内定をとりたい!インターンシップは内定率が高くて有利って本当?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

2019年卒限定 早期マッチングイベント
企業の現場で一定の期間中、実際に働くことができるインターンシップは、イメージだけで企業や仕事を選ぶことによる後悔をしないために、就職希望者にとっての就活における貴重な経験となるシステムです。そんな学生と企業のミスマッチを防ぐために企業が取り入れているインターンシップシステムは就職に有利であると言われています。そこで、インターンシップに参加するメリットを4つ紹介しながら内定に与える影響について解説します。

ポイント1:現場に入った者のみぞ知れる!?インターンシップで知れる企業情報!

就職活動で大切なことは情報です。質、量ともにどれだけ企業や仕事内容の情報を得ることができるかによって、就職活動での自己PRや志望する理由、就職への熱意のアピール内容のレベルを上げることが可能となります。情報を集める方法は誰でも気軽に利用できる書籍やインターネット以外にも、セミナーやイベントに参加したり、インターンシップに参加したりする方法があります。特にインターンシップでは実際に企業の仕事に触れ、社内で働く人たちと直に接することで、独自の情報を掴むチャンスを得ることもできます。また、その企業の情報のみではなく、場合によっては同業他社の情報を得ることができるケースもあり、就職活動中の人にとっては就職収集において通常の就職活動をしている人に比べて有利な立場に立つことも可能となります。

ポイント2:実際にやった人だから言える!志望動機が明確になるインターンシップ経験!

%e5%86%85%e5%ae%9a%e3%82%92%e3%81%a8%e3%82%8a%e3%81%9f%e3%81%84%ef%bc%81%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%83%e3%83%97%e3%81%af%e5%86%85%e5%ae%9a%e7%8e%87%e3%81%8c%e9%ab%98 就職活動の際に提出するエントリーシートや面接で必ずといっていいほど質問される項目が志望動機です。なぜ、この仕事をしたいのか、どうしてこの企業でなければいけないのかという点は、採用の判断の際に重要なポイントとなります。インターンシップ制度により、志望する企業の雰囲気を自分の目で見て感じ取り、実際の仕事を自ら体験することで、就職活動での志望動機に、明確な回答を出すことが可能となります。インターンシップ経験者は、どのような仕事を経験したことで、より志望する気持ちが固まったのかという大切なポイントをおさえて具体的に想いを話すことができるため、採用側に説得力を持って伝えることができ、有利になるといわれています。

ポイント3:失敗しても再チャレンジが可能なインターンシップ!

インターンシップに参加する場合には、多くの場合、エントリーをして選考を通り採用されることが必要です。一般的には書類選考や面接などで採用が決められます。通常の就職活動ではエントリーシートの提出は一回、面接も一度落ちたら終了となることが一般的です。しかし、一般の応募の前にインターンシップの応募を受けておくことで、その会社の採用試験を先んじて一回多く受けることができるようになります。一般の就職選考の際に、事前の経験をもってチャレンジすることができるようになる上、その企業の面接の雰囲気を事前に掴むこともできるのです。このためインターンシップ制度の応募者は一発本番ではない分、気持ち的にも余裕をもって選考に臨むことが可能となり、その分、有利となります。

ポイント4:特別応募枠やお誘いもある!?内定に有利な大きなチャンス!

%e5%86%85%e5%ae%9a%e3%82%92%e3%81%a8%e3%82%8a%e3%81%9f%e3%81%84%ef%bc%81%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%83%e3%83%97%e3%81%af%e5%86%85%e5%ae%9a%e7%8e%87%e3%81%8c%e9%ab%98 インターンに参加して現場で働くことは就職希望者側にとって貴重なチャンスとなりますが、企業側にとっても就職希望者の仕事ぶりや内面的な部分をしっかりと見極めることができる良い機会となります。実際に働く様子を見て人柄や仕事ぶりから、ぜひ入社してほしいと思われるケースもあります。そのような場合には個人的に応募への積極的な誘いがあったり、特別な枠で採用試験を受けることができたりする場合もあります。個人的に声がかからなくてもインターン参加者のみが受けることができる早期の選考応募に参加できるケースもあります。逆にインターンの参加中にやる気のなさや仕事への不適合ぶりを見せてしまうと不利になることもありますが、熱意と真面目さで積極的に仕事へチャレンジする姿を見せることができれば、インターンシップ制度に参加することは内定に有利な状況となることでしょう。

チャンスを逃すな!インターンシップに参加して内定率アップを狙おう!

通常の場合にはエントリーシートや面接の短文、短時間での自己アピールしかできないところをインターン期間をすべて利用し自分をアピールすることができるインターンシップは通常よりチャンスが増える有利な制度です。希望する企業で募集を行っている場合には積極的に応募してみると良いでしょう。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!