元大手新卒採用担当者がOB訪問のやり方を伝授!

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

これから就活を始める学生の方で、「OB訪問ってどこから手を付ければいいの?」や、「そもそも必要なの?」という言葉をよく聞きます。

今回は、元大手商社・IT企業の新卒採用担当者が、OB訪問のやり方や意義等を今だから語れる本音ベースでお伝えいたします。

OB訪問の意義

09a60774de50aa721869132674e628c6_m

まず、OB訪問は必要なのかの問いにお応えすると、必ずしもマストではないですが、その会社の選考には間違いなく役に立ちます。
選考過程で様々な立場の社員と会話できるチャンスがありますが、OB訪問ほどお互いが心を許して会話ができる場はないからです。

私もそうでしたが、どうしても社員面談等の場になると、「選考とは関係ないよ」とは言われながらも、選考につながっているのではと勘ぐってしまいます。

(会社目線からお伝えすると、選考に関係ないと言っているなら関係ない場合がほとんどです。)

そう言った心情になるのは、相手方が全くの初対面ということもありますし、よっぽどフィーリングが合わない限り少ない時間で心を許すことは難しいからと推測します。

 
社員面談時間は概ね30分から長くても1時間程度が普通です。

しかし、相手方がもし大学の先輩であればどうでしょう。
最初の会話の内容がガラッと変わってきます。

 
例えば、サークルは何サークルなの?や、○○のあのお店まだやっているの?等

共通項目が多いとそれだけ心を許せる要素が増えるわけです。

OB訪問の最大のメリットは、「共通項目のある社員とじっくり会社のことについて深く話せる。」ことです。

OB訪問をすることで、選考が有利になることはあまりないですが、志望動機作成や入社意欲、入社後のミスマッチを減らす等様々な面で自分にとって有用な情報が入手できます。

8a582ff9b6e94c26a6ce57a4dace84fb_m

OB訪問の手順

今回の手順については、おそらく一番多いであろうその企業に知り合いや先輩がいないケースを紹介します。

訪問方法や手続きはその会社によって手順やルールが定まっている場合がありますので、今回は一般例として紹介します。

OB訪問したい会社にOB訪問可否の連絡をする

まずその会社がOB訪問を受け付けているかを確認する必要があります。

ホームページを持っている会社や就活市場に掲載している会社は、採用に関する問い合わせのメールアドレスが掲載されていますので、まずメールで連絡しましょう。

メールアドレスの記載がない場合は電話での連絡になりますが、まずはメールで連絡することをオススメします。

 
電話は企業担当者の時間をその場で取ることになりますのでメールの方が心証は良いです。

メールを送っても2.3日返信が来ない場合は、「〇月×日にOB訪問の件でメールを送ったのですが届いていますでしょうか?」と電話で確認しましょう。

日程調整をする

OB訪問可能の場合、続いて日程調整に入ります。

会社からの返答で既に日程提案があった場合は別ですが、こちらから希望日時を連絡して調整する場合があります。
その際、OB社員が予定を社内で調整する時間もありますので、今日明日にという訳にはいきません。

少なくとも1週間後以降で複数日候補を出すと親切でしょう。
時間についてですが、あまり絞りすぎると、逆にOB社員の予定が決まり辛いことがありますので、「〇月×日の午前」のように幅をを持たせて提示すると会社側もより調整がしやすくなります。

 
例えば13:00~14:00まで等

最後に、確定した日時を復唱する意味で日時・場所・緊急連絡先等を確認しましょう。

 
メールでやり取りしていれば文面に付記すれば問題ありません。メールは文書として残りますので、勘違い等を防ぐことができます。

余談ですが、電話連絡をする時間帯は会社の営業開始の1時間後から営業終了の1時間前の間にするのが無難です。

また、12時から13時のお昼休憩も避けましょう。メールでの連絡も極端ですが、深夜にメールすることは避けましょう。
また会社からの返信は極力レスポンスを早くすることを心がけましょう。

3.訪問日までに準備をする

OB訪問のアポイントが無事取れた後は、当日に備えて準備が必要です。

選考タイミングによって質問する内容は変わってきますが、総じて言えるのは、ホームページや会社説明会で手に入るような情報を確認したり、業界の基礎知識を聞くようなことはNGです。

限られた時間の中で、興味ある会社の社員で且つ自分の先輩と話ができるチャンスはめったと訪れません。
改めて今回のOB訪問の目的と、自分が本当に知りたい内容を整理して臨みましょう。

4.訪問当日のマナー

いよいよOB訪問当日。しっかり事前準備もした後にふと気になるのが当日の服装ですね。
決まりはありませんが、男性女性問わずリクルートスーツで行くのが無難です。

先輩とはいえあくまで取引先に訪問するイメージで臨みましょう。
当日は、集合時間の10分前には現地に到着しておきましょう。受付がある場合は、5分前を目安に取次ぎをしてもらいましょう。

会社のビルに入ればあなたも立派な訪問者です。
周りには将来のあなたの上司・先輩、お客様になるかもしれない人がたくさんいることを肝に銘じてください。

 
周りから見られている意識を忘れずに

電車遅延等突発的な事情で遅刻してしまうケースも考えられますが、やむを得ず遅刻してしまう場合は、遅刻が予想される時点で会社に連絡しましょう。

 
急げばぎりぎり間に合うという自分本位な判断はや禁物です。

ただし、やむを得ないとはいえ遅刻をした事実は変わりありません。

天災等を除き、防ぎようがある遅刻もあると思いますので、なるべく早め早めの行動を心がけましょう。そうすれば心にも余裕が生まれ、OB訪問の時間もより有意義な時間となります。

 
例えば会社の最寄り駅に30分前には着き、近くのカフェで質問のおさらいをする等

5.訪問後のお礼

無事OB訪問を終えてほっとしているあなた!
OB訪問はまだ終わっていません。最後に今回の訪問に対するお礼をしましょう。

お礼をする相手は、まず日程調整等をしてもらった企業担当者にメールで連絡しましょう。

 
日程調整まですべて電話で完結した場合は電話で伝えましょう。

その際、OB訪問をした社員の連絡先が分からない場合は、そのお礼文面の中に「応対頂いた〇〇様にもお礼したいが連絡先を教えてもらうことは可能か」と確認が必要です。

 
教えることができないと拒否された場合は、OB訪問のお礼と感謝の気持ちを文面に添えて返信すれば非常に丁寧です。

まとめ

以上でOB訪問の手順を簡単にまとめました。

訪問だけといっても意外と手順が細かいと思われたかもしれません。とはいえ、手順は複雑ではありませんのできっちり抑えるポイントさえ守れば問題ありません。

大切な事は、「相手の立場に立って考える」ことです。
会社側の目線に立って、自分のこれから行う行動を客観視することが大切です。

本当に困った際は、大学のキャリアセンターに対応を相談するとよいでしょう。

皆さんの就活がより良いものとなるよう心から願っています。

就活は十人十色!
あなたに合った就活方法をわたしたちがサポートします。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ