【就活】新卒学生・転職者向けのオススメ自己分析ツール

はじめに

新卒学生も転職者も、自己分析という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

就活をする中でまず最初にやるべき自己分析。

「就活をする上で何を重視するのか?」

「面接で自分がアピールできるポイントは何か?」

など、自己分析が必要不可欠といわれる理由はいくつかあります。

一人でやろうとすると難航しがちな自己分析ですが、自己分析ツールを活用すると作業効率精度共にグンと跳ね上がります。

今回はそんな自己分析ツールの中でも、就活内定者が活用しているお勧めのツールを紹介いたします。

そもそも自己分析を行う理由とは?

就活をするうえでは、まずは自己分析から始めようと言われていますが、なぜなのでしょうか。

自分のことは自分が一番わかっているから必要ないと思う方、就職したい企業は既に決まっているから必要ないと思われる方もいるかもしれません。

ですが、自分をよく理解していると思っている方も、就活のターゲットが定まっているという方も、自己分析は行ってみるのがオススメです。

どうして自己分析を行う必要があるのか理解すれば、やってみなければと思うはずです。

将来のビジョン(夢)を考えるため

就職したい企業が決まっているという方も、それを選んだ理由は明確でしょうか。

大手企業だから、仕事が充実していそうだから、働きやすい環境があるから、お給料がたくさんもらえる、福利厚生が整っているなど、表面的なことや形式面だけで選んでいませんか。

就職したら定年まで40年以上にわたって働くことも想定されます。

単に生活の安定やプライドなどで選んでしまうと、モチベーションが維持できない場合や仕事がつまらなく思えて毎日が辛くなることもあり得ることです。

自己分析を行って将来ビジョンを明確に描くことで、どんな会社を選び、どんな仕事や職種に就き、その会社でどう成長していけば充実した職業人生が歩めるかが見えてきます。

就活の軸を明確にするため

就活をしていくうえで、あっちにふらふら、こっちにふらふらと、良さそうな企業を探し出してはエントリーをしていては、エントリーシートの内容や面接の回答で揺らぎが出てしまいます。

自分が本当に何をしたいのか、その企業でどう活躍し貢献していきたいのかが不明確になってしまい、企業の担当者にも見透かされてしまいます。

将来ビジョンを定め、就活をしていくうえでの方針や方向性を定めることで、内定をしっかりとゲットできる就活の軸が固まるので、自己分析は大切です。

選考であなた自身のことや考え、想いなどを話せるようにするため

選考を受けるためにエントリーシートを書く際や面接の準備として想定される質問に対する回答を準備する際、スラスラと出てきますか。

いざ、エントリーシートを書こうとして自己PRが書けない、長所や短所が思い浮かばないという方は、自己分析が足りていない証拠です。

自分のことは自分が一番わかっているという方でさえ、いざ長所や短所を尋ねられると出てこない方も少なくありません。

しっかりとした内容で選考を突破できるよう、自己分析をしっかりと行っておきましょう。

自己分析ツールのメリット・デメリット

pixta_30803500_M

就職活動をはじめるにあたり、自己分析ツールを使ってみようかと考えている学生も多いでしょう。

ここでは自己分析ツールのよい点や、使用するにあたって注意したい点などについて紹介します。

自己分析ツールを利用するメリット

自己分析ツールを使うことのメリットとしては「客観的な意見がもらえること」、そして「手軽に自己分析ができること」が挙げられます。

その2つの点について、より詳しく見ていきましょう。

客観的な意見をもらえる

自己分析を行う上で客観的な視野を持つことはとても重要なことですが、実際にはとても難しいことです。

無意識のうちに「自分はどう見られたいのか」といった意識が働いてしまったり、自分の中で「自分」というものがすでに出来上がったりしてしまっているからです。

そんなときは自己分析ツールを利用すれば、これまで自分では気づくことができなかった自分の特性や強みがきっと見つかるでしょう。

手軽に自己分析ができる

自己分析ツールは会員登録が必要なものもありますが、ほとんどは無料で利用できます。

近年はスマホに対応したものも増えているので、ちょっとした空き時間を使って簡単に自己分析を行えます。

様々な見方ができるツールがある

自己分析ツールと一口に言ってもそこにはさまざまな種類があり、それぞれに視点も違えばアプローチの仕方も異なります。

中には信憑性に疑問のあるツールもあるので、できれば自己分析ツールはいろいろなものを試してみましょう。

それだけ多角的な視点から自分を見ることができるので、より明確に自分というものを知ることができるでしょう。

自己分析ツールを利用するデメリット

自己診断ツールはとても便利ですが、一方で使い方を間違えてしまえばデメリットもあります。

正しい方法を理解した上で使うようにしましょう。

自己分析ツールを利用しただけで満足してしまう

自己分析ツールを使うことで、これまで気づかなかった自分の特徴や性格などを短時間で知ることができますが、そこで満足してしまっては意味がありません。

大切なのは自己分析ツールを使った後です。

ツールを使って気づいたことを長所や志望動機に落とし込んで、採用担当者にしっかりとアピールするようにしましょう。

自己分析ツールが合っていないこともある

自己分析ツールは万能ではありません。

自分をよく見せようとする意識が強い人はウソをつくことで結果をある程度操作することができるため、あまり自己分析ツールの仕様には向いていないと言えるでしょう。

お勧めの自己分析ツール

pixta_33634498_M

「自己分析ツールが沢山ありすぎて、どれを使えばいいのかわからない!」

そんな方のために、就活内定者の声などから実際にお勧めの自己分析ツールを7つ厳選しました。

1つの自己分析ツールにこだわるのではなく、いくつかのツールの結果を比較検討し、自分なりの解釈にしてみると良いでしょう。

リクナビ診断

リクナビ診断は、株式会社リクルートキャリアが提供する自己分析ツールです。

就活サイト「リクナビ」に登録している方なら誰でも無料で使えるので、求人を探す合間に活用できる手軽さが特徴です。

質問数は100問と多めですが、質問に対して「あてはまる」「あてはまらない」のどちらに近いかなどを選択式で回答していくだけなので、5分程度で受けることが出来ます。

一番の特徴は、自己分析をして終わりではなく、実際に分析結果に合った求人をリクナビがピックアップしてくれることです。

自己分析から求人探しまで一括して行ってくれるので、時間を効率的に活用できます。

>> https://job.rikunabi.com/2020/

適職診断MATCH

適職診断MATCHは、株式会社マイナビが提供する自己分析ツールです。

リクナビ診断と同様に適職診断MATCHは「マイナビ」に登録している方なら誰でも無料で使えるので、求人を探す合間に活用できる手軽さが特徴です。

仕事におけるあなたの特徴を診断するパーソナリティ診断仕事におけるあなたの価値観を診断するバリュー診断からあなたの強みを分析してくれます。

また、あなたに向いている職種や業界をランキング形式で出してくれるので、説明会選考でどの企業を受けるか参考にすることも出来ます。

>> https://job.mynavi.jp/20/pc/forward/forwardMatch/index

キャリタスクエスト

キャリタスクエストは、株式会社ディスコが提供する自己分析ツールです。

就職支援サービス「キャリタス」に登録している方なら誰でも無料で使えます。

キャリタスでは企業情報採用イベント、その他にも様々な就活情報が紹介されていますので、業界や企業の研究と併せて自己分析ツールも受けてみると良いでしょう。

一番の特徴はその手軽さ取っ付きやすさです。

ゲーム風の画面で王様のキャラクターが出す21個の質問に回答するだけで、性格強みなどを分析してくれます。

また、あなたと同じタイプの先輩の声を厳選し、失敗談や活躍している業界の傾向なども見ることが出来ます。

>> https://quest.career-tasu.jp/

エニアグラム無料診断

エニアグラムは自己成長コミュニケーションのための人間学といわれています。

エニアグラムは、登録しないと診断できないものが多いのですが、会員登録をしなくても無料で診断できるサイトもあります。

エニアグラムでは、性格タイプを9つに分類します。

これは各タイプの優劣を判定するものではなく、あなたがどういうタイプの人間か理解し、何を伸ばし何を改めるべきなのかを診断するためのものです。

就活はもちろん自分がどういうことに悩むのかであったり、他者への接し方などの自己理解人間関係の見直しにも繋がります。

>> https://www.enneagram.ne.jp/about/diagnosis

Self Knowledge Tool

Self Knowledge Toolは、インターネット広告事業を手掛けるセプテーニグループが提供する自己分析ツールです。

無料登録後、個別的特性診断を受検します。

受検後、20~30ページにのぼる診断結果がメールで届き、あなたの個性や強み・弱みなどを細かく言語化してくれます。

診断結果には、就活のスケジュールからエントリーシート対策自己PRなどの面接対策など実践的なアドバイスが届きます。

また、内定後も入社を決める時期入社までの準備期間などのアドバイスを貰うことができます。

>> https://www.septeni-holdings.co.jp/recruitment/selfknowledge/

AnalyzeU+

AnalyzeU+は、株式会社i-plugが提供する自己分析ツールです。

オファーが届く逆求人型就活サイト「OfferBox」に登録している方なら誰でも無料で使えます。

回答する質問は251問と他の自己分析ツールと比較しても多いですが、その分、自己分析の信憑性も高いです。

また、経済産業省が定めた社会人必須の25項目の中であなたが何に秀でていて何が劣っているかを教えてくれるので、分析結果を通じてあなたが何の仕事に向いているかを考える際の参考になります。

>> https://offerbox.jp/studentlp/

ストレングスファインダー

ストレングスファインダーは、世界最大規模の調査会社である米国ギャラップ社が提供する自己分析ツールです。

有料ですが、ギャラップ社が100万人以上の社会人の調査データを基に作った、信憑性の高いものとしてお勧めされています。

自己分析では長所を伸ばすこと短所を補うことの両面に焦点が当てられがちですが、ストレングスファインダーは「長所を見極めてそれを伸ばしていく」という考え方に基づいて作成されています。

受検方法は公式サイト・関連書籍から入手できるアクセスコードを使うか、有料のスマートフォンアプリを使うかのどちらかとなります。

>> https://www.gallupstrengthscenter.com/Home/ja-JP/Index

キミスカ

キミスカは登録したプロフィールを見た企業の採用担当者からスカウトメールが届く、逆求人型の就活サイトです。

スカウトされた学生はメールで採用担当者と意見を交換し、その中で信頼関係を築くことができると、面接や企業説明会に呼ばれるというシステムになっています。

このキミスカが提供している自己分析ツールは150問の設問に答えることでストレス耐性・価値観の傾向・性格の傾向など9つの視点から、その人の特徴や長所・短所・性格などを診断します。

会員登録を済ませて写真と自己PRを完成させることが利用の条件ですが、無料で利用できる自己分析ツールの中でも設問数が多く、的確な結果が期待できるため、就活生の中でも人気のあるツールです。

もちろん、自己分析によって相性のよい企業が見つかればスカウトメールが送られてくることもありますので、就職先を効率的に探すこともできます。

Xmind

Xmindは香港の企業が開発しているマインドマッピングソフトです。

「マインドマップ」という言葉はあまりなじみがないかもしれませんが、簡単に言えば、自分の頭の中にあることを一枚の紙に書き出すことで、自分がどのような人間であるかをあぶり出すことです。

私たちは日常的に頭の中である物事からある物事を連想するという行為を繰り返しています。

しかし、そういった連想はまとまりがなく、中には忘れ去られてしまうものもあります。

自分の頭の中に浮かんだことを書き出していくことで、客観的に自分の思考を整理しようというのがマインドマップを作成する意味です。

Xmindを使った自己分析では自分の好きなことや嫌いなこと、これまで熱中してきた趣味などについてキーワードでつなげていきます。

たとえば趣味である「ゲーム」という言葉から「楽しい」「長時間プレイ」などの言葉を連想するのであれば、1つのことに集中できるという自分の性格が浮き彫りになります。

そこから、自分には「物事を最後までやり抜く」「少々の困難にも諦めない」といった長所があるとわかるわけです。

Xmindは無料で、パソコンだけでなくスマホアプリでも用意されているので気軽に試せるのもおすすめのポイントです。

16Personalities

16Personalitiesは無料・会員登録不要で利用できる性格診断テストです。

日本だけでなく世界的にも有名な性格診断テストで、これまでに延べ2億人の人が受けたというデータもあります。

設問は60問用意されていて、それぞれの設問に対して「同意する」から「同意しない」まで7段階で回答していきます。

テスト時間は12分以内という制限時間が設けられていることからもわかるように、あまり考え込まずに直感に頼ってテンポよく答えたほうが自分の性格を正しく反映させられるでしょう。

結果では建築家や論理学者、指揮官など16の性格タイプのいずれかに分類されます。

また、意識・エネルギー・気質・戦術・アイデンティティーという5つの要素での性格診断が行われ、自分が外交的な人間か、論理的な人間かといったことも知ることができます。

内定につながる自己分析の活かし方

就活をスタートさせるにあたって自己分析を行うには、目的を持って行うことが大切です。

内定につながるように人事が就活生の何を知りたいと思っているのか、内定を出すか否かにあたって何を判断材料にしているのかを理解し、自己分析を活用できるようにしなければなりません。

そのためにも、人事が就活生の何を見ているのかを理解しておきましょう。

人事は就活生の何を見る?

面接において人事は就活生の何をチェックしているのでしょうか。

ポイントとなるのは、自社が求める人物像にマッチしているかです。

自社が求める人物像か否かを判断する前提として、社会人としての基本が身についている人物か、常識的な人物か、礼儀やマナーができているかもチェックポイントになります。

採用する人材のすべてが、自社を代表する人物となるわけですから、最低限の素養と誠実な人柄がなくてはそもそもお話になりません。

そのうえで自社の社風に合いそうか、職場で浮いた存在にならないかなど、性格面や人柄もチェックされます。

さらに自社で活躍してくれるかを知るため、どんな努力をし、どんな行動が取れる人物かを知りたいと思っています。

人柄、性格

人柄や性格は基本的にはありのままを理解してもらうことが大切で、内定をもらいたいからと本当の自分とは違う人物を演じる必要はありません。

そんなことをしても面接でバレるか、入社後にミスマッチが生じてしまうだけです。

もっとも、ありのままの自分を表現する伝え方は工夫することが大切です。

たとえば、「おとなしくて消極的な性格です。」では人事は魅力を感じません。

そこで、「冷静に物事を判断し、慎重に行うタイプです。」と自分の性格の弱点を強調するのではなく、その性格を多角的に見て、良い面を引き出してアピールするのがオススメです。

また、性格や人柄を理解してもらうためのエピソードなども自己分析を通じて考えておきましょう。

何に注力をして、どんな行動ができるのか

これまでどんな経験を積み、どんなことをしてきたかを人事は知りたいと考えています。

これまでの取り組みから、何に注力をして、どんな行動ができるのか人物なのかを理解したいからです。

どんな点でモチベーションが高まり、どんな行動を取れるかは、入社後に業務を遂行するうえでも現れてきます。

自社の仕事のスタイルにマッチしているのか、既存の人材と連携しながら行動できる人物か、問題が生じたときに適切な対応ができそうかを見ています。

この点をアピールする材料としては、志望動機や自己PR、長所やガクチカなど、アピールできる項目がいくつもあります。

自己分析をしっかり行い、過去に取り組んだエピソードなどを振り返り、自分が何に注力してきて、どんな行動を取ってきたかを分析しましょう。

基本的な社会人マナー

社会人としての基本的なマナーが備わっているかも、自己分析を通じて今一度振り返ってみましょう。

アルバイトをしているから基本的なマナーが備わっていると思っていても、実は企業が求めるレベルには達していない方も少なくありません。

接客の仕事でもお客様との会話は最小限しかない、一緒に働いているのは同じ学生や同世代の若い人ばかりで、基本的にため口で話しているといった環境では、言葉遣いや行動も学生ノリの域を出ていない方もいるからです。

社会人として求められる基本的なマナーは何かをまずリサーチして理解し、それが自分に身についているかを自己分析を通じて確認しましょう。

まだ十分でないことがわかったら、面接までにしっかり身につけるようにしなくてはなりません。

自社の方向性と合うか

志望する企業の方向性と合うかは、一番の注目ポイントです。

いかに社会人のマナーがしっかりしており、人柄や性格も良く、行動力があったとしても、自社にマッチしない人材を採用しても、既存の人材と一緒に仕事に取り組んでいくことは難しい可能性があるからです。

また、自社の方向性と合わないと、いかに有能な人材であっても、ミスマッチを起こし、すぐに辞めてしまうリスクもあります。

内定を得たいと考えるなら、まずは志望する企業がどのような人物を求めているのか、どんな社風でどのような仕事の流儀なのかを研究しましょう。

そのうえで自己分析を通じて、自分と合うのかをチェックします。

基本的には自分と合う企業を探しだすことで、内定への道が開けます。

自己分析ツールを使用後の活用方法

様々な自己分析ツールがありますが、いざ使ってみたあとはどうすれば良いのでしょうか。

活用方法についてみていきましょう。

客観的な意見として利用する

自己分析が必要なのは、客観的な角度から見た自分を知るためです。

自分のことは一番自分がわかっているように思えても、多くの方が良いところしか気付けない、逆に悪いとことばかり見つけるなど、ポジティブな性格やネガティブな性格が反映されてしまうことも少なくありません。

もっと良いところがあるのに気付いていない、実は弱みがあるのに気付けないといった点を、自己分析ツールを使うことで客観的に知ることができます。

だからといって、それに従うのではなく、自分なりのポリシーや夢があるのであれば、それを前提に足りないところやこんな良いところがあったといった面を取り入れてみましょう。

自分以外の人に見てもらい、当てはまるもの、そうでないものを確認する

自己分析ツールもパーフェクトとは限りませんし、質問に答える際に答えを考えすぎてしまって、本当の自分の回答に行きついていない方もいるかもしれません。

なんとなく本来の自分と分析結果がズレていると感じた時には、家族や友人、バイト先の同僚など、あなたのことをよく知っている人に、分析結果が当てはまると思うか尋ねてみましょう。

当たっていると言われれば、あなたが気付いていなかったことが分析されていると判断できます。

さらに自己分析を深めるために、就活市場エージェントに相談する

自己分析ツールだけでは不安がある、なんとなく結果に納得がいかない、本当の自分が余計にわからなくなってしまったという方はプロのサポートを受けてみませんか。

自己分析ツールを使ったあと、どうやって就活に活かせば良いかわからないという方にも就活市場エージェントはオススメです。

専任のエージェントが一人ひとりマンツーマンで、就活の相談から内定獲得までサポートしてくれます。

自己分析にはじまり、どんな企業や職種が合っているか、エントリーシートの書き方や面接対策までしっかりとフォローできる体制が整っています。

自己分析をしてみたけれど、これが本当に自分の長所なのかわからない方、短所をどう書けば良いかわからない方、自己PRが書けずに悩んでいる方も、就活市場エージェントに相談してみましょう。

就活市場エージェントについては下記に詳しく記載してありますので、参考にしてみてください。

https://shukatsu-ichiba.com/agent/

追伸:自己分析をする際にオススメの就活サイト

自己分析を行うツールではないのですが、最後に就活市場が自己分析を行う際にオススメする就活メディアをご紹介いたします。

そのサイトとは「就活攻略論」という就活サイトです。

就活攻略論とは、大学在学中に内定を22社から獲得し、倍率800倍の大手食品業界に就職された藤井智也さんが運営されているメディアになります。

なぜ、この「就活攻略論」を自己分析をする際にオススメするのかといいますと、この藤井さんが就活を行っていた際、さらにその後に考えたノウハウを全て掲載されているからです。

さらに約600記事ある中で、自己分析に関する記事が人気記事ランキング1位ということだったので、実際に読んでみたところ就活の自己分析がこの記事を読み実践するだけでほとんど完成すると就活市場エージェントが考えたためオススメさせていただいております。

この記事の中で全てを紹介するのは少し大変なので…就活市場エージェントが読んでみて一番印象に残っていることをご紹介します。

それは、実際に藤井さんが自己分析を行っていたステップをご紹介しているところです。

自己分析の8ステップ

引用:就活攻略論

このようにかなり細かく自己分析のステップをご紹介しております。

性格の傾向

引用:就活攻略論

また、このように実際に藤井さんが自己分析をした際のデータなども全て公開されているため、あなた自身が自己分析を行う際の参考になるのではないかと思います。

スペースの都合上、少ししかご紹介できませんでしたが、ぜひあなたも就活市場と合わせて就活攻略論を見て自己分析を完了させてみてください。

自己分析ツールを使った後にするべきこと

pixta_34173882_M

いかがでしたか?

自己分析ツール毎にそれぞれ特徴がありますので、色々受検してみて結果を参考に活かすのもいいかもしれませんね。

自己分析ツールは客観的に自分を分析する際に役立ちます。
また、受検後は一度自分自身でも結果について整理整頓をし、説明会や選考の際に自分の言葉で話せるようにしましょう。

ツールの分析結果を誰かに見てもらって、第三者からフィードバックをもらうのも良いかもしれません。

自己分析が終わったら、実際にそれを自己PR志望動機などでどう話すのか考えましょう。
また、合同説明会などで色々な企業の話を聞き、自己分析の結果が正しいかどうかを判断することも必要です。

採用ホームページやニュースなどのメディアから、企業研究・業界研究をするのもお勧めです。

ここまで準備が出来ていれば、もうあなたの就活の軸は固まっているはず。
実際にエントリーや選考を受けて、場数を踏んでいきましょう。

あなたの未来を掴むまで、あともう少しですよ!

就活準備、順調ですか?
1人でわからない事はプロと2人で​。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ