自己分析をES(エントリーシート)対策に活かそう【就活】

就活生の皆様、ES(エントリーシート)対策はどのようにされていますか?
自己PRや学生時代に頑張ったこと、志望動機など…ES対策には自己理解を深めることが必須といえます。

そのための方法が自己分析です。
自己分析をすることで己を知り、ES対策を有利に進めていきましょう。

ES(エントリーシート)対策とは?

pixta_48943771_M

ES(エントリーシート)とは、そもそも何のために書くものなのでしょうか?
ESは就活において、選考の最初の段階で履歴書とは別に提出を求められることが多いものです。

多くの場合は

  1. 自己PR
  2. 学生時代に頑張ったこと
  3. 志望動機

などを書きますが、その様式は会社ごとに独自のものとなっており、ESの内容をもとに面接に呼ぶ就活生を厳選します。

特に大企業であればあるほど応募学生が多いので、ESによる書類選考の重要性は増します。
就活生にとって、ESは就活の第一関門と言っても良いでしょう。

なぜなら、学生にとって就活ほど自己理解を深め、企業に自分を売り込む機会はそうそうありません。

とはいえES対策をしっかり行い、書類選考を乗り越えないと内定を得ることは出来ません。
そのES対策としてまず行うべきものが、自己分析です。

エントリーシートの3つの対策ポイント

エントリーシートは企業に応募するにあたって、最初の関門となるものです。

企業に応募する書類の中には履歴書などもありますが、履歴書の体裁はメーカーなどによって若干異なるのに対し、エントリーシートは企業もしくは就活サイトが用意する同じ体裁のものを、同じ企業に応募するすべての就活生が利用します。

書くべき項目も同じになるため、応募者ごとの違いがわかりやすくなるのが特徴です。

たくさんの応募者からエントリーシートが提出される中、エントリーシートを読んで興味を持ってもらい、この学生に会ってみたいと思わせなければ、次の段階には進めません。

内定を得るための第一関門となりますので、対策を講じることが不可欠です。

エントリーシート対策として重要となる、3つのポイントをご紹介します。

企業の求める人物像をまずは把握する

多くの就活生が複数の企業にエントリーを行います。

その度に「エントリーシートを書くのは大変だから」と言って、文章の使い回しをするのはNGです。

エントリーする企業ごとに求める人物像が異なります。

まずは求める人物像を把握して、それに合った自分の魅力や強みを見い出し、企業に合わせて書かなくてはなりません。

エピソードは具体的に書く

エントリーシートではさまざまな項目で、エピソードを書く必要が生じます。

体験談や経験談を記すことで、あなたがどんな経験を積んできた人なのか、どんな能力や人柄を持ち合わせる人なのかを伝えるわけです。

まったく会ったことも、話したこともない学生がどんな人物なのかを、エントリーシートという書面を通じて理解するには、エピソードは具体的でなければなりません。

状況がイメージできるような具体性を持たせ、わかりやすく伝えましょう。

エントリーシート内で一貫性を持たせる

エントリーシートにはさまざまな項目があり、書いているうちに統一性がなくなる方も少なからずいます。

たとえば、企業が求める人物像として「次世代を担うリーダーを求む」とあったので、自己PRではリーダーシップがあるとアピールしたとしましょう。

にもかかわらず、長所の項目では協調性が長所で、「学生時代はリーダーを補助する役割を果たしてきました」と書いたとすれば、一貫性がなくなってしまいます。

企業が求める人物像に合わせて、自分をどうアピールするかの戦略を練り、エントリーシート内で一貫して、企業が求める自分像を貫かなくてはなりません。

エントリーシート内で矛盾が生じないように気を付けましょう。

ES対策の前に自己分析をすることのメリット

pixta_39830092_M

では、なぜES(エントリーシート)対策として自己分析が有効なのでしょうか?
自己分析をすることで得られる効果は、大きく2つあります。

面接で話す「自己PR」が作成可能

まず、ESに書き出したり面接で話す「自己PR」ができるようになります。

自己PRをするには、自分の強み長所・短所などを把握しておかないといけません。
仮に把握が出来ていても、その根拠を第三者が納得できるように説明できる方はそう多くないでしょう。

そのために自身がいままで頑張ってきたこと経験してきたことなどを振り返り、自己分析をすることが重要となるのです。

志望動機に活かせる

また、自己分析をすることで、

  1. 自分が就職をしてなにを得たいか
  2. どうなりたいか

の2点が明確になるので「志望動機」が話せるようになります。

志望動機を話すには、自身の企業選びのが固まっていなければいけません。

いくら企業研究をしたところで、その企業の何に魅力を感じたのか、なぜその企業でないといけないかを自分の言葉で説明できないと面接官はあなたに魅力を感じてはくれません。

志望動機を明確にしておくことで、入社後のミスマッチを防ぐことにも繋がるでしょう。

ES対策の前に、大事な自己分析の方法

pixta_48655206_M

自己分析の方法は人それぞれですが、ここでは筆者がお勧めする方法を紹介いたします。

まず、自己分析を始める時期ですが、これは一番最初に行うべきです。
なぜなら、自己分析は1日2日で出来るものではないからです。

むしろ、社会に出ると結婚・子育て・転職など様々なライフイベントがあり、その中で自分のことや将来のことなどを考える機会は格段に増えるでしょう。

今回でいえば就活で内定を得ることが目的ですが、それだけ自己分析とは人が一生を掛けて続けるものなのです。

自己分析は一番最初に行い、就活を続けていく中で常に修正・変更していくようにしましょう。

その方法は様々ですが、リクナビやマイナビなどでは自己分析シートのフォーマットや、客観的に診断をしてくれる自己分析ツールなどもあります。
また、自分史を書き出したりして過去の出来事を洗い出すのも有効です。

過去の出来事を書き出したら、それぞれの出来事に対して

  1. なぜそれをしたのか
  2. 何を得たのか
  3. 仕事にどう活かせるのか

を考えていきましょう。

自分がこれまで経験した一つ一つの出来事に対してそれを繰り返していくと、自分が何に対してやりがいを感じるのか、どんな時に頑張ることができるのかといった自分自身の性格や特徴が見えてきます。

また、自己分析は1人で考えるのではなく、ある程度の形が見えてきたら友人や家族などにも見てもらいましょう。

自己分析は自分で考えて自分自身の言葉で話せるようにすることも重要ですが、それに面接官が共感してくれないと意味がありません。

自己分析結果の客観性・妥当性を高めるために、第三者の意見は必ず必要といえるでしょう。

項目別エントリーシートの対策

エントリーシートを作成する際の全体としてのポイントを踏まえつつ、次に項目別の対策をチェックしていきましょう。

自己PR

「自分というものは一人だけなのだから、自己PRはどの企業でも同じものしか書けない」と思い込んでいませんか。

就活を成功させるには、やはりテクニックが必要です。

自分は一人と言ってもさまざまな側面を有しているはずです。

エントリーする企業の求める人物像に合わせて、その人物像と自分との共通点を見いだしましょう。

求める人物像にマッチする自分の魅力や強みをアピールするのがポイントです。

そのため、エントリーする企業ごとに自己PRの内容は異なるのが基本です。

自分というものを六方体で見て、さまざまな角度から自分の魅力やアピールポイントを探してみましょう。

自己PRについて詳しくは、以下の記事もご参照ください。

学生時代頑張ったこと

学生時代に頑張ったことを問われて、「ありすぎて何を書けばいいかわからない」という人もいれば、「なさ過ぎて書くことがない」と悩む方もいます。

また、どの話を書けば、選考担当者に興味を持ってもらえるのか悩む方も多いことでしょう。

対策としては、その企業の求める人物像や、志望する職種や求められている能力や技術に結びつくような内容がベストです。

学生時代に頑張ったエピソードを書くうえでは、その経験を通じて何を学び、何を得たのかを明確にし、かつ、それをどう就職後に活かしていけるのかをアピールすることがポイントだからです。

学生時代頑張ったことについて詳しくは、以下の記事もご参照ください。

志望動機

志望動機はエントリーシートの中でも、もっとも重要な項目の一つです。

なぜ、その企業を目指したのかは、企業にとって一番の関心事です。

数え切れないほどの企業がある中でその企業を選び、入社したいと思った理由は何なのか、競合他社ではなく我が社である理由は何なのかを知りたいと思っています。

そのため、その企業でないとならない理由を具体的に記さなくてはなりません。

どの企業でも通用するような内容では、選考を突破できません。

他社にはない強みや差別化ポイントを明確にし、求める人物像をしっかり把握したうえで、志望動機の中に落とし込みましょう。

あなたがその企業にどう役立つのか、あなたを採用することでどんなメリットがあるかもアピールすることがポイントです。

志望動機について詳しくは、以下の記事もご参照ください。

ES(エントリーシート)の書き方例文

pixta_53866287_M

ここまで自己分析のメリットや方法について説明をしてきましたが、ここでは実際にES(エントリーシート)にどういう書き方をすればいいのか、例文に沿って紹介をしていきたいと思います。

自己PR

自己PRの例文

私は大学時代のアルバイトでコールセンターを経験し、いかなる状況でも冷静に対応をする対応力を身につけました。

コールセンターでは突発的なクレームの電話も多く、最初の頃はただ謝るばかりで最終的に周りの先輩に電話を取り次ぐことしかできませんでした。

ですが、先輩から「お客様が何に困っているのか、慌てずにしっかり聞いてみて」とアドバイスを頂き、お客様のご要望やご立腹されている原因を、正確に把握することに努めました。

その結果、徐々に先輩に取り次ぐことなくお客様にご納得いただけるようになり、最後には「ありがとう」という言葉まで言ってもらえるようになりました。

お客様からは入電時に私を指名していただけるほど信頼を得ることができ、2年目にはバイトリーダーに任命され、同じようにアルバイトで入ってきた後輩達を教育する立場を任せてもらえるようになりました。

貴社へ入社後もお客様の声にしっかり耳を傾けて信頼関係を築き、貴社とお客様のより良い架け橋になれるよう貢献していきたいと考えております。

学生時代に頑張ったこと

ガクチカの例文

私は大学で野球サークルのキャプテンをしてきました。

サークルメンバーは下級生から上級生まで全員含めて30人ほどいますが、サークルの方針を決めるときには一人一人から必ず意見を貰うようにしてきました。

サークルには高校野球経験者から初心者まで様々なレベルのメンバーがいます。

純粋に野球を楽しみたいというメンバーもいれば、大会で勝ち進みたいというメンバーもいるので、常に全員と話をし、モチベーションを擦り合せることが必要だったのです。

試合についても、勝ちにはこだわりつつも極力全員が試合に出れるように采配をし、試合に出れなかったメンバーには常に声掛けや次の試合に優先的に出せるよう配慮をしてきました。

その結果、最後の大会ではあと一歩で全国大会出場を逃してしまったものの、大会で2位という好成績を収めることができました。

この経験を活かし、入社後も自分から積極的にコミュニケーションをとるようにし、仲間と協力してプロジェクトを進めていきたいと考えています。

志望動機

志望動機の例文

貴社に対して魅力に感じていることは、人材紹介サービスを通じて雇用創出に寄与できることです。

特に貴社のマーケットである介護業界においては私も学生時代に何度かボランティアで行ったことがあり、人手が足りないという実情や職員の方々の生の声を沢山耳にしてまいりました。

また、ボランティアの際に貴社から紹介を受けて入社したという職員さんがいらっしゃって、貴社のご担当の方には親切に対応をしてもらった、貴社にお願いして良かったと仰っており、私もお客様からそんな風に言ってもらえるような人材になりたいと思い、貴社を志望いたしました。

私の将来の夢は、人材業界と介護業界についての知見を深め、介護の現場における人手不足を無くし、誰もが笑顔で暮らせるような日本の構造造りに寄与していくことです。

そのために、貴社のノウハウの習得に励み、一日でも早く貢献したいと考えています。

まとめ:ES(エントリーシート)対策

ES(エントリーシート)対策のイメージはつきましたか?

自己分析をすることで、ESはより深く説得力のあるものになります。
中には自己PRで書けるような華々しい成績経験がない、という方もいるかもしれません。

ですが、あなたがこれまで勉強してきたこと、経験してきたこと、何でもいいのです。

なぜあなたがそれに興味を持ったのかであったり、あなたなりにどう頑張ってきたのかといったことを、自己分析で掘り下げていけば必ず答えは見つかります。

自己分析でES対策を充分に行い、第一関門である書類選考を突破しましょう!

履歴書の書き方がわからない?ウカル履歴書、教えます。​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ