公務員との併願ってどんなところがいいの?公務員と併願するときに見るべき民間企業とは?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

こんにちは、就活市場編集部です。

公務員を目指していても、やっぱり不安で民間も受けておいたほうがいいんじゃないかとあなたも思っていませんか?
私の友人も国家公務員を目指していたが、民間も併願で受験していました。

ただ、実際に公務員志望の他の就活生はどんな業界の企業を併願先にしているのでしょうか?
今回は、公務員を目指している方が併願先としてよくある業界についてお話していきます。

民間との併願をする理由

民間との併願をする理由

まずは、公務員を目指していて併願をする方の理由をまずは見ていきましょう。

公務員に落ちたときのことを考えたリスクヘッジ

やはり、公務員を目指していても落ちてしまったときのことを考える人は多いです。

なので、落ちたときの不安を少しでも払拭するために民間も併願で受けて、内定だけ獲得しておこうと考える人が多いです。

民間と公務員どっちに就職するのか悩んでる

まだ民間と公務員どっちがいいか悩んでいるときも併願をします。
どっちにも良い面、悪い面があるので、実際に両方から内定をもらってから選ぶ人が多いです。

また、どちらか落ちたとしてもどちらかから内定が出ていれば就職浪人はしなくてよくなるため、やはりリスクヘッジとしても併願をすることは多々あります。

このように、民間と公務員を併願する理由はやはりリスクヘッジとして就職先は決めておきたいという理由が多いです。
あなたも公務員一本で就活をするのが怖いのであれば併願も選択肢として入れておくようにしましょう。

民間と公務員試験のスケジュール感

次に、公務員試験と民間を併願するにあたって、わかっておきたいスケジュール感の違いをご紹介していきます。

民間と公務員試験のスケジュール感

基本的に、民間のほうが選考が始めるのが早いです。
そのため、公務員試験の準備と並行して民間の準備もしなくてはいけなくなるため、スケジュール的にはかなりタイトになってきます。

また、私の友人は民間の最終面接と公務員試験の日時がかぶってしまい、仕方なく民間の最終選考は辞退することになりました。
せっかく最終選考まで進んだにもかかわらず辞退することになるのは、併願している意味がなくなってきてしまうため、予め選考のスケジュール感を把握しておくようにしましょう。

公務員志望がよく併願する民間企業とは?

公務員志望がよく併願する民間企業とは?

ここからは、民間を併願で受ける際によくでてくる業界を紹介していきます。

公務員を志望する方の多くは「安定」を求めている方が多いです。
そのため、併願先としても安定した業界を選ぶことが多いです。

ただ、実際に安定ってどういう意味になるのでしょうか?
ここから少し安定の意味を考えてみることにしました。
※ここが不要であれば、読み飛ばしてください。

安定ってなんだろう

実際に安定はどういう意味なのでしょうか?

就活生の多くは、有名な企業に就職することが安定だと思っています。
ただ、実際に有名企業に就職すれば安定かどうかは一概には言えません。

Dimond Onlineにはこのような記事が掲載されてました。

1990年代から2000年代のはじめ、名門の証券会社であった山一證券や、国内乳製品メーカーのトップだった雪印乳業が倒産、解体に陥った理由は、いずれも社会から信用を失ったからである。

最近問題になった、東芝の不正会計に続く債務超過問題も同社の社会的な信用を失墜させ、会社の屋台骨を揺るがしている。

台湾の有力企業、鴻海の軍門に降ることで生き残りの道を摸索しているシャープは、あくまで結果論ではあるが、過剰投資が経営の足を引っ張ってしまった。

名門三菱グループの一角であった三菱自動車は、2000年代に入ってからの度重なる不祥事とその対応の悪さが災いして、日産の傘下で再起を図ることになる。

海外に目をやれば、電力供給のイノベーションで世界的にも注目を集めたエンロンは、無軌道な経営陣の行動が内部告発によって暴かれ、存在が許されないほど信用が失墜し、あっという間にこの世から姿を消した。

優れた技術力や営業力を誇る企業であったとしても、長い歴史を持つ名門企業であったとしても、邪道や無道の経営に迷い込み、道を間違えてしまえば死に至るしかない。

引用:道を外れれば名門企業、大企業といえども倒産を免れない

このように、どんな有名な企業でも入社すれば安定ということは言えなくなってきました。

そうすると、安定とは実際にどういったものになるのでしょうか?

安定は企業に求めるのではなくあなた自身で掴み取るもの

今後は、安定は企業に求めるのでなくあなた自身で掴み取る必要があります。

有名な企業も上記のようにいつ倒産するかもわからない時代。
あなたのスキルを伸ばし、どの会社でもやっていけるような実力を身に着けておく必要があります。

終身雇用もなくなる時代に突入しているので、あなた自身のことはあなただけが守ることができるということを再認識しておきましょう。

それでは、ここからやっと併願する方に多い業界や職種をご紹介していきます。

地方金融業界

まずは、地方の金融機関です。
地方の金融機関を併願する方は、地方公務員を志望している場合が多いです。

地方の金融機関も地方公務員も「地域社会に貢献したい」と考える方が志望することが多いため、求めていることが似ていることが一番の理由です。

エンジニア職

エンジニア職も併願先として多くなってます。

「公務員とエンジニアって全然違うんじゃないの?」とあなたも思っているかも知れません。
ただ、公務員を志望していたが最終的にエンジニア職になった就活生は数多くいらっしゃいます。

なぜかと言うと、エンジニア職は安定に直結していくからです。
エンジニア職は自分自身のスキルで今後のキャリアが大きく変わってきます。

またエンジニアの人材不足もあり、未経験でエンジニアとして採用し育てていくような企業も増えてきております。
そのため、エンジニアとしてのハードルも下がってきており、未経験でもエンジニアになりやすくなってきております。

まとめ

公務員を志望しているがやっぱり不安だから民間も併願しておこうと考える人が増えてきてます。
ただ、実際にどんなところを併願先として選ぶかわからない方向けに、おすすめの業界や職種をご紹介しました。

あなたもリスクヘッジとして、ご紹介した業界や職種を併願先として見てみてください。

ただし、公務員試験はかなり難易度の高いものになってますので、スケジュールなどもしっかりと確認して併願するようにしましょう。

 
以上、公務員との併願ってどんなところがいいの?公務員と併願するときに見るべき民間企業とは?…でした。
内定が欲しい人以外は見ないでください
  • 就職活動の攻略本「就活ハウツー本」
  • 先輩の体験談も盛りだくさん「就活ストーリー」
  • 内定率は驚異の92%!「就活アドバイザー」
  • 5分で作れる「かんたん履歴書メーカー」
  • あッという間に内定GET「就活市場エントリー」
  • イベント参加で有利に就活「就活市場イベント」
  • あとで読み返したい記事は「お気に入り登録!」

今すぐ確認する!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ