだ質問をされることもしばしばあります。
採用担当者は質問の回答から、就活生が入社して活躍してくれるかどうかをイメージしたり、将来的にどうなってもらいたいかを考えるのです。

一次面接に通過しているということは基本的なことはできているはずなので、改めておさらいをした上で企業研究に力をいれましょう。
企業研究を徹底することで、その企業がどういう人材を求めているかであったり、将来どうなりたいかなどのビジョンが明確になってきます。

また、中には圧迫面接を行う採用担当者もいらっしゃいますが、これもあなたのことをより深堀りして知りたいためですので、自信を持って回答をするようにしましょう。

志望企業に入社して活かせる強みや長所などを明確にしておくことも重要といえます。

役員面接で落ちる理由

役員面接で落ちる理由は、

  1. 入社したいという意欲が伝わってこない
  2. 将来の方向性や価値観が社風と合わないと判断された

上記2点になります。

役員面接の場合、これまでとの面接と違い担当者は社長や取締役などの経営層です。

自社の企業理念やこれから目指すべきビジョンを考える立場ですので、長く活躍してくれる人材や、自社に合った人材を欲しがるのは当然といえるでしょう。

役員面接における対策としては、これまで行ってきた自己分析や業界分析・企業研究のおさらいはもちろん、面接を担当する社長取締役のことについても調べておきましょう。

多くの場合、ネットで調べると何かしらの情報があるはずです。
そこで担当者の考え方や何に興味を持っているかなどを知っておくと、面接の場でも話すべき内容や共通点が思い浮かびますので、合格率を上げることができます。

役員面接前に準備しておきたいこと

役員面接は内定を獲得するための最後の関門ともいえます。

役員面接をクリアできれば、内定を得られたも同然です。

だからこそ、自分の意欲や人となり、能力や、会社にどう貢献したいのか、どのような仕事をしていきたいのかなどを、しっかりとアピールしなくてはなりません。

最後のチャンスを逃さず、後悔することがないよう、事前準備をしっかりと行っておきましょう。

あなた自身のキャリアプランについて

その会社に入ってから、どのような職業人生を歩んでいくのか、役員面接では重視されるポイントです。

ただ漫然と頑張る、成長できるように努力するでは将来が期待できません。

就職して、その会社で何をやっていきたいのか、どのように成長していきたいのか、将来は何を目指しているのか、具体的なポジションやその企業でやりたい仕事、などを順序立てて明確に話せるようにしておきましょう。

目標を達成するために、どのようなプランを描いているのかも明確にするのが基本です。

再度、志望動機を確認する

エントリーシートや一次面接など、何度となく伝えてきた志望動機ですが、今一度確認をしましょう。

中には複数の企業の面接を受けてきたことで、他の企業の志望動機と混乱してしまい、違う企業向けの志望動機と混ざってしまう方もいるので注意しなくてはなりません。

基本的にはエントリーシートに書いた内容を踏襲して伝えれば良いですが、面接を経てきた中で、よりよい表現が見つかった場合やより深みのある言葉で伝えられるなら、言葉や文章などを変えてもかまいません。

また、面接などを通じて企業を見てきたことで、志望動機がより深まった、違う面で志望したくなったなど気持ちや意欲に変化があった際は、その内容を伝えても問題ありません。

役員から見ても、より自社のことを理解し、より期待できる志望動機が聞ければ好印象が残せます。

深堀りされることを前提とした面接対策

役員面接では表面的な内容やエントリーシートなどに記載された内容の質問だけにとどまらず、記載した内容をより深く追求されることやこれまでにはない想定外の質問などが飛んでくることもあります。

エントリーシートなどに記載した自分の考えや想い、エピソードなどを今一度読み返して、どんな想いで書いたのかなどを思い起こし、違う言葉での言い換えやより伝わる内容を検討しておきましょう。

予想外の質問にも焦らず、冷静に対応できるよう、パニックにならない方法を考えておくことも大切です。

答えがすぐに出てこない質問であっても、長く沈黙の時間を作らないよう、まずは返事をする、相手の目を見るなどの対応力を付けておきましょう。

役員面接でよく聞かれる質問例

では、役員面接では実際にどのような質問がなされることが多いのでしょうか。

よく聞かれる質問例を、何を目的にした質問なのかを踏まえてご紹介します。

あなた自身のことについて

「学生時代に力を入れたことについて教えてください。」

「あなたにキャッチコピーを付けてください。」

「大学で学んだことについて教えてください。」

など、あなたについての質問がなされることがあります。

企業にとって人材は宝ですが、機械とは異なり、一人ひとりに個性があります。

どんな人物でどんなことができる人なのか、社風に合っているか、一緒に働きたいと思う人間かなどをチェックするための質問です。

入社意欲や求める人物像とのマッチング

「志望動機を改めて教えてください。」

「入社してどんな仕事をしたいと考えていますか。」

「当社の企業理念をどう思いますか。」

「どうして数ある会社の中から当社を選んだのですか。」

といった質問がなされます。

志望動機が具体的であるか、入社後にやりたいことが具体的でないと、自社は第一志望ではないのではと思われかねません。

また、企業理念や創業者の想いや考え方、これまでのブランドストーリーなどを理解し、共感していないと、求める人物像とは異なると判断されることもあります。

あなたの将来のビジョンについて

「入社後にどんな活躍をしたいですか。」

「あなたの将来ビジョンについて教えてください。」

といった質問がなされます。

上司の指示のもとでただがむしゃらに頑張るだけ、とにかく目の前の仕事をこなすだけでは、役員としては物足りません。

新卒採用は将来、会社を担ってくれる人材の選考であり、会社の未来もかかっています。

目標は大きく、かつ、具体的に掲げましょう。

その企業で成長しながら、目標を一つひとつクリアし、ステップアップをしていく人材が求められています。

会社や事業内容の理解度について

「どの分野で仕事をしたいと思っていますか。」

「他社と比べた当社の強みはなんだと思いますか。」

「他社と比べて当社に足りないことはあると思いますか。」

など会社のことや事業内容について理解しているか、同業他社との位置付けなどを問われることも少なくありません。

取り組みたい仕事の業種や業界について、しっかり理解をしているかをはじめ、やりたい仕事とのミスマッチがないか、他社ではなく自社への入社意欲が高いかなどがチェックされています。

まとめ

image5__1_

一次面接と二次面接、役員面接の違いはわかりましたか?

それぞれの面接段階で採用担当者が見る観点も違えば、落ちる理由も違います。
その違いを把握して面接に臨むことも勿論大事なのですが、最終的に採用担当者が知りたいのはあなたが自社に入社して活躍してくれるかどうかです。

それを伝えるためには、あなたの考えや想いをまっすぐに伝えるしかありません。

それでもし駄目だとしても、面接は縁やタイミングもあります。反省すべき点は反省し切り替えて次の面接に活かせばいいのです。

ぜひここで紹介した各面接における役割の違いや、落ちる理由の違いなどを参考にしていただき、内定を勝ち取ってください。

就活準備、順調ですか?
1人でわからない事はプロと2人で​。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ