正社員と派遣社員。それぞれのメリットとデメリット、向き不向きは?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

正社員と派遣社員。それぞれのメリットとデメリット、向き不向きは?

世の中には、正社員以外の働き方も沢山存在します。

自営業や契約社員、アルバイトや起業、そして派遣社員もその中の一つです。

今回は派遣社員について書いていくのですが、正社員と比較した際のメリットやデメリット。

派遣に向いている人の特徴などをご紹介していきます。

派遣という働き方がよくわからないという人や、漠然と興味を抱いているという方は、この記事を参考にしてみてください。

派遣社員のメリットは自由の多さ

ocean_2203720_1920

派遣社員最大のメリットは、自由の多さでしょう。

正社員の場合は年間休日が決まっており、業務時間も一律です。

それ以外に休みを取ろうと思ったら、有給申請を行わなければいけないので、纏まった休みを取れる時期が限られています。

当然他の企業で働いている正社員が休みを取る時期とも重なりやすいので、旅行に出る際にはお金もかかりますし、帰宅ラッシュなどにも巻き込まれやすくなります。

対して派遣社員の場合は、休みをある程度調整することができるので、閑散期に出かけることが可能です。

勤務時間も正社員と比較して短くすることができるので、趣味や勉強の時間を確保することもできるでしょう。

精神的な自由の高さも大きいといえます。正社員は昇進を重ねることで重圧や責任感というものが増します。

仕事量が増えれば休日出勤をしなければいけないこともあるでしょう。

派遣社員にはそういったものがないので、精神的な負担は少ないですし、休みの日には休むことを考えられます。

突然遠方への転勤が言い渡されることもないので、腰を据えて働けるのも魅力です。

デメリットは不安定さ

jenga_1941500_1920

次に派遣社員のデメリットです。

最大のデメリットは、経済的な不安定さでしょう。

正社員の場合、問題を起こして解雇されたり、自ら退職、辞職をしたりすることはあるかもしれませんが、そういったことがなければ安定して同じ職場で働くことができます。

昇進に合わせて責任は増しますが、それに付随して給料も上がるので、経済的にも安定します。

ですが派遣社員の場合はその両方がないので、キャリアアップというものがありません。

当然車や家のローンを組む際の審査は厳しくなりますし、経済的にそういったものを購入するのも難しくなりがちです。

また、単純な経済面以外でも、福利厚生といった問題があります。

正社員には住宅手当や交通費をはじめとした、様々な福利厚生がありますが、派遣社員の場合にはそういったものがありません。

社会保険は保障されますが、それ以外の部分では社会的に弱い立場となるでしょう。

派遣社員に向いている人の特徴

laptop_2443743_1920

次に、派遣社員に向いている人の特徴を見ていきます。

限られた業務に集中したい人

正社員とは違い、決められた時間の中で決められた業務を集中して遂行したいという要望を叶えることができます。

限定的なスキルや資格を極めたい人

局所的な業務に割り振られることが多いので、一つの専門分野を極められる可能性が高くなります。

その専門分野の需要が高ければ、正社員へのキャリアチェンジなども考えることができるので、替えの利かない人材になることができるでしょう。

定期的に職場を変えたい人

正社員のように長い間同じ職場で働くのではなく、定期的に人間関係をリセットしたいという方には、派遣社員は向いているでしょう。

仕事以外の時間に力を入れたい人

趣味や勉強など、プライベートで力を入れていることがあるという人には、派遣社員という働き方は合っているかもしれません。

正社員としての適性が高い人

angry_3233158_1920

では正社員としての適性が高い人にはどのような特徴があるのでしょうか。

キャリアアップがしたい人

着実にステップアップをして、その組織の中で立場を上げていきたいという人には正社員が向いています。

組織の一員として働きたい人

安定を重視し、組織という集合体の中で働くことで力を発揮できるという人には、正社員というのは理想的な働き方でしょう。

一つの職場で長く勤めたい人

固定された人間関係の中で信頼関係を築き、チームワークを発揮したいという人には、正社員の働き方は魅力的でしょう。ただし、転勤などがある職種の場合はこの限りではないので、注意が必要です。

安定を大事にしたい人

総合的な安定感を重視したいのであれば、やはり正社員という選択肢が最も合っているでしょう。働き方、社会的信用、福利厚生など、安定という観点では契約社員と比べ物になりません。

正社員は派遣社員よりも給料が低い?

money_2724248_1920

たまに聞く噂で、正社員は派遣社員よりも給料が低いというものがあります。

この噂はある意味その通りで、ある意味では間違っています。

正社員という働き方は基本的に月給制がベースとなります。

対して派遣社員は時給制の働き方をします。

そのため、派遣社員は長く働くほど給料が上がっていくのです。

正社員の場合も残業手当などはありますが、流動的に動く賃金には限りがあります。

ですから、派遣から正社員になった人などは「給料が下がってしまった」と感じることがあるのです。

しかし実際には、賞与やボーナスがあったり、福利厚生があったりするので、年収で見ると正社員の方が多く稼いでいる場合が多いです。

また、長く働くほど基本給も上がっていくので、生涯賃金で計算すると、結局正社員の方が多く稼いでいる、というケースが大半です。

目先の賃金で考えるのではなく、時間外労働の額やボーナス、長いスパンで見た際の金額で判断するようにしましょう。

終わりに

time_is_money_3344165_1920

派遣社員、正社員、それぞれのメリットやデメリット、適性などについて今回はご紹介しました。

どちらが正しい、優れているという話ではなく、双方に長所と短所があるということがおわかりいただけたと思います。

大学を出たら正社員として働くというのがまだまだ一般的ではありますが、仕事や働き方、プライベートに対して強い思いがある場合には、必ずしもそれが正解とは限りません。

環境などに応じて、柔軟に選択するようにしましょう。

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「就活情報」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ