就活体験談。仕事をしなくてもいい?会社員のもう一つの顔

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

会社員として籍を置いているのに、実際には仕事をしなくても良い方法があるというのをご存知ですか?そんな窓際社員的な働き方があるなんて、にわかには信じ難い話だと思います。しかし今回体験談を語っ

てくれたK・Rさんは、実際にそのような働き方をしながら生活しています。勿論彼は窓際社員ではありません。では、彼の働き方とはどのようなものなのでしょうか?

食品会社に勤務

私は現在食品会社に勤務しています。話の流れから、社名まで明かすと完全に個人が特定できるので社名は伏せますが、誰もが知っている有名企業です。

面接の際には主にスポーツに関することを聞かれ、その他に入社後のビジョンなども聞かれました。逆に勉学に関する質問は殆どされなかったのを覚えています。

就職活動の際には10社くらいを受けた気がしますが、殆どの企業から内定を頂きました。その中から、今の会社を選んだのはスポンサーとしての力が強いのと、私を応援してくれる姿勢が印象的だったからです。

バレー選手として活躍

volleyball_499983_1920

現在は今勤務している会社にスポンサーをしてもらいながら、プロのバレーボール選手として活動しています。テレビやCMに出るほどの人気は全くない新人なので、基本的には試合に出るのが主な仕事です。

時々会社が企画するイベントなどに参加したり、会社主催のバレー教室のコーチをしたりしていますが、日々練習の繰り返しですね。

学生時代と殆ど変わらないレベルで練習に励んでいます。

仕事は殆どしない

会社での一般業務に関しては全くしていません。実質的に籍だけ置いている状態という感じです。だから在籍している会社に仲の良い人がいるとかもありませんし、同期というと、チームの人間になります。

会社での仕事はしませんが、会社の名前を背負って試合で結果を出すのが私の仕事だと思っています。そういう意味では、今年は必要十分な結果を残せたのではないかと感じています。

先程もお話したように、学生時代よりも練習をしているので、ジムやトレーニングの時間を確保していたら、会社には足を運べないというのが現実です。

必要な手続きなどがある際には足を運びますけど、業務内容やパソコン操作などは全くといっていいほど知識がありません。

会社所属選手の実態

pedestrians_400811_1920

私のように、全員が全員練習や試合に時間を割いているわけではありません。特にマイナースポーツの場合、普通に会社員としても働かなければ生活できないということもありますし。

有名な例でいえば「なでしこジャパン」の選手などがそうですね。彼女たちは大きな大会で結果を残したことで、バラエティやスポーツ番組など、テレビへの露出も増えました。

ですがそれ以前は、女子サッカーというスポーツ自体があまり注目を集めていなかったこともあり、平時は会社員として勤めていたそうです。

逆にいえばマイナースポーツでも、彼女たちのような輝かしい結果を出して、企業の広告塔に相応しいと認められることができれば、立場や業務内容、一日の流れが大きく変わるということもあると思います。

プロスポーツ選手として活躍するのが難しいという場合、私みたいに、スポンサーをしていたりチームを持っていたりする企業に入社して、そこで一度頑張ってみるというのも一考の価値があると思います。

終わりに

スポーツをしているだけで仕事をしなくてもいい、という考え方をするかもしれません。ですが会社の名前を背負いながらスポーツをするというのは、趣味で運動するのとはまったく意味合いが違ってきます。

K・Rさんも、プロスポーツ選手としての自覚を持ちながら、常にアスリートとして真剣に臨んでいる様子が話からも伺えました。だからこそ会社も、全力でバックアップしようという気持ちになるのでしょう。

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「就活情報」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ