爪のオシャレは就活ではNG?就活面接でのネイル事情

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

爪のオシャレは就活ではNG?就活面接でのネイル事情

爪のオシャレを楽しみとしている女性は大勢います。

また、就職活動においても、綺麗な爪にしておくことで清潔感をアピールしようと考えている就活生の方もいると思います。

しかしマニキュアやジェルネイルとなると少し話が変わってきます。

今回は就職活動における爪のマナーについてご紹介していきます。

面接の際にはネイルを落とす

nail_polish_remover_3728092_1920

基本的には面接の際にはネイルを落としておくのが好ましいです。

オシャレをしたい気持ちもわかりますが、面接というのは当然ビジネスの場です。

その場に相応しくない格好は避けるのが無難なのです。

また、一部の業界ではビジネスがどうという話以前に、そもそも業界でネイルを禁止しているという場合があります。

代表的なものでは医療系分野がこれに当てはまります。

医療現場では清潔感が重視されるので、ピアスやネックレスなども禁止しているところもあり、マニキュアやジェルネイルなどは言語道断です。

この他にも同じように清潔感を重視する飲食や、かっちりとしたイメージを重んじる金融、公務員系も禁止している場合が多いです。

公務員などでは、勤務後のネイルはOKにしているところもありますが、面接の段階では絶対に自爪で臨むようにしてください。

ネイルを日常的に付けている業界の場合

nail_varnish_2112353_1920

では社内で当たり前にネイルをしている企業や、アパレル関係など、ネイルをしていくのも仕事の一部と考えている業界の場合はどうでしょう。

結論からいうと、これらの業界でも面接の段階ではネイルをしないで臨むのが得策です。

実際に勤務している社員と就活生では、そもそもの立場が全く異なります。業界が容認しているからといって、就活生も許されるわけではない、ということを肝に命じておきましょう。

どうしてもネイルをしたい場合

nail_polish_remover_3728091_1920

オシャレとは別に、爪が弱い人や、割れないように保護をしたい場合など、どうしてもネイルをしておきたいという人も少数ながら存在すると思います。

そんな場合は、透明ネイルか薄いピンク、ベージュ系のものを使用するようにしましょう。

人に見せるためのものではなく、あくまで保護を目的としたものなので、目立たないようにすることが大切です。

上記のようなネイルを塗る場合には、自爪の形を意識したラウンド型の塗りにするよう心がけてください。

また、爪をしっかりと切っておくことも大切です。爪は極力目立たないように、それでいて清潔に保つことを意識するようにしましょう。

ネイル以外にも手は見られている

foot_2301210_1920

ネイルを落としてきているか、爪は切られているかという部分以外にも、面接官が見ている点はあります。

例えば肌荒れや血色、怪我などは見られることが多いでしょう。

冬の就活などでは手荒れなども起こりやすいので、しっかりと保湿しておくようにしましょう。

手という細かいパーツでも、目ざとい面接官であればじっくりと観察されていることがあります。

爪に関しても割れた爪はNGです。事前の爪切りも入念に行い、不要な部分でマイナス評価をされないように注意しましょう。

特に営業職などの場合、手も営業道具の一つですから、綺麗さを求められることがあります。

ネイルを見直すと共に、手のケア全体を見直してみるようにしましょう。

面接日までにネイルを落とせない場合

handcuffs_964722_1920

ネイルは落とすべきだとわかっていても、就活スケジュールの都合などで落とすのが間に合わないという人もいると思います。

そんな人は、以下の方法で対応してみてください。

薄い色のネイルを上から塗る

薄い色のネイルを上から塗ることで、元のネイルの色を誤魔化す方法は簡単に行えますし、オススメです。

剥がせるネイルなどでカモフラージュする

最初の方法と似ていますが、剥がせるカモフラージュネイルなどを使うのも有効な手段です。

面接が終わった後に、すぐに元のネイルに戻せる点が非常に便利です。

リムーバーキットで落とす

薬局で揃えられるリムーバーキットを使い、自力でネイルを落とすという方法もあります。

ただし慣れていないと、爪を痛める可能性もあるので十分に注意が必要です。

他の方法が試せない事情がある場合や、自分で落とせるという自信がある場合以外は避けた方が無難かもしれません。

上記の対応策が主だったものですが、可能な限りは事前にお店などで落とせるよう、計画的に就活を進めましょう。

終わりに

make_up_1209798_1920

爪のオシャレは女性の楽しみの一つではありますが、就職活動はあくまでビジネスの場です。

そして面接は、当たり前のビジネスマナーが備わっているかどうかを見られる場でもあります。

悪目立ちしないためにも、面接までに可能な限り、マニキュアやジェルネイルは落としておくようにしましょう。

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「就活情報」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ