新卒入社後に短期離職をしてしまう人の3つの特徴とは?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

どうも、就活アドバイザー芸人の森川と申します。都内の就職エージェントにて勤務しながらお笑い芸人としても活動しております。

流行りのパラレルキャリアというのを目指して日々活動をしております。普段私は、既卒や第二新卒と言った層のキャリアサポートをしています。

最近、経団連会長による「新卒における就活ルールの廃止」の発言を巡ってメディアが賑やかになっておりますが、今回は「新卒入社後に短期離職をしてしまう人の特徴」について書きます。

※経団連会長からの発言にはなりますが、まだ確定ではありません!

世間では上記のような方を第二新卒と呼びます。ポジティブな転職なら良いですが残念ながら短期離職をした人に面談でお伺いすると殆どの方がネガティブな理由で辞めてます。今回はそんな短期離職者に共通する点を書いていきます。

就活アドバイザー

就職エージェント(UZUZ)でキャリアアドバイザーしてます。RCA両面担当。

 

メインは既卒、第二新卒に加えて非大卒者の就活・転職/複業/他には地方創生事業に携わってます!

 

元はお笑い芸人としても活動をしていたので思い切ってキャリアアドバイザーとくっつけました。

第二新卒とは

第二新卒とは

まず、新卒で入社をしてから3年未満で退職をされた方を第二新卒と呼びます。

※第二新卒の定義は企業によってやや変わります。

新卒者の早期退職3年で30%という有名な言葉があります。まさにこの30%の人たちを第二新卒と呼びます。

現在、市場では人手不足と言われ第二新卒のニーズも高まってきてますが、せっかく新卒で入社をしたならば予期せぬ早期離職はしたくないと思います。普段、第二新卒層のキャリアサポートをしてる私の目から見て「新卒者の早期退職3年で30%」に当てはまる人の共通点を3つお伝えしていきます。

共通点
  1. 明確な軸がない
  2. 焦って入社を決めた
  3. 他責にする傾向が強い

1.明確な軸が無い

短期離職で圧倒的に多い理由はこれです。

私は普段、第二新卒者のキャリアサポートをしているのですが「なぜ短期離職をしてしまったのか」について深掘りをしていくと多くの方が「明確な軸を持って無かった。。。」と言った原因に辿り着きます。

置き換えるとその会社、その仕事において頑張る理由がなかったとなるのです。その仕事に対して明確な軸があればその軸に基づいて、業界研究や職種研究をしっかりと行うはずなので大きいギャップも出ないはずです。

頑張る理由がないので、ちょっと辛いことやつまらないと感じた時に退職をされる方が多いのではないかと私は考えてます。

すごくやりたかった仕事ではないから

他にやりたい事を探したい

など、人は職場に対してネガティブな理由を探したがるので何かしら辞める理由を決めて退職される方が多いです。

2.焦って入社を決めた

先ほどの「明確な軸が無かった」と似ているのですが、このパターンの方も多いです。

周りの友人が皆んな内定を獲得していく中、自分だけまだ決まってない...だから早く決めたい

となって深く考えずに入社を決めて早期離職される方が多いです。

友達がみんな内定を獲得をしてるから自分も欲しい、内定を獲得して家族を安心させたいなど聞きますが、こういった考え方は超短期的目線すぎます。家族はあなたが健康に働いてる姿を見て安心するのです。焦りだけで決めないようにしましょう。

3.他責にしている

考え方や、マインド面のお話になるのですが、環境や他人へ責任を押し付ける考え方「他責に捉えすぎてる」方が多いと感じてます。

短期離職者の多くの方が事前の業界研究や企業研究を怠って入社をされているパターンが多いと感じます。そうなると、少なくとも事前研究をしなかった求職者にも非があると思っています。

業界研究をしない事で予想されるのが、業務に対してギャップを感じることです。もちろん、ブラックな環境などは致し方ないと思います。ただ選考を受けるのも、入社を決めるのも最後は自分が意思決定をしてると思いますので多少なり短期離職に対して、自分自身にも責任があるといった自責の念を持つと印象もマインド面も変わると思います。

企業が抱く印象

企業が抱く印象

短期離職について企業が学生に対して抱く印象はやはり良くはないです(笑)もちろん理由にもよりますので、あまりにも劣悪な環境(ブラック会社)などは同情される場合があります。

履歴書を見て、短期離職となっている場合どうしても長期的就業ができるのかどうかといった部分に懸念を感じお見送りになる場合が多いです。しかし現在売り手市場で人手不足ということもあり、若手人材のニーズは高いです。

特に中小企業などは新卒採用に苦戦をしていることもあり、比較的再就職はしやすい側面もあります。いずれにしても、なぜ離職をしてしまったのか、他責にしすぎず自責に捉えて正直に話すことをオススメします。

短期離職をしている以上、表面的な綺麗な事を言ってもバレますので正直に、「新卒時は明確な軸なく業界研究も大してせず入社をしてしまいました」と伝えましょう。そういった過去の反省を活かして、自分の軸を確立させ、業界研究を行なったことを企業側へ伝えると好印象です。

就活ルールの変更の影響は?

就活ルールの変更の影響は?

経団連の中西宏明会長は9月3日の記者会見で、2021年春以降入社の学生の採用活動に関し、大企業が中心の会員各社を対象に面接の解禁時期などを定めた就職活動ルールを廃止する意向を表明をしました。まだ確定では無いもののテレビから新聞、週刊誌まで多くのメディアが競って取り上げ連日話題になっています。

なぜ廃止の意向が発表されたのか

現在のルールでは企業説明会の解禁は3年生の3月、選考の解禁は4年生の6月」というルールになってます。当然ながら経団連に加盟しない外資系企業やベンチャーは、この自主規制である就活は関係ないので、早い企業は1年生や2年生時のインターンから接触をし、早期に採用を決めることができます。

例として経団連未加入のファーストリテイリング(ユニクロの会社)は1年生に内定出してじっくりバイトを経験させた上で入社と同時に店長ポストに登用、なんて荒業を繰り出してます。(笑)

そして今回、経団連も重い腰を上げ「もう就活ルールそのものを廃止する!!」宣言したわけです。本音は「外資や新興企業に流れている優秀層を奪りにいく。採用時期および戦略は各々企業の都合に合わせて決める」ということになります。

学生への影響

通年採用になると、新卒・第二新卒・中途採用のタイミングが同時期になる可能性が高いです。

企業側も、それぞれの項目にあわせた採用枠を用意していることが多いですが、新卒かどうか関係なく採用枠を決めている企業もあります。

現在一部の企業で既に実施されている通年採用ですが、もともとは留学生など多様な人材を確保することが目的で始められました。通年採用に切り替わることで、各社の採用活動のピークがズレる可能性が生まれるため、学生にとっては選考に参加できる企業数が増える事が見込まれます。

「もう締切が過ぎたがこの企業にエントリーしてればよかったな...」といった事態に直面することが減るかもしれません。

当然キャリアについても考える時間が増える為、先ほどお話した「就活の軸」についてもしっかりと考えることができると思っています。

また、留学などに行っても就活の時期を逃すと言ったことも減ると思います。短期離職については新卒生関係なく、中途でも起こり得る事です。自分のキャリアだからこそ、しっかりと考えて納得のいく形で挑みましょう。

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「就活情報」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ