梅雨の時期の面接も安心。雨天の際の就活雨対策

はじめに

就職活動で心配なことの一つには雨天があります。

レインコートや雨傘など、晴れの日には持たないような持ち物も増えることになる雨の日は、失敗が多くなりがちです。

「面接室に入ったら傘はどうすれば良いのだろうか」「そもそも傘は面接室に持ってきて良いのだろうか」など、不安は尽きません。

雨天でも失敗をしないで済むように、傘の取り回しなど、就活知識をしっかりと身に付けておきましょう。

傘を持ってきた場合

先ず、折りたたみ傘ではなく、通常の長さの傘を持ってきた場合、どのように扱えば良いのかを考えていきます。

傘立て、または傘袋が用意されていたら利用する

雨天の場合、大抵の企業は傘立てや傘袋などを用意しています。

それらを見つけたら、積極的に活用するようにしましょう。

鍵付きの傘立てなどに傘を預けられる場合には、それ以降の取り回しを気にしなくて済みます。

傘袋を利用した場合、中の水が溢れないようにする

傘袋に入れて傘を持ち歩いた場合でも、中の水が溢れないように注意する必要があります。

雨の強い日には傘袋に入れる以前に、簡単にタオルなどで拭いておくのがオススメです。

面接室では鞄の横に置いておく

面接室では傘は鞄の横に、平行になるようにして置くようにしましょう。

椅子に立てかけたり、椅子の下に入れたりはしないようにしてください。

傘の先端は面接官に向けない

傘の先端を面接官に向けるのは失礼にあたります。

椅子の横に置く際には、持ち手が面接官の方を向くように置いてください。

面接日が雨だと事前にわかった場合

面接日が事前に雨だと把握していた場合、前日や、当日に講じることのできる対策がいくつかあります。

公共交通機関の混乱を見越して早めに出るなどの対策は、そのうちの一つです。

他にも、身体や服が濡れたときのために、タオルや予備の靴下を持っておくと安心でしょう。

女性の場合はストッキングを持つことになりますが、忘れた場合でもコンビニなどで比較的安く手に入れることができます。

どうしても時間がない場合を除いて、可能な限り濡れた靴下やストッキングは変えるようにしましょう。

また、履歴書やエントリーシートなどの重要な書類は、濡れないようにクリアファイルに仕舞いましょう。

雨の日はいつも以上に余裕を持つ

当たり前のことですが、雨の日はいつも以上に余裕を持って行動することを心がけましょう。

面接前にトイレなどに行き、髪型を見直したり、スーツを拭いたりする余裕は欲しいものです。

雨の日でも服装や髪型が綺麗なままであれば、好印象を与えられるはずです。

豪雨の場合にはタクシー利用も

雨が強い日や、会社と駅が離れている企業の場合には、タクシーを利用するのもオススメです。

当然電車やバスと比べたらお金はかかってしまいますが、その分確実に到着することができます。

一時的な出費と内定を秤に掛けるのはナンセンスですから、強い雨の日や電車の遅延が起こった際には、思い切ってタクシーに切り替えましょう。

面接日が雨だと事前にわかった場合

面接日の天気予報を確認しておくことは基本ですが、雨予報の場合はいろいろな準備が必要です。

雨でもスムーズに面接を終えられるように、準備しておくべき雨対策について見ていきましょう。

タオルは必ず持参する

晴れの日であればハンカチでかまいませんが、雨であればタオルが必要です。

タオルはハンカチよりも吸収性に優れており、濡れてしまった身体や服の水分をすばやく拭き取ることができます。

傘をさしていても、斜めに吹き込んでくる雨の場合は服やかばんが濡れてしまうものです。

濡れた状態で面接会場に入るのは失礼ですし、自分自身も不快なはずです。

あまり大きすぎるタオルは持ち運びが大変なので、かばんに入れやすいサイズのものを準備しておきましょう。

また濡れた部分を拭いたあとのタオルをそのままかばんに入れると、かばんの中の荷物が濡れてしまいます。

雨の日にはビニール袋も持参すれば役に立つシーンが多いです。

濡れタオルもビニール袋に入れて持ち歩けば安心ですし、折り畳み傘を仕舞う際にもビニール袋が活躍します。

ビニール袋は2枚ほど持っておきましょう。

履歴書などの書類はクリアファイルを使用する

履歴書を郵送ではなく面接日に持参の場合、雨で湿ってしまっては大変です。

履歴書以外にも、会社に提出する書類やパンフレットなどもあるかもしれません。

紙類は水分を含みやすいですし、印刷物は字が滲む可能性もあります。

大切な書類を雨から守るためにぜひとも活用したいのが、クリアファイルです。

クリアファイルは薄くて軽いので、持ち運びもストレスになりません。

透明のクリアファイルであれば中に挟んだ書類も見えやすいです。

濡れないだけでなく、クリアファイルを使用することで書類のシワを防ぐこともできます。

靴下、ストッキングなど濡れる可能性があるものは予備を持っていく

傘をさしていても足元は濡れてしまいます。

面接会場の中には、靴を脱いでスリッパで歩かなければいけない場合もあるでしょう。

そんなときに、びしょ濡れの靴下やストッキングでは困ります。

さらに濡れたストッキングは、靴擦れの原因にもなるので要注意です。

雨の予報であれば、替えの靴下やストッキングを持参すれば安心です。

交通機関を利用する場合は、スーツが濡れないように注意する

電車やバスを利用して会場に行く際は、傘からの水滴や濡れたかばんなどで周りの人に迷惑をかけないように気を付けましょう。

同時に自分自身のスーツやかばんも濡れないように注意したいものです。

特に満員電車に乗る場合はマナーを守り、かっぱを羽織るなど雨避け対策を考えたいものです。

また最近は靴やジャケット用の防水・撥水スプレーも販売されています。

革靴に使えるタイプもあるので、うまく利用すれば雨の影響を最小限に抑えることができます。

雨で髪型やメイクが乱れた場合のことも考えておく

髪の毛が雨で濡れてしまうと、乾くのに時間がかかります。

メイクも落ちて乱れてしまう可能性があるでしょう。

身だしなみが整っていなければ、面接に集中できません。

ボサボサの髪の毛では面接官に悪い印象を与えてしまいます。

雨の日は、整髪剤を持っていけばトイレで整えることができます。

メイクに関しても、涙や水分に強い落ちにくいメイク用品を使用するなど工夫しましょう。

ロングヘアの人は、髪の毛を束ねているほうが濡れにくくなります。

長靴での就職活動

靴下を変えられても、革靴が濡れてしまっていてはあまり意味がありません。

そこでオススメなのが、長靴で企業に向かうという方法です。

最近ではスーツに合わせやすい長靴なども販売されていますし、自然に履けるものが簡単に手に入ります。

ただし長靴のまま面接に臨むのは絶対に避けてください。

いくらスーツに合っているとはいえ、やはり不自然ですし、採用担当者によっては悪印象を与えてしまいます。

長靴で面接会場に向かった場合には、最寄りの駅や近くのお店、トイレなどで革靴に履き替えるようにしましょう。

また、可能であれば脱いだ後の長靴も企業には持ち込まず、どこかに置いておくのが好ましいでしょう。

駅のコインロッカーの場所や数、料金などを事前に調べておくと、当日になってから慌てないで済みます。

就活中にオススメする折り畳み傘

持ち運び便利で使いやすい折り畳み傘も増えてきました。

そんな中で就活生にオススメの傘を紹介します。

たとえ面接が雨であっても、こうした折り畳み傘があれば支障なく面接に挑むことができるに違いありません。

お気に入りの折り畳み傘を見つけて、雨の日の就活も快適に行いたいものです。

groveダイアゴナルストライプ折り畳み傘

雨傘としても日傘としても使える便利でおしゃれな折り畳み傘です。

ブラックとネイビーの2色展開で、派手すぎないボーダー柄が就活生にも人気です。

雨の日でも快適におしゃれな傘で就活したい人にオススメです。

落ち着いたデザインなので、男女ともに使えます。

値段も2100円と学生でも負担なく購入できそうです。

機能性にも富んだ折り畳み傘です。

ハスハイマウント自動開閉折り畳み傘

折り畳み傘の中でも大きめサイズなので、濡れにくいというメリットがあります。

特に大柄な男性にとっては、非常に役に立つのではないでしょうか。

またこの折り畳み傘の大きな特徴として、開閉が自動である点が挙げられます。

就職活動では大切な書類を入れたかばんを持ち歩かなければなりません。

そのほか、水筒や文房具などもいりますし、雨なら尚のこと荷物は多くなりがちです。

自動開閉式の折り畳み傘であれば、荷物を持ったままで楽に開閉できます。

撥水加工もあり、大雨の日でも安心です。

デザインはチェック柄ですが、落ち着いた目立たないチェックなので面接時にも差し支えなく使えます。

終わりに

雨の日の就活でも、今回ご紹介した内容を踏まえておけば安心だと思います。

また、雨の日にはレインコートを使うという人もいますが、レインコートは畳む際に水が飛んだり、鞄を圧迫したりするので、極力避けた方が良いでしょう。

やむを得ない場合を除いて、傘や長靴、濡れない交通手段などを使って移動するようにしましょう。

自己分析から面接対策、入社準備まで、
1人1人に合ったアドバイスを​。​​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ