自己分析の目的とは?自己分析から自分を見つめ、将来像を考えよう!

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

小宮梨花子
就活市場編集部
高橋 偉

日々、アウトドアの楽しさを追求している大学3年生!

 

中学から高校まではテニスに明け暮れる日々で県大会2位まで登り詰める、忍耐力があります。

 

大学生活では、ビジネスコンテスト・エンジニア・地域活性化プロジェクトと多様な経験を積み重ねてきました。

 

それらの経験や自分の日々の気付きを就活市場で発信していきます!

これから就職活動をスタートするために

pixta_51237231_M
6月を迎え大学3年生は、就職活動に向けて本格的に動き出しているかと思います。
また、これから動き出そうとしている学生も多いのではないでしょうか?

今まさに、「就活って何からすれば良いの?」「将来に向けて、そろそろ本格的に考えないといけない」などと感じているかと思います。

実際に僕自身も就職活動に対して不安を抱いていた時期もありました。
そこで今回は、主に「これから就職活動に向けて動き出そうとしている学生」に向けて提言します。
まずは実際の取り組みについて紹介します。

まずは自己分析から将来像を考えよう

pixta_43913342_M

就職活動をする上で欠かすことのできないのが「自己分析」です。

なぜ自己分析が欠かすことができないかと言うと、自分のことを知ることにより、働くことを自分ごととして捉えてもらいたいからです。

また、自己理解を深めることでこれから先の人生に対する軸を定めやすいからです。

「自己分析」というキーワードは耳にしたことがあるかと思います。
ですが、具体的に「何をどうやって?」と疑問に感じる学生もいるかもしれません。

そこで、「自己分析」に対して難しく考えずに、シンプルに考えるコツを述べていきます。

自分のやりたいこと

「自分のやりたいこと」とは、自分自身のためになることについて考えます。

  1. 海外で生活したい
  2. ワークライフバランスを大切にしたい
  3. 笑顔で暮らしたい

以上のことをあなたなりに数多くリストにして可視化します。可視化することで比較をすることもできますし、振り返りがしやすくなります。

「自分のやりたいこと」を考えることは楽しいですし、将来に対して希望を感じることができ、ワクワクしてくると思います。
そのため、自己分析の切り口として、とてもオススメです。

2.    誰かのためにできること

次に「誰かのためにできること」を考えます。これは過去の原体験に基づきながら考えると見つけやすくなります。

  1. 自分が手を差し伸べた人から「ありがとう」と言われた
  2. 自分の考えた企画に対して多くの人が楽しみ、喜んでくれた

以上のことを考えます。
そして、将来、どんな人にどんな価値を提供できるかをリストにして深堀りをしていきます。

初めは少し難しいかもしれないので、そのような時は「自分の理想像」を見つけると良いかもしれません。

実際に社会に出て活躍されている人で自分の理想となるを見つけることができれば、自分ごととして捉えやすくなるかと思います。

新潟記事  

以上の2点を考えて、「自分はなぜ、働くのか?」に対して応えることができれば、自己分析もスムーズに進むかと思います。

まずは将来や働くことに対して「楽しいイメージ」を持つことが就職活動のスタート段階では必要なことであり、そこから少しずつ深堀りしていけば、きっと就職活動のスタートダッシュは上手くいくと思います!

自分を見つめることの大切さ

pixta_40372850_M
「自己分析から自分の将来像を考えよう」では簡単な自己分析の方法を述べました。
次に自分を見つめることの大切さについて紹介します。

「自分を見つめることの大切さ」

普段、生活する上でしっかりと自分と向き合ったことがある学生は少ないかもしれません。

僕は高校時代からしっかりと自分と向き合い、自分のことを多面的に捉えていました。
僕自身、小さなことでも気にしやすく細やかな性格であったため、自分と向き合うことが苦手でした。

しかし、中学・高校時代に自己理解が深い方に出会ったことがきっかけで、毎日自分を見つめて、自己理解を深めるようになりました。

そのようなことを繰り返し行うと、自分の強みを数多く見つけることができ、普段の生活で応用できるようになりました。

また、弱い自分を受容してあげて、これからの伸び代に期待するようになりました。
これらのことを意識し、就職活動で悩んだ時やつまずいた時には一旦立ち止まり、自分と見つめ合い、振り返りを行っています。

自分を見つめて自己理解をしていくことで、困った時の拠り所を自分の中に作ることができるため、とてもオススメです。

おわりに

上記まで自己分析の方法や自分を見つめることの大切さを述べてきました。

これから就職活動をスタートさせようとする学生に少しでも役に立つことができれば、とても嬉しく思います。

まだまだ先は長いので、今できることを少しずつ積み重ねていき、将来の理想に向かって行動していきましょう!
働くことが楽しみと思えるきっかけ作りになれば幸いです。

就活準備、順調ですか?
1人でわからない事はプロと2人で​。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ