就職内定に差が出る!OB訪問のやり方とOB訪問をやるべき理由

就職活動を始めた大学生が積極的に行うべきと言われているのがOB訪問です。

OB訪問はなるべく早い時期から始めることで先輩にアポイントを取りやすくなります。
また、早い時期から始めることで様々な先輩方にOB訪問をすることができるため、時間をかけて自分に合った企業探しをすることができるでしょう。

就職活動を始める上でぜひやっておきたいOB訪問の基本のやり方OB訪問にはどんなメリットがあるのかをまとめました。

OB訪問のやり方の前にまずは、OB訪問でできることとは?

pixta_26880554_M

実際に企業で働いている人の本音を知ることができる

OB訪問では実際に企業で働いている先輩に会って詳しい話を聞くことができます。

志望する企業にはどんな特徴があるか、どんな仕事内容なのかは資料で知ることができます。
しかし、企業内の雰囲気や働いている社員のモチベーションなどは実際に働いている社員の方に話を聞かなければ知ることはできません。

また、企業説明会では当然ながらその企業の良い点を中心に紹介されます。
そのため、実際に働いている社員との考え方にギャップがあることも珍しくありません。

大学生が企業に求めるものとして、社内の雰囲気の良さや自分自身がスキルアップできるような環境があるか、給与が高いことなどが挙げられます。
残業がどれくらいあるのか、休暇の取得状況も企業選びのポイントとなる人が多いようです。

このようなことから、多くの人が就職先として働きやすい環境を重視していることが分かります。

上記で紹介した働きやすさについての情報は、企業の資料を見ても知ることはできません。
実際にその企業で働いている社員だからこそ分かる情報を教えてもらえることは、OB訪問の大きな特徴です。

OB訪問を引き受けてくれる先輩の中には、企業の社員としてではなく、その企業で働いている大学のOBとしてアドバイスをしてくれる方も多いようです。

そのため企業の良い点だけでなく悪い点を聞くこともできます。

このように悪い点を実際に働いている社員のリアルな声として聞くことができるのは、たいへん貴重な機会と言えるでしょう。

OB訪問で企業の良い点と悪い点を知り、自分に合っているかを検討していく必要があります。
しかし、自分の理想とする働き方条件がすべて合う企業があるとは限りません。

多少の妥協は必要になりますが、事前にOB訪問を通して企業を知っておくことで入社後のギャップに驚くことも少なくなります。

企業説明会とは違い、フランクに会話ができることもOB訪問ならではです。
もちろん先輩に対しての礼儀を欠いてはいけませんが、企業説明会ではなかなか聞きにくい質問でもOB訪問なら聞きやすいということもあるでしょう。

OB訪問の情報をもとに充実した内容の志望動機が作れる

OB訪問はエントリーシートの志望動機を作る材料としてたいへん役立ちます。

エントリーシートの作成では、企業の資料から得た情報で志望動機を作ることが一般的です。
しかし、資料だけをもとにして作った志望動機では、その企業で働きたいという熱意が伝わりにくくなってしまいます。

つまり、誰でも作れるような特徴のない志望動機になりがちです。

その点OB訪問をした場合だと、OB訪問で話を聞いてどんなところが魅力に感じたかを志望動機に盛り込むことができます。

OB訪問をしていない場合の志望動機とOB訪問をした場合の志望動機では、内容の充実度が大きく違ってくるでしょう。

また、就職試験の面接でOB訪問をした先輩の名前を出せることも、OB訪問をしたからこそのメリットです。
OB訪問をしてどんなところに魅力を感じたかを伝えることで、積極性会社への理解を評価されます。

OB訪問のやり方の基本と訪問当日までにやるべきこと

pixta_43913407_M

OB訪問をする場合のやり方とOB訪問をする前にやっておきたい事前準備について解説します。

OB訪問する先輩の連絡先を知る

まず、OB訪問をする先輩を探して連絡先を知りアポイントを取らなければなりません。

OB訪問をしたい先輩の連絡先を知る方法はいくつかあります。

ゼミサークル部活動の先輩を通してOB訪問をしたい先輩を紹介してもらえれば確実です。
他にも先生を通しての紹介大学の就職課で連絡先を教えてもらうことも可能です。

最近ではOB訪問に特化したインターネット上のサービスもあります。

インターネット上で自分が通っている大学のOB訪問する先を探すことができ、連絡を取ることも可能です。
連絡先を知らない先輩に対してでもアポイントを取ることができるため、OB訪問をする上でたいへん役立ちます。

このようなインターネットサービスを利用することでより気軽にOB訪問をすることができるでしょう。

OB訪問のアポイントを取る

OB訪問をしたい先輩の連絡先を教えてもらったら、電話やメールでアポイントを取ります。

アポイントを取る際は、大学名、名前、OB訪問の依頼を伝えることがポイントです。
また、メールアドレスや電話番号を誰に聞いたのかを伝えることも忘れてはいけません。

アポイントが取れたら日程や時間、場所を決めます。
日程や時間はいくつか候補を挙げてこちらから先輩に提案すると良いでしょう。

このやり方をすることで、OB訪問の日程調整を効率的に進めることができます。

電話やメールでアポイントを取る際には連絡する時間帯にも注意が必要です。
一般的な常識でもありますが、夜遅い時間朝早い時間の連絡は相手に迷惑となってしまうため避けましょう。

以上がOB訪問の基本のやり方です。

このようなOB訪問の基本のやり方を最初に身に着けておけば、その後のOB訪問も同じやり方で進めていくことができます。

OB訪問前の事前準備

続いてOB訪問のやり方のポイントである事前準備について解説します。

OB訪問は面倒だと感じている人も少なくないようですが、せっかく行うのであれば就職活動に役立つ情報をゲットしたいものです。

OB訪問成功の鍵は事前準備にあると言っても過言ではありません。
OB訪問当日までにやっておきたい事前準備は大きく分けて2つあります。

企業について詳しくリサーチする

企業について詳しく調べることは、OB訪問の際にどんな質問をするか考えたうえで大変役に立ちます。
企業のことをよく知らないままOB訪問をしてしまうと深く掘り下げた質問をすることはできなくなってしまいます。

また、先輩に対して資料を見ればわかるような質問をすることは失礼にあたるため注意しましょう。

忙しい時間の合間を縫ってOB訪問に対応してくれているため、時間を無駄にしないためにも企業の基本情報はしっかりと頭に入れておくことが大前提となります。

企業のことだけでなくその企業が属する業界についても調べておくとなお良いでしょう。

質問を考える

前述したように企業についてリサーチした結果をもとにして質問したいことをまとめます。

インターネットや資料等で調べて分からなかったこともっと深く知りたいと思ったことをOB訪問で質問しましょう。

前述しましたが、ホームページや資料を見れば分かるような質問は極力避けましょう。

とはいえ実際にどんな質問をしたら良いのか悩んでしまうこともあるかと思いますので、質問の例をいくつか挙げておきます。

どんな企業なのかが知りたいのであれば「社内の雰囲気」「実際の福利厚生」について質問しましょう。
働きやすい環境であるかを先輩に聞いてみると参考になるかと思います。

また、先輩はなぜこの職種を選んだのかなぜこの企業に就職しようと思ったのかを聞くこともこれから就職活動を始めるにあたって参考になります。

実際にその企業に就職してどう感じているか、仕事にやりがいを感じているかなども併せて質問してみましょう。

このような質問項目を事前に考えておくことで、OB訪問をスムーズに進めることができます。

OB訪問のアポイントを取る方法

OB訪問のアポイントを取る際には、いくつか注意するべきことがあります。

大原則として、同じ大学の先輩だとはいっても、OBは社会人であり、学生とは時間の使い方が大きく異なることを忘れてはいけません。

忙しい中、わざわざお時間を取ってもらってあなたにお会いしているわけですから、敬意を持って丁重な態度でアポイントを取るようにしましょう。

電話でアポイントを取る場合

電話でアポイントを取る場合は、まず大学名と名前を名乗り、相手に電話したい人がどの会社・部門の誰であるかを伝え、相手がその人であるか確認を取ります。

初めから個人の携帯番号などではなく、代表電話番号であることがはっきりしている場合は、基本的には代表者が出るはずですので、確認の代わりに取り次ぎを頼みましょう。

訪問したい相手であることを確認したら、今引き続き電話で話してもよいか尋ねましょう。

メールなどと異なり、電話はリアルタイムでの通話になるため、相手の時間を強制的に拘束することになります。

しかし、状況によっては、相手側はなんらかの別件で手が離せず、それでは不都合かもしれません。

その場合は、相手の方は、折り返し連絡する旨を伝えるか望ましい連絡時間を知らせるはずですから、その希望に従って、一旦電話を切りましょう。

代表電話番号にかけた場合も、それらの事項を伝えるのが代表者に変わるだけで、基本的な対応は同じです。

お話ができる状況になったら、OB訪問を目的として電話をかけたことを伝え、OB訪問が可能かお尋ねしましょう。

仮にここで相手がOKしなかったら、話はそれで終了ですので、お礼を言って切ることとなります。

無事相手のOKがもらえたら、日時と場所の交渉に入ります。

基本的には、相手側の勤務先周辺になることが多いですが、お互いの希望次第では、大学周辺やどちらとも異なる場所が選ばれるかもしれません。

日時と場所が確定したら、確定した日時を復唱し、内容が正しいことを確認します。

正しい内容であることの確認が取れたら、アポイントは成立ですので、お礼を言って、会話は終了です。

電話でアポイントを取る場合は、記録のために、手元にメモと書くものは置いておくようにしましょう。

サークルや研究室の先輩などで、直接面識がある相手にアポイントを取る場合は、相手のほうから砕けた話し方をすることがあるかもしれません。

しかし、そのような例外的なケースを除き、たとえ直接面識がある相手であっても、アポイントはフォーマルな話し方で取るようにしましょう。

メールでアポイントを取る場合

メールでアポイントを取る場合は、まず件名で、OB訪問を目的としていることと所属・名前を簡単に盛り込むことが望ましいです。

ビジネスパーソンは忙しいため、すべてのメールを見るとは限りません。

件名は、そのような場合にメールに目を通すか決める重要な手掛かりとなります。

件名で目的がはっきりしないメールは、スパムなどと勘違いされて捨てられる場合や自動でフィルタリングされてしまう場合もあるので、最低限目的ははっきりさせるようにしましょう。

メール本文にも、いくつかお約束事があります。

初回のメールでは、あて名は相手の氏名だけでなく、会社と部署も含めて書きます。

二回目以降のやり取りでは、相手側が省略してくる場合はそれに合わせても構いませんが、学生の間はあくまで正式な記述を続けたほうが丁寧な対応なので、より望ましいでしょう。

二回目以降のメールの冒頭には、お世話になっている旨を示す定型文が入りますが、初回ではまだお世話になどなっていないため、代わりに自身の所属と名前を名乗ります。

続いて初回は用件に入る前に、メアドをどこで知ったか、簡潔に記しましょう。

ただしこれは、直接的な面識があって、学生時代からメールアドレスを知っていた場合など、相手があなたに自らメアドを教えた場合は不要です。

本人から知った場合には、本人に改めて経緯を話すのは無意味だからです。

メアドの入手経路まで書いたら、いよいよ用件に入ります。

OB訪問が目的で、その日時が調整したいという旨、そしてそのために返信をいただきたいという旨を明示します。

時間帯の候補が明確に定まっている場合は、選択肢などとしてこちらから提示しておくことも可能ですが、単願予定など、ある程度自由に決めてもらって構わないケースでは、まずは無条件に相手の希望を尋ねても構いません。

これらの点を記したら、最後には、「よろしくお願いします」という文言を入れましょう。

この部分は、何度メールをやり取りしても基本的には変わりません。

ただ、メールではなくチャット系アプリで通信している場合は、段々と打ち解けて砕けた表現に転じる傾向があり、やり取りが重なれば省略されることもあります。

これらすべてを記したら、最後に署名します。

署名には、所属、部署、氏名の他、連絡先になるメールアドレスと電話番号を記載しましょう。

使用するメールサービスにもよりますが、大抵の場合は、署名を登録して、自動で付加するように設定することも可能ですので、適宜活用することをオススメします。

補足:日程調整のやり方

メールであなたが提示した選択肢のいずれも相手にとって不都合だったり、選択肢を用意しなかった結果得られた相手の提案する日時がこちらにとって不都合だったりすることも、あり得なくはないでしょう。

この場合、引き続きメールにてやり取りを継続し、日時をすり合わせることとなります。

相手側の空いている日時が、週によらず基本的に変わらない場合は、ご自身の予定を適宜調整して翌週以降に会うことが可能です。

一方、相手が会える時間帯が不定期である場合は、互いに希望の時間が会うまで先延ばしすることが基本的な対応になります。

ただ、先延ばしできる期間には限度がありますので、あまりにも都合がつかない場合は、話を白紙に戻し、別のOBを探してみたり、紹介してもらったりするのも一手です。

OB訪問のやり方次第で、スキルアップにもつながる

pixta_49151100_M

OB訪問をすることでスキルアップできるというメリットがあります。

OB訪問では先輩にアポイントを取り、実際に訪問してお礼をするまで全て自分自身で行います。
目上の人に対する礼儀一般的なマナーも身につけることができます。

このような経験はこれからの就職活動はもちろん、社会人として働いてからも活かすことができるでしょう。
また、様々な企業で働く先輩方にOB訪問をすることで、自分に合っている企業向いている職業を知ることができます。

自分自身を分析し、深く知ることは就職活動においてとても重要なことです。

OB訪問を通して自分を深く知ることで、自分の得意分野だけでなく苦手分野も明確にすることができます。
これによって自己PRの内容も充実させることができるでしょう。

どんな職種でどんな仕事がしたいのか、将来はどうなりたいのかなど将来のビジョンを明確にしておくことで、より就職活動がスムーズに進みやすくなります。

社会に出て働いている先輩方は、大学のOBというだけでなく人生の先輩でもあります。
就職活動での悩みや将来の不安を相談することもできます。

様々な経験を積んだ先輩の話を聞くことは、狭い考えを広げるチャンスとも言えるでしょう。

せっかくOB訪問をするならば、志望している企業に働く先輩だけでなくまったく違った分野で働く先輩の話を聞くこともおすすめです。
自分自身があまり得意でない分野詳しく知らない分野で働く先輩にOB訪問をすることで、視野を広げることができます。

このようにOB訪問を行うことは自分自身のスキルアップにつながると言えるでしょう。

OB訪問のやり方次第で、内定につながるケースもある

pixta_45601455_M

OB訪問のやり方を知り、実際に先輩を訪問することで就職活動が有利になることもあります。

企業によって異なりますが、OB訪問の有無OB訪問をした回数選考基準になる企業もあります。

OB訪問をしたからといって直接内定につながる訳ではありません。
しかし、OB訪問をした人していない人では、前者の方が企業のことをより理解していると判断されます。

行動力やどれくらいその企業への就職を志望しているかを伝えることもできるため、就職活動をスムーズに進めたいのであればOB訪問をしておいて損はないでしょう。

OB訪問をする際のオススメツール

最後に、就活市場がオススメするOB訪問を探す際のツールをご紹介します。

人事トーク

人事トークとは業界初の「人事と就活生のマッチングを行うアプリ」です。
実際に「いいね」で就活やインターン先を探すことができるので、手軽にあなたにあった企業を見つけることができます。

また、人事相手に連絡を取ることができるため、今までになかった人事とOB訪問することも可能になります。

一般的に企業を探す際は事業内容や会社の規模感で探すのですが、人事トークではさらに人事の人柄も選択するポイントになります。

また、面接などでは本音で話をすることが少ないのですが、人事トークでは本音で話をすることができるため、あなたが志望する業界のことなども人事からお話をしていただくこともできます。

実際に働いている方の意見を参考にできるため、人事トークを活用してOB訪問を実施してみてはいかがですか?

就活市場がオススメするOB訪問で聞いておくべき質問

OBに聞いておくべき質問は、大別すると、OBだからこそわかる会社の業務内容や企業の立ち位置に関する質問と就活においてヒントになるような、OB自身の採用試験当時の志望動機や現在感じるやりがいなどに関する質問の二種類です。

業務内容に関する質問としては、1日や1年におけるスケジュールやその会社ならではと思われる仕事内容などを尋ねておくとよいでしょう。

企業の立ち位置については、競合他社に比較して強みだと思われる点など、単にシェアや経常利益を見ただけでは見えてこない背景情報を聞き出すことを心がけましょう。

これらの内容は、後にそのOBがいる会社に応募する際、自らの能力を活かせる場所や志望先がその会社でなくてはいけない理由を提示する際に役立つこととなります。

対して、OB自身の採用当時の志望動機などは、過去の採用試験合格者がなにを考えていたかという、いわば過去問の答えです。

それをそのまま自分の採用試験で転用することはできないものの、どんな答えが企業にとって高評価だったのか探るヒントになるといえるでしょう。

最後に、OBが現在感じているやりがいや目標などは、会社で長年働いた場合どんな境地になるのか探る手掛かりです。

企業の望むものに媚びに媚びて採用されたとしても、結果的に考え方の違いが大きければ合わずに離職する可能性も高くなります。

その意味で、OBが働いていく中でどのように感じるようになったか探ることは、本当にその企業が自分に合っているのか知るよい機会です。

これら4種類の観点の質問をうまく駆使することで、OB訪問の価値を最大限に引き出すことができるようになりますので、ぜひともうまくご活用ください。

まとめ

OB訪問は直接内定に関係しない企業も多いため、やる意味があるのかと悩むこともあるでしょう。
しかし、上記で解説したように自分自身にとってプラスになることがたくさんあることが分かります。

OB訪問をする際にはしっかりとやり方を把握してから行いましょう。

就活は十人十色!
あなたに合った就活方法をわたしたちがサポートします。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ