貯金は絶望的?20代の平均年収はどれくらい?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

貯金は絶望的?20代の平均年収はどれくらい?

新卒者として社会に出てから気になるのは、やはりお金のことだと思います。

どれくらい給料が貰えるのか、ボーナスは出るのか。

そして貯金はどれくらいすることができるのか、疑問は尽きないことでしょう。

今回は20代という括りで年収を中心に考え、どれくらい貯金ができるかということを考察していきます。

20代の年収は250万〜350万

money_2696238_1920

国税庁が毎年調査している「民間給与実態統計調査」によると、20代の年収は、20代前半でおよそ250万円、後半で350万円程という結果が出ています。

この金額は手当などの非課税分を除いた金額で、所得控除前の金額であるということに注意しなければいけません。

つまり、実際に労働者が受け取っている手取りではなく、総支給額ということになります。

ちなみに20代全体で見た際の平均年収は296万円だそうです。

20代の場合は企業規模や仕事の形態、役職などにもよって給与に差が出やすいので、他の年代に比べて20代前半と後半で大きく差が出ています。

また、学歴という要素も非常に大きいとされています。

高卒で社会人になった人の場合、大卒で社会人になった人と比較して、およそ30万円も年収額に差が出るそうです。

男女の間で年収格差がある

boy_1822631_1920

20代という括りだけではなく、男女という分け方でも年収を見ると、大きな格差があることがわかります。

  • 20代前半男性の年収は260万円
  • 20代前半女性の年収は230万円
  • 20代後半男性の年収は380万円
  • 20代後半女性の年収は300万円

上記のような結果となっています。つまり20代前半では、30万円、後半では80万円もの年収格差が生まれているのです。

この結果の原因は、女性の非正規雇用者の多さが関係しているといわれています。

男性に比べて女性の非正規雇用者割合は多く、このことが平均年収の差を生んでいるといわれています。

また、正規、非正規に限らず、比較的賃金の低い事務職に就く割合が女性の方が多く、このことも大きく関係していると考えられます。

ただし企業としても女性の正規雇用に力を入れる傾向が強まっているので、今後数年でこの数字にも変化が生まれることが期待されています。

女性のキャリアアップが進む昨今、男性社員の理解力や柔軟性が求められるのかもしれません。

生活環境次第では貯金も可能

piggy_bank_970340_1920

ここまでの結果を踏まえると、20代でも決して貯金ができないということはない、ということがおわかりいただけたと思います。

残念ながら昔に比べて所得は減少傾向にあり、若者の立場は厳しいものとなっています。

昔の世代と比べれば海外旅行にも行きにくくなりましたし、車や家を買える人も減ったでしょう。

しかしその中でも、毎月決まった額を必ず、少額でも良いから貯金すると決めていけば、少しずつお金は貯まっていくはずです。

転職を検討するなら、昇給率が重要

graph_163712_1280

現状の職場では貯金が難しい、またはもっと貯金額を増やしたいという人は転職を視野に入れるのも良いでしょう。

その際に重要なのは、昇給率です。例えば、30歳で転職した場合、最初の手取り額が25万円のA社と、30万円のB社があったとします。

一見B社の方が魅力的ですが、将来的な昇給率で、40歳時点のA社が40万円、B社が31万円だったとしたらどうでしょう。

これは極端な例ですが、絶対にA社の方が得になります。

このように、昇給率は非常に重要な要素となるので、必ず確認するようにしましょう。

既存社員でのモデルケースなどを教えてもらうことができたり、ネットで調べられたりするので、案外簡単に知ることができます。

この他にも福利厚生や残業代や成果報酬の有無、ボーナスなどの要素もあるので、純粋な給料に惑わされないようにすることが大切です。

中小企業と大企業は、将来的に差が付く

ireland_202397_1920

大企業の方が中小企業と比較して賃金が高いのは、何となく想像できると思います。

ですが20代の時点ではその差は1割程度といわれています。

この落とし穴に引っかかって「中小企業だけど大企業とそこまで変わらない賃金だ!」と入社してしまう人がいますが、ここでも将来性が重要です。

20代では1割の給料差も、50代では4割に差が広がります。将来的には家族なども増えることを考えると、就活の段階から先を見越した考え方をする方が良いでしょう。

終わりに

red_2312548_1920

20代の平均年収といっても、最終学歴や勤めている企業、役職や環境などによって全く異なる結果が出てしまいます。

上手に貯金をするためには職場選びや給与といった要素も重要ですが、いかにプライベートで節約して、効率的にお金を貯めるかといった部分が重要になってきます。

特に一人暮らしなどをしたことがないという人は、自炊や節約術を、早い段階で覚えておいた方が良いかもしれません。

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「就活情報」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ