【就活】グループ面接とは?質問されることとマナー

あなたはグループ面接とはどんな面接かご存知ですか?
就活における面接では、一次選考など応募人数が多い場合にグループ面接という手法が用いられます。

一度の面接でおおよそ4~6名程度の就活生が集まり、同時進行で面接を行っていくのがグループ面接です。

一般的には複数人の就活生が横一列に並んで座り、面接官の質問に順番に答えていく中で皆さんのビジネスマナーや就活に臨む姿勢が見られます。

それでは、グループ面接とはどんな時に採用される手法で、どういった質問をされるのでしょうか?

今回はそんなグループ面接について、特徴と対策について紹介をしていきます。
また、通常の個別での面接と違いグループ面接特有のマナーもありますので、合わせて紹介をしてまいります。

グループ面接とは

グループ面接とは、どんな目的で行われるのでしょうか?
就活の一次面接で行われることが多いグループ面接は、ビジネスマナー質問に対して限られた時間内で回答をする能力があるかどうかを見定めることが目的です。

また、自分が回答をしていない時の立ち振る舞いや他の人の話を聞いているかなど集団だからこそ見えてくる部分も選考のポイントにしています。

まずは挨拶やビジネスマナーなどの基本的なことができていないと、比較対象となる他の就活生がいるぶん悪い意味で目立ってしまいます。

また、個別に違う質問をされるというよりも、ひとつの質問に対して順番に回答をしていくケースが多いので、質問を聞きそびれたり、他の人の話を聞いている間に質問内容を忘れてしまうことがないようにしましょう。

これまで個別面接しか経験がないと、グループ面接では独特の雰囲気に緊張してしまうかもしれませんが、落ち着いて臨むことが重要です。

グループ面接と個別面接の違い

unnamed__11_

それでは、個別面接グループ面接の違いとは、どのような点が挙げられるのでしょうか。

まず、他にも一緒に面接を受ける就活生の方がいらっしゃいますので、一人ひとりに気を配るようにしましょう。
具体的には、他の人が質問に回答をしている時は

  1. その人の方を見て傾聴の姿勢を示す
  2. 自分だけが長々と話さない

などといった最低限のマナーができているかどうかです。

面接官は質問に回答している新卒学生の方だけでなく、回答をしている学生以外の方の立ち振る舞いも見ています。

また、グループ面接の場合は面接官も2~3名など複数名の場合がほとんどです。

質問をしなくても、他の面接官が就活生と会話をしている間に他の学生に目配せしている面接官もいらっしゃいますので、質問の回答が終わったからといって気を抜かないように注意しましょう。

最後に気を付けたいのは、他の新卒学生の回答に惑わされないことです。

もちろん他の就活生と比較されているという点で、他の方がどんなことを話しているかは意識しないといけません。

ですが必要以上に意識しすぎて、自分が質問に回答する番が回ってきた時に実力を発揮できなければ意味がありません。

前の人がいかに優秀であろうと、逆に回答を間違っていようと、あなたはあなたが準備してきたことを発揮すればいいのです。
他の人と回答が重複してしまったとしても「○○さんと回答が重複してしまいますが」と一言添えて、堂々と話しましょう。

グループ面接におけるマナー

image3__2_

次に、グループ面接で抑えておくべきマナーについて紹介いたします。

グループ面接の流れは、

  1. 入室
  2. 挨拶
  3. 自己紹介
  4. 着席
  5. 面接官からの質問
  6. 新卒学生からの逆質問
  7. 退室

の順に行われるのが基本です。
基本的なマナーは個別面接と同じですが、順番に説明をしていきます。

入室時のマナー

まず入室時ですが、列の先頭にいる場合はドアを2回ノックし、中から面接官の返事があった後にドアを開けるのがマナーです。

入室時は順番に関係なく、必ず入り口で「失礼します」と挨拶・お辞儀をしてから入室してください。

最後尾にいる場合は、入室後に両手でドアを閉めるのを忘れないよう注意が必要です。

また、入室したらすぐに座らずに席の横に立ち、全員が入室するのを待ちましょう。

全員が入室してから、面接官の方からお座りくださいなどの合図がありますので、もう一度「失礼します」と軽くお辞儀をした後に着席してください。

面接中のマナー

次に面接中ですが、前述のように他の人の話を聞くこと、自分ばかりが長々と話さないように注意が必要です。

面接時の姿勢は背筋を伸ばし、膝の上に手を置くのが基本的なマナーですが、これは他の人が話している時も一緒です。

また、これはマナーというよりも少しでも評価を上げるためのポイントとなりますが、もし質問の回答が決まった順番ではなく挙手性の場合は、真っ先に回答をするようにしましょう。

一生懸命さや積極性が伝わってくる新卒学生は、面接官からも好印象に映ります。

退室時のマナー

最後に退室ですが、終了後の挨拶後は席の横に立ち上がり「ありがとうございました」と元気よく挨拶をしましょう。

座ったままではなく、立ち上がって挨拶をした後に深くお辞儀をするのがマナーです。

挨拶が終わったら、ドアに近い人から順に退室します。

入室時と同様に列になり、先頭の人がドアを開け、最後尾の人がドアを閉めます

面接会場から退室する際は入室時と同様、「失礼しました」と挨拶・お辞儀をしてから退室してください。

グループ面接のマナーで意識するべきこと

面接官はグループ面接の場で、いかに常識やマナーが身に付いているかを評価しています。

就活生が何人もいるからこそ、マナー違反は目立ちます。

グループ面接では、服装や髪型をはじめ、言葉遣いや礼儀作法、立ち振る舞いなどを意識しましょう。

グループ面接に臨む際の「身だしなみ」

就活生は、内定をもらえばビジネスマンとして働くことになります。

そのときに、身だしなみに問題がある人材では話になりません。

グループ面接中にも服装や髪型、靴などを面接官は見ています。

スーツのシワや靴の汚れ、ボサボサの髪型は大きなマイナス評価になるでしょう。

清潔感のある身だしなみを心掛けたいものです。

ビジネスマンとしてふさわしい服装をして行くことが常識です。

女性の場合は、派手なメイクやネイルは控えることが常識です。

特に飲食店や食品関係の企業を受ける場合は身だしなみチェックも厳しくなるので、常識ある服装やメイクで臨みましょう。

グループ面接の回答中の「言葉遣い」

社会人になれば、職場の人間だけでなく客や取引先や同業者などさまざまな人と接する機会が増えます。

そのときに正しい敬語を使えなければ、会社としても恥ずかしいです。

集団面接のときも、挨拶はもちろんですが発言時の言葉遣いにおいては正しい言葉遣いを意識しましょう。

尊敬語と謙譲語の使い分けなどは、間違いも多いです。

普段から敬語について勉強し、正しい言葉遣いができるように練習しておくと安心です。

グループ面接中の「立ち振る舞い」

入室時のノックや着席の仕方、姿勢にも気を付けるべきです。

イスに座って他の人の話を聞くときに、貧乏ゆすりをすること、頬杖や腕組みをするのはNGです。

中には、携帯をマナーモードにしておらず面接中に着信音が鳴り響くこともあります。

これはどう考えても非常識であり、マイナス評価につながります。

普段の何気ないクセが面接中に出てしまうことも多いです。

会社によっては、待合室にいる時点からチェックされていることもあるので、気を引き締めて臨みたいものです。

待合室にて携帯でずっとゲームをしているようでは、よい評価はもらえないでしょう。

グループ面接の対策方法

グループ面接は知らないほかの就活生と一緒に面接を受けることになり、緊張も増すかもしれません。

いかにも頭がよさそうでしっかりした就活生がいると、自分が劣らないか不安になるのも当然です。

集団面接では、面接官は人柄やコミュニティ能力などを見極めることが目的になります。

慣れないグループ面接も無事にクリアするように、注意点やポイントを押さえて対策を練っておきたいものです。

ほかの就活生と比較されていることを念頭に置いておく

何人もが集まる集団面接では、嫌でも就活生同士の差が出てしまいます。

よい点も悪い点もそれぞれ目立ち、比べられるのは仕方ありません。

比較されるのは発言内容だけでなく、たとえば話すときの声の大きさの差も表れやすくなります。

声が小さい人は集団の中にいるとなおさら消極的で自信がないように見えてしまうのです。

グループ面接を受けるにあたっては、周りの就活生みんながライバルといえます。

マナーや身だしなみはもちろん、話し方や表情に至るまで自分が最下位にならないよう、きちんと準備して挑みましょう。

自分本位で長々と話さないようにする

集団面接では多いときには10人ほどが集められることもあります。

面接の時間は限られていますし、その中でしっかりと個々の性格やマナーもチェックされています。

たくさん話したいことがあったとしても、自分ばかりがぺらぺら話すようでは無神経で自己中心的な性格だとみなされてしまいます。

他の人のことも配慮し、自分本位にならないように簡潔に要点をまとめて話さなければなりません。

面接人数や時間にも寄りますが、だいたい1分を目安に話すように心掛けるとよいでしょう。

場の空気が読める人間であることも、企業が求める人材の一つなのです。

ほかの人の回答に惑わされずに、面接官の質問に的確に答える

グループで話すとなると、周りの人の発言に動揺してしまうこともあります。

全員の中でトップに発言しなくてはいけなくなった場合も、うまく切り出せるかドキドキするでしょう。

また自分の前の発言者が非常に優秀な発言をしたとき、自分の番になって頭で考えていた回答とブレてしまう人もいます。

反対に、前の人がおかしなことを言った場合でも、緊張から同じように間違った回答をしてしまうケースも少なくはありません。

集団面接で大切なことは、自分自身のブレない答えをしっかりと持っておくことです。

そしてどんなシチュエーションになったとしても、周りに惑わされることなく自分の答えを、自信を持って発言したいものです。

もちろん、周りの人の話をきちんと聞くことも大切になってきます。

同様の考えを持っていたならば、自分らしい説明で同意見を述べても問題ありません。

いずれにせよ、周りの発言も聞きながら自分の意見をブレずに述べる姿勢が重要です。

グループ面接で面接官から聞かれる質問

unnamed__12_

グループ面接のマナーはバッチリでしょうか。
では最後に、グループ面接で面接官から聞かれる質問について紹介します。

人数にもよりますが、グループ面接の場合は限られた時間で複数人に質問をしますので、基本的な質問をされることが多いです。
事前に自己分析と業界分析・企業研究をしっかり行い、回答を準備しておきましょう。

自己紹介、自己PR 

グループ面接の場合は最初に自己紹介を行いますが、自己PRと併せて質問をされることもあります。
自己紹介と自己PRは個別面接の場合でも基本の質問ですので、必ず回答できるように準備をしておきましょう。

志望動機

自己紹介や自己PRと並んで、必ずと言って良いほど聞かれる質問です。
ここで注意したいのが、志望動機は他社の面接と使い回しをしないことです。

志望動機はその企業に入社したい理由なので、「それってうちじゃなくて他社でもいいんじゃない?」と思われてしまうような回答はしないのが面接に臨む上でのマナーといえます。

学生時代に頑張ったこと

就活生のあなたは中途採用の方と違い、社会人として積んだ経験やスキルが無いため、学生時代に経験したことから自社に入社後に活躍してくれるかどうかを面接官はイメージします。

部活や勉強など自分が頑張って成果を上げたことアルバイトでの就業経験で社会人になってからも活かせることなどを話せるとベストです。

自身の強みと弱み

面接では自身の強みだけでなく、弱みを聞かれることが多いです。

強みに関しては就職後に活かせるかどうかという観点で聞かれますが、弱みについては自己分析や解決の為に努力していることがあるかといった点で聞かれることが多いです。

弱みのない人間などいないので、必ず両方とも回答ができるように準備をしておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?
今回はグループ面接とはどんな面接なのか守るべきマナーや対策についてご紹介させていただきました。

グループ面接が手法として採用される一次面接では、あなたのビジネスマナーや就活に臨む姿勢を見られます。
これらは事前に対策ができることなので、自己分析や企業研究、面接マナーについての勉強などを怠らないようにしましょう

就活ではこれまでの学生生活では学ぶ機会が少なかった業界のことやビジネスマナー、また自分自身のことについても研究をすることが求められます。

特にグループ面接の場合は他の人の回答が気になったり、グループ面接特有のマナーがあったりと、あなたにとっては不慣れなことばかりでしょう。

ですが、就活で経験をすることはこれから社会人になる上で必要になることばかりです。
これも経験と思って、最後まで諦めず志望企業から内定を貰えるように頑張ってください。

グループディスカッションで抑えるべきポイントは◯◯!
マンツーマンで徹底サポートします。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ