職業概要「行政書士」編。なり方や収入を解説

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

職業概要「行政書士」編。なり方や収入を解説

売り手市場とはいえ、まだまだ就職難に喘ぐ人も大勢いる昨今、資格職は注目を集めています。

学歴や経歴に不安があっても、資格を持っていることで就職を乗り切ることができたという例は沢山あります。

今回はそんな資格職の一つ、行政書士についてご紹介していきます。

あまり耳慣れない職業かもしれませんが、行政書士とはどのような資格で、どれくらい稼げるのかを、徹底的に調べてみました。

行政書士とは

writing_1149962_1920

行政書士とは、法律関係を始めとした、様々な書類を作成し、提出する仕事です。

法律に関連する業務が多く、権利義務に関する書類や、事実証明に関する書類の作成、相談業務なども行います。

大まかに分けると、暮らしに関連する仕事と、ビジネスに関する仕事が存在するということを覚えておきましょう。

暮らしに関連する仕事

PAK85_kokkaisyoumenmidori20140905_TP_V

遺言や相続関連の業務

遺産相続における分割協議書などの作成を行います。

場合によっては、相続する財産がどれくらいあるかという調査も行うことになるでしょう。

国籍の取得

日本国籍を取りたいと考えている人の帰化申請手続きなどを行います。

各種契約書

交通事故が起こった場合の手続きや、建物や土地の賃貸借に関する契約書の作成を行います。

内容証明

債権債務問題など、金銭のやり取りが発生する事態において、内容証明書などの作成業務を行います。

 

ビジネスに関連する仕事

就活ルールの変更の影響は?

法人関連手続き

法人や非営利団体を設立する場合の手続きや支援などを行います。

外国人雇用関連手続き

外国人を雇おうと思った場合、入国管理局に申請手続きなどを行うことになりますが、これらは申請取次行政書士の仕事となります。

許認可申請

化粧品や飲食店、輸入販売業等には特別な許認可が必要となりますが、これらの手続き代行は行政書士の仕事となります。

知的財産関連の手続き

文化庁に知的財産関連の登録申請を行う場合、行政書士の出番となります。

上記のように、行政書士が行う手続きの範囲は非常に広いものとなります。

このことから「代書屋」と呼ばれることもあり、幅広い業界から需要があります。

仮に行政書士として働くためには、これらの知識を身に付けていかなければいけないわけですが、ある程度顧客を絞っている場合には、その分野に特化して知識を掘り下げた方が良いでしょう。

医者が脳や心臓、内科などとそれぞれの分野に特化しているように、行政書士にも広く浅い知識ではなく、狭く深い知識を求める人が多いのかもしれません。

行政書士は資格職

smart_725843_1920

冒頭でも述べた通り、行政書士は資格職です。行政書士として働くためには、行政書士国家試験を受験して、合格する必要があります。

ただし合格率は低く、10%前後が例年の平均値です。

このレベルの資格を独学で合格することは非常に難しいため、多くの人は資格スクールなどを活用しながら勉強をするのが常套手段となっています。

優秀な人であれば一年以内に知識を身に付けることもできるかもしれませんが、確実に合格を目指すのであれば、一年以上は見積もった方が良いでしょう。

試験は毎年一回、11月に行われているので、詳しいことは行政書士試験研究センターなどに問い合わせてみてください。

学生の方は在学中の合格などを目標にしてみても良いでしょう。

合格者は毎年5000人前後で、女性の受験者がここ最近は増加傾向にあるようです。

行政書士全体で見た場合には、9割が男性なので、まだまだ女性の少ない業界ですが、着実に女性行政書士の人数も増えています。

行政書士を目指しやすい進路

man_2706901_1920

行政書士は幅広い分野の学部から排出されており、この学部に入った方が良いという、特定の進路はありません。

ただ、試験は法学分野が中心となるので、法学部に入っておけば多少は有利になるかもしれません。

最終的に資格スクールなどに通うことになるのであれば、そこまで大学選びや進路選びに悩む必要はないので、多少有利になるという程度の認識で問題ありません。

行政書士の就職先

arrows_2029158_1920

行政書士はどのような分野を専門とするかで、勤務地も大きく異なります。

仕事の形態としては、一つの書類に対して○円、という計算方式で業務を行います。

そのため、行政書士として働くのであれば法人など、書類を頻繁に扱う組織を顧客として獲得した方が稼げるでしょう。

ただ、行政書士の需要は他の国家資格に比べて低く、就職が難しいとされています。

せっかく行政書士の資格を取得しても、一般企業でサラリーマンとして働く人も多く、資格を腐らせることも珍しくありません。

知識としては役立つことが多いですし、無駄ではありませんが、税理士や司法書士と比べると、今ひとつ輝けない資格かもしれません。

行政書士の年収

money_2180330_1920

行政書士として働いた場合、年収は300万円に満たない程度といわれています。

一般のサラリーマンと同等か、それ以下なので経済的には少し厳しいかもしれません。

最終的には営業力がものをいう業界なので、太い顧客を多く獲得することができれば、この数字を増やすことも可能でしょう。

割合は非常に少ないですが、1000万を超える年収を稼いでいる行政書士もいるので、営業力に自信があるのならば、目指してみるのも良いかもしれません。

また、何年か社会人経験を積み、法人の人脈を築いた後で独立すれば、行政書士として働く上で良いスタートを切れるのではないでしょうか。

終わりに

home_2112652_1920

行政書士に興味を抱いている人も、今まで行政書士という仕事を知らなかったという人も、この記事をご覧いただいたことで、一通りのことは理解いただけたかと思います。

行政書士は国家資格ですから、持っていることで役に立つ場面が出てくるかもしれません。

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「就活情報」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ