自己分析の質問項目を抑えて就職活動を乗り切ろう!

【自己分析で考える項目とは】はじめに

就職活動中のあなた!自己分析はしっかり取り組んでいますか?

自己分析は就職活動をしていく上で非常に重要です。
書類選考で提出を求められるES(エントリーシート)や履歴書、面接での採用担当者からの質問など、就職活動では様々な場面で自分自身のことを話さなくてはなりません。

そのために、自己分析を通して自分自身のことを理解することが必要なのです。

自己分析には、自分史自己分析シートなどのフォーマットを活用します。
ネットなどで様々なフォーマットがありますので、調べてみると良いでしょう。

ただ、これらの自己分析を深めるためのツールは、フォーマットによって質問項目も様々です。
どれを活用すればいいかわからない、という方も多いのではないでしょうか?

そんな方のためにここでは、自己分析をする際に必ず押さえておくべき質問項目をご紹介します。

自己分析の本質的な目的とは?

自己分析をじっくりと行うと就活の軸を見極められるだけでなく、新しい自分の発見や選択肢の理由を明確にすることも可能です。

ただ闇雲に就活を進めても志望した企業の内定を勝ち取ることはできません。

まずは、時間をかけて自分を知り理解を深めることが大切です。

自己分析をしっかりと行った就活生は、自分の強みや価値観を把握できているため、強い意思を持って就活に臨んでいます。

その姿は、すぐに人事にも評価されることになり、仕事への意欲や情熱も伝わることでしょう。

「この就活生と一緒に働きたい」思ってもらえるような魅力的な自己PRもできるようになるため、自己分析は就活を成功させるカギと言っても過言ではないでしょう。

自分も知らない自分を知るため

自己分析を行うことで、新しい自分を発見することにつながります。

自分自身のことを時間をかけて分析すると、今抱えている悩みを解消できるだけでなく、今後の目標も見えてきます。

また、得意なことや仕事への情熱、価値観など、ありとあらゆる自身の思考を整理することができるのもメリットです。

ただ頭の中で自分のやりたいことや理想の将来像を考えていても、その答えをすぐにまとめることはできません。

手っ取り早く自分のことを知るには、過去のエピソードなどを挙げながら、そのときの感情を見つめたり、得た結果などを深堀りしたりしてみることが大切です。

自己分析は、自分も知り得ることのなかった新しい発見ができ、自信をつけたり、チャレンジ精神もアップしたりします。

意思決定の軸にするため

就活をスタートする時期になっても自分のやりたいことがわからないという学生も少なくありません。

自分に適した職種は何なのか、今後どのようなキャリアを目標としているのかといった就活を行ううえで大切なことが明確になっていない学生も多くいるようです。

このような悩みも自己分析を行うことで、解消できるだけでなく意思決定の軸となり、自信を持って就活に臨めるようになります。

また、自己分析によって価値観や生き方を追い込んでいくことができ、就活において妥協できない部分をしっかりと見極められるのもメリットです。

自分の人生を大きく左右する企業選びは、手あたり次第、選考面接を受けるなど軽い気持ちで行うことはできません。

納得できる形で志望する企業から内定を得ることができるように、まずはじっくりと自己分析を行い意思決定の軸を立てることから始めてみましょう。

【自己分析で考える項目とは】自己分析をやる際のステップ

就活の一環として己分析に取り組むことは非常に重要です。

自己分析は人生の節目節目に実施することでさまざまな効果を発揮する手法ですが、今回は目的が就職ですのでそこに主眼をおきましょう。

自分自身を知るための行為ではありますが、その結果導き出すべきなのは仕事に活かせる強みや能力です。

また同時に自分が仕事に何を求めているのか、本当にやってみたいことは何なのか、本心からの志望動機を見つけ出すこともできます。

自己分析がしっかりできて納得できる目標が自分の中から引き出せた人は、きっと就活も大成功を収めることができるでしょう。

ここではそのためのステップを整理します。

自己分析を行う目的を理解する

冒頭でも触れましたが、ここでの自己分析の目的は、自分の強みと弱みを知って仕事に活かせる能力を引き出すことです。

当然企業側が求める人材である必要がありますので、受ける企業がどんな採用基準を持っているか、どこを重要視するかは知っておく必要があります。

ただ、詳細は企業によってまちまちですが、採用担当者へのアンケート結果によると、学生の「人柄」を見るという企業が9割以上を占め、次いで「熱意」「将来的可能性」となりました。

つまり企業は、どんな人か、なぜ入社したいのか、会社で活躍できそうかという3点をとにかく知りたがっているといえます。

もちろん求める人材像がありますので共感を呼ぶことが重要ですが、魅力的に映る人柄をアピールできればそれだけで内定に近づくことは間違いありません。

こうしたベースを踏まえて自己分析を実施する場合、何より大切なのが自分の強みも弱みもしっかり把握することです。

自分のことを客観的に掘り下げる行為は簡単ではありませんが、過去を振り返ったり、経験を洗い出したりすることから現在の自分を知ることが大切です。

過去の経験を洗い出す

就活で必要なのは自分の棚卸だとよくいわれますが、自分にどんなことができるか、どんな傾向があるかを洗い出すためには、自分史を作るのが一番の近道です。

幼少期までさかのぼる必要はありませんが、中学・高校・大学にどんな経験をしたか、頑張ったと思えることをできるだけたくさん書き出しましょう。

ここではいったん面接のことは忘れて、一見アピールできそうもないことでもリストアップするのが正解です。

頑張ったという自覚がなくても、たくさん時間をつぎ込んだ、真面目に取り組んだという経験ならOKです。

取り組んだ理由はどうあれ、そうした経験には自分の内面を引き出す手がかりがたくさん含まれています。

一度作成してしまえば迷ったときに何度でも立ち戻れる拠点ができますので、ここだけは時間をかけてしっかり自分史を作るのがオススメです。

洗い出した経験を分析する

リストアップが終わったら、その経験を掘り下げるため分析に移りましょう。

いくつかの項目で分析が可能ですが、まず「どうして頑張れたのか」、その理由を考えて書き出しましょう。

どうして続けることができたのか、たとえ嫌々ながらだったとしても、そこには逃げたくない気持ちや負けたくない気持ちがあったはずです。

また、その経験に関する「課題や問題」を思い出して書き出しましょう。

それに対してどう対処したのかも書き出します。

次に、「どうしてその対処をしたか」を掘り下げます。

いろいろ解決策がある中で、なぜその方法を選んだかを考えて書き出しましょう。

そして「結果がどうなったか」、「結果から学んだこと」を書き出します。

分析した結果から長所を探す

分析はできるだけ細かく、ただし自分に嘘はつかずに行うのがコツです。

すぐに言葉にはできないかもしれませんが、ずっと眺めていると、実は自分にはこういうところがあるのかもしれないと気付く瞬間があります。

嘘のない分析からは自分の短所ばかりが見えてくるかもしれませんが、実は短所に見える中に可能性が潜んでいるケースが非常に多いです。

たとえば、中学で部活に入って3年間サッカーを続けたけれど、結局一度もメンバー入りはできなかったとしましょう。

本人的には、自分はダメな奴だと感じた経験かもしれません。

でも、なぜ思春期に3年間も続けられたのか、結果が出なかったとしてもメンバー入りするためにどんな努力をしたか、細かく分析すればそこにはたくさんの長所が見えて来ます。

それはチームへの責任感かもしれませんし、仲間との時間を大切にする協調性やコミュニケーションスキルかもしれません。

そんな経験から見つけた長所から自分のキャッチフレーズを考えれば、自己PRにもつなげられるアピールポイントができるでしょう。

なりたい将来像を考える

自分の過去から自己分析ができたら、今度は自分の未来に目を向けましょう。

将来自分はどんな風になっていたいか、どんな仕事で活躍していたいかを考えます。

将来像からは、志望動機を導き出すこともできるでしょう。

どんな業界で働きたいか、どんな企業を求めるか、より具体的に考えられるようになります。

将来像から逆算して就活の軸を考える

企業で活躍する自分が見えたら、そうなるべく、逆算して就活の軸を考えてみましょう。

ESにも就活の軸を問う項目が掲載されるケースが増えていますが、自己分析がしっかり済んでいれば迷いなく企業選びの軸が定まるでしょう。

自己分析をする際の質問項目

自己分析をする際の質問項目

自己分析の質問項目には、企業選びの軸を考える質問項目と、自分の強みや志望動機を伝えるための質問項目があります。

企業選びの軸を考える質問項目

ここでは

  1. それぞれの目的別に考えるべき質問項目
  2. その質問項目に回答をすること

で就職活動にどう活かせるかを紹介していきます。

これらの質問項目にはそれぞれ

  1. なぜそうだったのか?
  2. 何を思ったのか?
  3. 結果どうなったのか?

の3つの回答を準備しましょう。

また、各質問項目はできるだけ幼少期、小学生時代、中学時代、高校時代、大学時代とわけて回答を準備しましょう。

一番嬉しかったこと

今までの人生で一番嬉しかったことを考える質問項目です。

あなたがどんな時に嬉しいと感じる人間か、またそれは幼少期~大学時代までを通してどのように成長・変化していっているのかを振り返ってみましょう。

そこから、企業選びにおいてもあなたにとってのやりがいが何なのかであったり、実際に仕事をしてみてどんな時に嬉しいと思えるのかをイメージすることに繋がります。

一番嫌だったこと

今までの人生で一番嫌だったことを考える質問項目です。
あなたがどんな時に嫌だと感じる人間なのかを振り返りましょう。

また、この質問項目は、嬉しかったこと以上に幼少期~大学時代までを通してどのように成長・変化していっているかが重要です。

幼少期に嫌だったことが大人に近づくにつれてそうでなくなったということは、それだけ嫌なことに耐性ができ、克服できたということなので自己PRにも活かせます。

企業選びの際にはあなたが避けるべき業種や職種を考え、ミスマッチを防ぐことに繋がります。

好きな遊び・趣味

あなたが幼少期や小学生時代に好きだった遊びや、学生時代の趣味について考える質問項目です。

遊びや趣味には、あなたがどんなことに興味を持つのかが表現されやすいです。
好きな遊び・趣味について考えることで、企業選びの際に興味のある業種や職種を考えることに繋がります。

また、遊びや趣味は手先を使うもの、コミュニケーション力を活かすものなど、内容によって仕事に活かせるものもあるので、その観点からも振り返ってみるといいでしょう。

どんな友達と仲が良いか

あなたがこれまでにどんな友達と仲良くしてきたかについて考える質問項目です。

趣向や性格は、交友関係にも表れます。
例えば、あなたが明るくて前向きな性格であれば友達にも同じようなタイプの人が集まりやすいですし、野球が好きであれば同じように野球好きの友達が集まりやすいです。

あなたの交友関係から客観的にあなたの性格・特徴を考えることで、改めてあなたが興味ある業種や職種を考えることに繋がります。

自分の強みや志望動機を伝えるための質問項目

次に、自分の強みや志望動機を伝えるための質問項目について伝えていきます。

特にここでは、企業に自己PRをする際にエピソードなども絡めて話せるようにすることを意識しつつ

  1. なぜそうだったのか?
  2. 何を思ったのか?
  3. 結果どうなったのか?

の3つの回答を準備しましょう。

また、これまでの質問項目と同様に幼少期、小学生時代、中学時代、高校時代、大学時代とわけて回答を準備しましょう。

今まで頑張ったこと、頑張れた理由

今まで頑張ったことと、頑張れた理由を考える質問項目です。

仕事では嫌なことや大変なこと、悩むこともたくさんあります。
面接官はそういった時にあなたがどう乗り越えるのかどう頑張れるのかを知りたがります。

また、今まで頑張ってきたことには、頑張れた理由が必ずあります。

好きなことだから頑張れたということもありますし、嫌なことでも工夫して頑張れたということもありますが、ここではできるだけ後者についてより深く考えた方が、面接対策としては役に立つでしょう。

好きな授業、好きだった理由

今まで受けてきた中で好きな授業その授業が好きだった理由を考える質問項目です。

人間好きなことほど頑張れると言いますが、好きな授業や得意科目にはあなたの興味や特徴が表れやすいと言えます。
それを考えることで企業選びの軸になるのはもちろん、好きだった理由まで掘り下げて考えていくと自己PRや志望動機などの面接対策にも直結します。

部活動やサークルでどんな経験をしたか

あなたが部活動やサークルでどんな経験をしてきたのかについて考える質問項目です。
部活動やサークルでの経験は、自己PRなどを話す時にエピソードを交えて話しやすいので、何をどう頑張ってきたのかということをより深く考えていきましょう。

また、1年、2年、3年などより細分化して考えたり、部長や何かしらの係などを務めていた場合はその役割をこなすためにどう工夫していたかなどを考えることで、より深く自己分析をすることができます。

アルバイトでどんな経験をしたか

あなたがアルバイトでどんな経験をしたかについて考える質問項目です。

アルバイトでの経験は、仕事で活かせるスキルに直結しやすいです。
同業種や同職種を希望する場合はもちろん、そうでない場合にもアルバイトで学んだスキルは就職後も活かすことができるでしょう。

  1. 何が嬉しかったか
  2. 何が嫌だったか

だけでなく

  1. 仕事に対しての姿勢や覚えるために工夫したこと
  2. 大変なことをどう乗り越えたか

なども自己PRや志望動機を話す際に活かすことができます。

内定につながる自己分析の活かし方

質問の回答を自己分析に活かそう

ライバルに差をつけて内定を勝ち取る秘訣をご存じでしょうか。

最も大切なのは、自己分析をじっくりと行うことです。

時間をかけて自分のことを分析し見つめ直すだけでなく、就活を行う学生を人事はどんな点に注目しているのかといった点も重視しながら自己分析を行うこともポイントです。

ここでは、人事が就活生のどんな点に注目しているのかについて解説します。

人事は就活生の何を見る?

人事は、多くの就活生の選考を行っています。

人気の企業であれば1日に数十人もの選考を行うことも少なくないでしょう。

そのため、ありきたりな志望動機や自己PRを述べるだけの人物には魅力を感じることはありません。

人柄や性格の良さはもちろんのこと、行動力や仕事のモチベーションの高さを重視することもあります。

また、まだ学生といえども基本的な社会人のマナーを身につけているかといった点にも注目しています。

このように人事から見た注目ポイントはたくさんありますが、就活を成功させ内定を得るには、人事目線に立って行動することが大切です。

人柄、性格

企業によっては、就活生の能力だけでなく、人柄や性格で採用を決定するところもあります。

どんなに優秀な就活生であったとしても、人柄や性格が自社の社風に合っていなければ、入社後にトラブルが発生してしまうことが多くなるからです。

また、早期離職の原因にもなってしまうため、採用選考時には就活生の人柄や性格をしっかりと見ています。

志望する企業の社風と自分の性格が合うかどうかという点は、就活生側もきちんと事前に見極めておきたいものです。

企業社風と自分の性格がマッチしていれば日々の業務も円滑に進めていけるでしょう。

企業とのミスマッチを防ぐためにも自己分析を行うことが欠かせません。

自分の性格に合っている企業なのかといった点を見極めるためにも、得意なことや苦手なことを分析してみましょう。

何に注力をして、どんな行動ができるのか

仕事に対するモチベーションが高い人物は、それだけで人事から高評価を得られます。

一方で仕事の意欲が低く、行動力が見られない人物は高い評価が与えられることはありません。

人事は、一緒に働くのであれば成長が感じられ、思わぬ問題に直面したとしてもあきらめることなく行動できる人物を求めています。

どんなに成績が優秀な学生であったとしてもポテンシャルが低ければ社会人としての能力が高いとは認めてもらえない可能性もあります。

今すべきことを見極め、さらにやる気を感じられるような行動がとれる人は、人事から見て好印象です。

基本的な社会人マナー

就活の場では、ビジネスシーンと同様にさまざまな基本的なマナーが求められます。

挨拶はもちろんのこと、身だしなみや周囲との接し方など、社会人としてでなく人として気持ちよく対応できる能力が必要です。

就活中は学生であったとしても基本的なマナーができていなければ、それだけで人事にマイナスイメージを持たれることもあります。

現在、基本的なマナーが身についていないと感じているなら、まずは就活やビジネスシーンで必要なマナーについて学んでおきましょう。

挨拶や身だしなみの基本的なことだけでなく、人事から見て「気持ちが良い」と思ってもらえるようなマナーまで身につけておくと就活の際にポイントアップすることが多くあります。

自社の方向性と合うか

人事が採用選考の中で最も重要視しているのは、自社と就活生がマッチしているかという点です。

自社と就活生の目標や価値観など方向性が合致していなければ採用を得ることは難しいでしょう。

そのため、自己分析をしっかりと行うのはもちろんのこと、企業研究を行うことも欠かせません。

企業研究を行っておくと自社への理解度が高い人物だと判断してもらえます。

また、就職意欲が高いと認めてもらうこともでき、志望動機や自己PRをする際も信憑性が高まります。

自社と方向性が合致している人物だと人事に認めてもらえるように、自己分析や企業研究を通して自分の価値観や将来像まで明確にしておきましょう。

就活準備、順調ですか?
1人でわからない事はプロと2人で​。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ