自己分析の質問項目を抑えて就職活動を乗り切ろう!

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

就職活動中のあなた!自己分析はしっかり取り組んでいますか?

自己分析は就職活動をしていく上で非常に重要です。
書類選考で提出を求められるES(エントリーシート)や履歴書、面接での採用担当者からの質問など、就職活動では様々な場面で自分自身のことを話さなくてはなりません。

そのために、自己分析を通して自分自身のことを理解することが必要なのです。

自己分析には、自分史自己分析シートなどのフォーマットを活用します。
ネットなどで様々なフォーマットがありますので、調べてみると良いでしょう。

ただ、これらの自己分析を深めるためのツールは、フォーマットによって質問項目も様々です。
どれを活用すればいいかわからない、という方も多いのではないでしょうか?

そんな方のためにここでは、自己分析をする際に必ず押さえておくべき質問項目をご紹介します。

自己分析をする際の質問項目

自己分析をする際の質問項目

自己分析の質問項目には、企業選びの軸を考える質問項目と、自分の強みや志望動機を伝えるための質問項目があります。

企業選びの軸を考える質問項目

ここでは

  1. それぞれの目的別に考えるべき質問項目
  2. その質問項目に回答をすること

で就職活動にどう活かせるかを紹介していきます。

これらの質問項目にはそれぞれ

  1. なぜそうだったのか?
  2. 何を思ったのか?
  3. 結果どうなったのか?

の3つの回答を準備しましょう。

また、各質問項目はできるだけ幼少期、小学生時代、中学時代、高校時代、大学時代とわけて回答を準備しましょう。

一番嬉しかったこと

今までの人生で一番嬉しかったことを考える質問項目です。

あなたがどんな時に嬉しいと感じる人間か、またそれは幼少期~大学時代までを通してどのように成長・変化していっているのかを振り返ってみましょう。

そこから、企業選びにおいてもあなたにとってのやりがいが何なのかであったり、実際に仕事をしてみてどんな時に嬉しいと思えるのかをイメージすることに繋がります。

一番嫌だったこと

今までの人生で一番嫌だったことを考える質問項目です。
あなたがどんな時に嫌だと感じる人間なのかを振り返りましょう。

また、この質問項目は、嬉しかったこと以上に幼少期~大学時代までを通してどのように成長・変化していっているかが重要です。

幼少期に嫌だったことが大人に近づくにつれてそうでなくなったということは、それだけ嫌なことに耐性ができ、克服できたということなので自己PRにも活かせます。

企業選びの際にはあなたが避けるべき業種や職種を考え、ミスマッチを防ぐことに繋がります。

好きな遊び・趣味

あなたが幼少期や小学生時代に好きだった遊びや、学生時代の趣味について考える質問項目です。

遊びや趣味には、あなたがどんなことに興味を持つのかが表現されやすいです。
好きな遊び・趣味について考えることで、企業選びの際に興味のある業種や職種を考えることに繋がります。

また、遊びや趣味は手先を使うもの、コミュニケーション力を活かすものなど、内容によって仕事に活かせるものもあるので、その観点からも振り返ってみるといいでしょう。

どんな友達と仲が良いか

あなたがこれまでにどんな友達と仲良くしてきたかについて考える質問項目です。

趣向や性格は、交友関係にも表れます。
例えば、あなたが明るくて前向きな性格であれば友達にも同じようなタイプの人が集まりやすいですし、野球が好きであれば同じように野球好きの友達が集まりやすいです。

あなたの交友関係から客観的にあなたの性格・特徴を考えることで、改めてあなたが興味ある業種や職種を考えることに繋がります。

自分の強みや志望動機を伝えるための質問項目

次に、自分の強みや志望動機を伝えるための質問項目について伝えていきます。

特にここでは、企業に自己PRをする際にエピソードなども絡めて話せるようにすることを意識しつつ

  1. なぜそうだったのか?
  2. 何を思ったのか?
  3. 結果どうなったのか?

の3つの回答を準備しましょう。

また、これまでの質問項目と同様に幼少期、小学生時代、中学時代、高校時代、大学時代とわけて回答を準備しましょう。

今まで頑張ったこと、頑張れた理由

今まで頑張ったことと、頑張れた理由を考える質問項目です。

仕事では嫌なことや大変なこと、悩むこともたくさんあります。
面接官はそういった時にあなたがどう乗り越えるのかどう頑張れるのかを知りたがります。

また、今まで頑張ってきたことには、頑張れた理由が必ずあります。

好きなことだから頑張れたということもありますし、嫌なことでも工夫して頑張れたということもありますが、ここではできるだけ後者についてより深く考えた方が、面接対策としては役に立つでしょう。

好きな授業、好きだった理由

今まで受けてきた中で好きな授業その授業が好きだった理由を考える質問項目です。

人間好きなことほど頑張れると言いますが、好きな授業や得意科目にはあなたの興味や特徴が表れやすいと言えます。
それを考えることで企業選びの軸になるのはもちろん、好きだった理由まで掘り下げて考えていくと自己PRや志望動機などの面接対策にも直結します。

部活動やサークルでどんな経験をしたか

あなたが部活動やサークルでどんな経験をしてきたのかについて考える質問項目です。
部活動やサークルでの経験は、自己PRなどを話す時にエピソードを交えて話しやすいので、何をどう頑張ってきたのかということをより深く考えていきましょう。

また、1年、2年、3年などより細分化して考えたり、部長や何かしらの係などを務めていた場合はその役割をこなすためにどう工夫していたかなどを考えることで、より深く自己分析をすることができます。

アルバイトでどんな経験をしたか

あなたがアルバイトでどんな経験をしたかについて考える質問項目です。

アルバイトでの経験は、仕事で活かせるスキルに直結しやすいです。
同業種や同職種を希望する場合はもちろん、そうでない場合にもアルバイトで学んだスキルは就職後も活かすことができるでしょう。

  1. 何が嬉しかったか
  2. 何が嫌だったか

だけでなく

  1. 仕事に対しての姿勢や覚えるために工夫したこと
  2. 大変なことをどう乗り越えたか

なども自己PRや志望動機を話す際に活かすことができます。

質問の回答を自己分析に活かそう

質問の回答を自己分析に活かそう

以上、自己分析の代表的な質問項目を紹介してまいりました。
自己分析の質問項目として他にも思いあたるものがあれば、必要に応じて追加していってください。

ただし、自己分析は過去の経験を振り返って終わりではありません。

過去の経験から自己理解を深め、自分が就職活動や仕事を通じてどうなりたいかを考えるためのものです。
質問の回答を考えることが目的ではなく、あくまで自己分析は自己理解を深めるための手段であることを忘れないようにしましょう。

また、自己分析自体も就職活動で内定を得るための手段であり、自己分析をすることがそもそも目的ではありません。
自己分析を通して企業選びの軸面接で伝えたい強みや志望動機が固まったら、説明会への参加や選考への応募など、実際に次のステップに進んでいきましょう。

自己分析で面接対策を万全にし、自身を持って選考に臨んでください。

あなたの就職活動が良い結果になるよう、応援しています。

内定が欲しい方へ
就活市場会員限定の特典
  1. 1.大手企業内定者推薦、就活の攻略資料プレゼント
  2. 2.内定率92%の、就活アドバイザーが徹底サポート
  3. 3.特別選考ルートのイベント情報を提供!その他多数

会員登録で内定に近づく
(無料)

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ