【就活】自己分析・企業研究で得る強み

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

就活ではよく自己分析企業研究という言葉が出てきます。
新卒学生の皆様にとっては「何をすればいいの?」とやり方がわからず、苦戦される方も多いのではないでしょうか。

今回は自己分析と企業研究で得られる強みや、そのやり方についてご紹介いたします。

自己分析で得られる強み

自己分析で得られる強み

自己分析で得られる強みは、大きく2つあります。

それは、

  • 面接対策や書類選考対策ができること
  • 自分に合った企業選びができるようになること

です。

面接対策や書類選考対策ができること

面接や書類選考では、志望動機や自己PR、強みや長所・短所などを言えるようにすることが必須です。
ですがこれらは、改めて口にするとなるとなかなか難しいもの。

自己分析ではこれまで学生生活で得た知識や経験、自身の性格・特徴について掘り下げていきます。
掘り下げて考えることで、面接官からの質問やES(エントリーシート)の質問項目にも根拠のある回答ができるようになります。

自分に合った企業選びができるようになること

また、就活を行う際にどんな仕事を選ぶかは人それぞれです。
優先したい希望条件も千差万別でしょう。

仕事を選ぶ条件には

  1. 給与
  2. 勤務地
  3. 業種
  4. 職種
  5. 会社規模

など、上げればキリがないほどの種類があります。

そこから正しい優先順位を導き出すには、やはり自己分析が必要なのです。

  • 自分が何をしたいのか
  • 仕事で何を実現させたいのか

を自己分析で明確にしましょう。

自己分析のやり方

自己分析のやり方

それでは、次に自己分析のやり方についてご紹介していきましょう。

まず、自己分析の目的から自分のやるべきことを逆算していきます。

  • 志望動機や自己PR、強み・長所は言えるのか?
  • やりたい仕事は明確か?

これらを軸に、今の自分に足りないものを考えていくといいでしょう。

実際に自己分析をする際には、自分史を書いたり自己分析シートを活用しましょう。
文字に書き出すことで後から見直すこともできますし、自分自身を客観的に見直すことや情報の整理にも繋がります。

また、客観的な自己分析をするという点では、就活サイトなどで提供されている自己分析ツールを活用するのもオススメです。

自己分析シート自己分析ツールについては、それぞれの役割についてもご説明します。

自己分析シート

自己分析シートは、自分で自分自身を振り返るためのものです。
自分のことが一番わかるのは自分自身です。

とはいえ、最初は何を考えればいいか、何を書き出せばいいかわからないでしょう。
その手助けをするために、自己分析シートは考えるべきこと書き出すべきことを示してくれます。

ネットで調べると色々なフォーマットがありますので、自分に合うものを選びましょう。

オススメは、大手就活サイト「マイナビ」が提供している「かんたん企業研究&自己分析シート」です。
マイナビにはほとんどの就活生の方が登録しているでしょうし、後述する企業研究についても同時に行うことができます。

自己分析ツール

自己分析ツールは、各種診断などによって自分自身のことを客観的に振り返るためのものです。
自身で見た自分と、他者から見た自分は意外と評価が違ったりするものです。

自己分析シートなど自分で書き出したものを他者に見せるのも1つの方法ですが、今はネット上に様々な自己分析ツールがありますので、これを活用しない手はないでしょう。

自己分析ツールには様々な種類がございます。
無料で使えるものも多いので、色々と試してみると良いでしょう。

代表的なものはリクナビ診断適職診断MATCHエニアグラムなどがございます。
ツールによって目的や診断の方法も違うので、診断結果を自己分析シートの結果とも照らし合わせて有効活用しましょう。

企業研究で得られる強み

企業研究で得られる強み

企業研究をする目的は、自己分析と同じで。

  • その企業の選考で自分がPRできる強みを見つけ出すこと
  • その企業が自分に合う環境かを見極めること

この2点です。

企業研究は自己分析と同時並行、または後に行う方が効率が良いと言えるでしょう。
ある程度自分自身についての理解を深めておかないと、自分自身の性格や求めているものに合っているか判断がつかないためです。

企業の面接やES(エントリーシート)では、あなたの取り組んできたこと仕事に活かせる強みなどを聞かれますが、企業が聞きたいのはそれらを自社でどう活かせるかです。
志望動機についても同様で、採用担当者はなぜ自社でないといけないかを知りたがっています。

これらは自己分析で自己理解をしているだけでは答えることができません。
志望企業や業界について研究し、理解しておくことが必要です。

企業研究のやり方

企業研究のやり方

企業研究の前に、業界研究を

企業研究をする際には、まず自分が志望している業界について理解をしておきましょう。
サービス内容や仕組みについてはもちろん、代表的な企業はどこか、企業規模はどのくらいかなども理解しておく必要がございます。

また、求人サイトでいくつか気になる求人をピックアップし、必ず比較対象を作るようにしましょう。

求人を選ぶ際に比較検討するべきことは

  1. 勤務条件
  2. 企業理念
  3. 採用ターゲット

などです。

最近では採用に力を入れて採用専門サイトを立ち上げている企業も多いので、そこから社風成長性についても研究しておくと良いでしょう。

会社の基本情報である社長役員の氏名沿革業績についても把握しておいてください。
また、企業研究をしていくと企業に対して確認をしたい点や、質問事項なども出てくるでしょう。

面接では、必ずと言っていいほど質疑応答の場を設けられます。
質問事項はメモなどに書き出しておき、採用担当者に直接確認するようにしましょう。

採用担当者からすれば自社のことを事前に調べて、ちゃんと興味を持ってくれているのだなという印象を持たれますし、入社にあたってミスマッチを防ぐためにも不明な点は事前に解消しておくべきです。

合同説明会にも参加しよう

また、合同説明会へは必ず一度は行きましょう。

合同説明会は、業種や規模を問わず様々な企業が参加しています。
採用担当者から直接話を聞けるので、まさに企業研究にはうってつけの場と言えるでしょう。

説明会でエントリーしてそのまま選考に進むパターンもありますが、基本的には企業が就活生に向けて自社のアピールをし、優秀な学生を呼び込むための場です。
できるだけ多くのブースを回り、色々な企業から話を聞いてみましょう。

オススメなのは「事前に参加企業の情報をネットなどで調べておくこと」です。
ある程度気になる企業の目星もつけられますし、気になったことがあれば説明会で直接聞くこともできます。

自分で自己分析や企業分析をすることも大事ですが、実際に採用担当者から話を聞いてみることで思わぬ発見があるかもしれませんよ。

まとめ

いかがでしたか?

自己分析も企業研究も、あなたにとっては初めてのこと。
最初は戸惑いもあると思いますが、学校やインターネット、説明会など、情報は色々な場所で獲得することができます。

自分で調べてみたり足を運んでみたりして、色々な方法を試してみてください。

就活は事前の準備さえしっかりしていれば、あとは行動するのみです。
自己分析と企業研究ができているなら必ずあなたに興味を持ち、内定をくれる企業は出てきます。

最後まで諦めずに、内定を勝ち取りましょう!

内定が欲しい方へ
就活市場会員限定の特典
  1. 1.大手企業内定者推薦、就活の攻略資料プレゼント
  2. 2.内定率92%の、就活アドバイザーが徹底サポート
  3. 3.特別選考ルートのイベント情報を提供!その他多数

会員登録で内定に近づく
(無料)

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ