企業研究をしよう!アリババグループってどんな会社

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

アリババグループは、中華人民共和国の情報技術などを行う会社であり、持ち株会社です。企業間の電子商品取引を運営しており、多くの国や地域に5000万人以上の会員を保有しています。

しかし、何をしている会社なのか、いまいち想像がつかないという人もいるでしょう。そのため、アリババグループについて紹介していきます。

アリババグループはいつ設立された

アリババグループは、1999年に中国で設立されたネット通販事業を行う会社です。国際貿易を中心とする中国企業向けに「ゴールド・サプライヤー」、中国国内販売を中心とする企業向けに「トラスト・パス」、海外企業向けに「インターナショナル・トラスト・パス」などのサービスを開始しています。

2006年には登録会員数2000万人を突破し、2007年には7年連続でForbes誌の最優秀B2B ウェブサイトに選出されています。

このように、中国国内市場の開拓につながる、企業情報を集めたサイトを作り上げてきました。

アリババグループの本社はどこにある

アリババグループは中国の企業ですが、日本法人も存在し、東京本社、大阪支店、名古屋支店と3つの拠点があります。

アリババグループの社長ダニエル・チャンとはどんな人物なのか

現在の代表取締役社長は、ダニエル・チャンです。中小企業の取引コストを削減し、取引先拡大の機会を増やすことを目指していました。

アリババグループの強みは、中国の伝統的な考え方と、西洋的な経営や戦略をうまくマッチさせていることです。また、買収した多くの企業から技術やノウハウを補完することができます。これによって、コストをかけずに既存事業規模の拡大や、新たな事業に取り組むことができます。このように、独自のビジネスモデルで事業を行っている企業です。

アリババグループの事業内容とは

アリババグループは、BtoBやBtoC、オンライン決済といった幅広い事業を展開しています。

BtoB事業

「アリババ・ドットコム」というアリババグループが最初に始めた事業であり、中小企業が世界市場と法益できるように作られたグローバルプラットフォームです。

CtoC事業

「タオバオマーケットプレイス」は、出店料が無料であるため、多くのユーザーが活用しています。

BtoC事業

「天猫Tmall」は、中国で最多のアクセス数を誇るオンラインショップであり、出店には手数料や補償金が必要なため、安全性の高い取引ができます。

オンライン決済サービス

「Ant Financual」は、アリペイを初めとした、資金流通サービスです。

他にも、「アリババクラウド」などのクラウド事業も行っています。

事業展開を行っている理由とは?

テクノロジーを駆使したビジネスプラットフォームの提供とマーケティングで、販路の開拓を行い、それぞれの企業が世界とつながることを支援し、経済の活性化に貢献していくことを目標としています。そのため、世界最大の流通総額を持つオンラインモバイルカンパニーとして、あらゆるビジネスの可能性を広げるために事業を展開しています。

まとめ

巨額の取引を実現させているアリババグループは、ビジネスモデルも魅力的です。eコマースを用いて社会に貢献したいと考えているなら、ぜひ挑戦してみてください。

[参考URL]

・Alibaba JAPAN [https://www.alibaba.co.jp/corp/greeting/]

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「企業情報」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ