職業概要「司法書士」編。なり方や収入を解説

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

職業概要「司法書士」編。なり方や収入を解説

なりたい仕事の就き方をピンポイントで紹介する「職業概要」シリーズですが、今回は数ある職業の中でも司法書士という職業についてご紹介します。

公認会計士や税理士など、似たような響きの仕事も多い司法書士ですが、この記事の中では司法書士の業務内容や、なり方といった部分は勿論、収入面についても触れていきたいと思います。

卒業後は司法書士として働いていきたいと考えている方は、是非参考にしてみてください。

司法書士とは

judge_1587300_1920

そもそも司法書士とはどのような仕事なのかということを、最初にご紹介していきます。

司法書士とは司法、つまりは法律のエキスパートです。

登記関連の業務や各種司法関連の提出書類の作成などを行います。

提出先は裁判所や検察庁、法務局など幅広く、まさしく法のエキスパートといえる仕事です。

また、その職務内容は法務関連の書類作成や提出だけではありません。

法務大臣から認可されている司法書士は、簡易裁判所における民事訴訟などで、当事者を代理する権限を持っています。

ここまでくると、弁護士と司法書士の違いについて混乱が生じてしまいそうですが、そこは難しく考える必要はありません。

端的にいえば、弁護士は司法書士とは違い、法務業務全てを担当することができます。

対して司法書士は、民事訴訟など、その権限が限定的なものとなります。

弁護士がいるのにも関わらず、司法書士に限定的な権限を与える背景としては、弁護士不足が原因だとされています。

登記業務

job_seekers_1373227_1920

司法書士の仕事の多くは登記関連にあります。

民事裁判への参加などの裁判業務以外に、不動産登記や商業登記といったことが主な仕事として挙げられます。

この他にも仕事の幅は広く、多重債務の相談といった、金融関連の相談事業も司法書士が行なっている場合が多くあります。

昨今よく耳にする「過払い金問題」の解決も、司法書士が力を入れている事業ということです。

これらの業務は平日に行うケースが大半で、司法書士の多くは土日休みとなっています。

そのため、業務内容は特殊かもしれませんが、勤務形態や休みの頻度に関してはサラリーマンとそれほど違いはありません。

司法書士として働くには

meeting_265849_1920

業務内容がわかったところで、次に気になるのは司法書士として働くための方法です。

司法書士になるためには、毎年1度実施されている、司法書士国家試験に合格する必要があります。

正確には合格するだけではなく、その後に研修を受講し、司法書士名簿に登録する必要があります。

この司法書士国家試験の難易度は非常に高く、合格率も3%程といわれています。

税理士などと同様、独学で試験を突破することは難しいため、受験者の大半は資格スクールなどに通いながら勉強をしています。

男性の方が合格割合は高く、女性は3割程とされています。

平均合格年齢は31歳〜33歳と比較的遅く、その難しさがうかがえます。

持っていると非常に役立つ国家資格の一つであるため、受験者数も非常に多いのですが、狭き門となっています。

司法書士国家試験の受験資格

income_tax_491626_1920

人気資格である司法士資格ですが、受験資格が気になるところです。

厳しい条件が設けられていたら、せっかく目指そうと思っても諦めるしかない場合もありますよね。

しかし司法書士の場合には、明確な受験条件や制限は存在しません。

つまり、やる気さえあれば誰でも司法書士国家試験を受けることができるのです。

合格率は非常に低いですから、志半ばで諦めてしまうという人もいるかもしれませんが、本気で目指すのであれば、その価値は十分にある資格だといえるでしょう。

司法書士を目指すならば法学部

justice_1509436_1920

現在高校などに通っていて、将来的には司法書士を目指しているという方は、大学の法学部に進学することを強くオススメします。

法学部でなくとも司法書士試験の受験資格はありますが、法学部であれば、司法に関する様々なことを学ぶことができます。

大学で司法書士の知識を身に付けつつ、資格スクールなどに通えば、平均年齢よりも若くして司法書士試験に合格するのも、決して夢ではないでしょう。

司法書士の年収

money_2180330_1920

難関資格である司法書士ですが、一体どれくらい稼ぐことができるのでしょう。

お金が全てではありませんが、できれば苦労に見合った報酬をもらいたいですよね。

司法書士として働きだした後、どのような場所に勤務するかで司法書士の年収は変わってきます。

司法書士事務所に、勤務司法書士として入った場合、年収は300〜400万円程度とされています。

勤続年数に応じて収入が上がるとはいえ、難易度に見合った報酬かといわれると、少し微妙なところですよね。

ただし、事務所を開業して顧客を大量に獲得した場合には、数千万円単位で稼げるともいわれています。

当然顧客を集めるためには信頼が必要ですから、そのためにはいきなり開業するのではなく、事務所などで経験を積むのがオススメです。

事務所を通して人脈を築くこともできるので、開業してからの取引先も確保しやすいですしね。

そういった手順を踏まずにいきなり開業をした場合、余程営業力がない限りは、軌道に乗せるのは難しいかもしれません。

開業司法書士の場合、登記などが主な業務になりますが、それらの業務は高くても一件数万円ほどといわれています。

この数字を多いと見るか少ないと見るかは人それぞれですが、稼げる司法書士になるためには、戦略性が重要になりそうです。

終わりに

savings_2789112_1920

成功することができれば、高額所得も夢ではない司法書士。

その魅力が十分におわかりいただけたのではないでしょうか。

ただし合格直後や、開業直後は苦しい生活を強いられる可能性も十分に考えられます。

一生使える資格だからこそ、取得しておいて損はありませんが、司法書士として生計を立てていくのであれば、計画性が重要になりそうですね。

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「就活情報」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ