新卒の就活で塾講師を志望する人必見!志望動機を書く際のコツ

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

少子化の現在、子ども一人にかける教育費は上昇しており、学校教育以外の教育業界に対する期待は高くなっています。それは働く側も同じで、塾講師をはじめとした、教育業界を志望している学生も少なくありません。この記事では、教育業界の中でも塾講師を志望する人が押さえておきたい志望動機のポイントについて解説します。

なぜ教育業界なのかを明確にする

書類選考や面接では、必ず志望動機を聞かれます。例えば、「なぜ英語の講師になりたいのですか?」のように、教育業界への志望動機を尋ねられた場合には、どのように答えれば良いのでしょうか。

多くの学生は

  • 留学経験があり、英語が得意だから
  • 英語が好きだから

などと、自分が英語を得意としていることや、英語が好きであることを志望動機として答えます。しかしこのような回答では、残念ながらあまり高い評価を得ることはできません。

英語が得意なことや、好きであるということは、他の業界の中から教育業界を選んだ理由にはならないからです。志望動機を聞かれた際には、沢山ある業界の中で教育業界を選んだ理由、つまり教育への熱意を伝える必要があります。

「教育業界でなければいけない」という前向きな動機を提示するように心がけてください。そのことを踏まえた上で、以下の例文を見てみましょう。

例文

私は英語が得意でしたが、大学受験の際に英語を学ぶ中で前置詞に躓いた時期があります。

 

そのとき通っていた塾の先生が、前置詞の考え方について、イラストを使ってわかりやすく教えてくれました。

 

そのおかげで前置詞に関する苦手意識がなくなり、英語の点数も上がりました。

 

私自身も、工夫を凝らして教えることで、私のように英語で躓いている人の苦手意識の解消に努めたいと思いました。

上記のような回答にすると、英語が好きであることを含め、教育業界を志望した理由が明確になるでしょう。

なぜその企業でないといけないのか

先ほどの志望動機では、教育業界(英語講師)に対する熱意は伝わりますが、その企業でなければいけない理由が伝わりません。それを上手に伝えるためには、企業分析をしっかりと行う必要があります。

ホームページや会社案内などで、企業の事業内容や理念、業界内でのポジションを調べましょう。会社説明会やOB・OG訪問をすることも有効な手段です。企業研究をすることで、企業が求める人材像(スキルや能力、人柄)などが発見できるでしょう。中でも説明会やホームページなどで知ることのできる「先輩社員の声」はまさに会社の求める人材像そのものですから、大いに活用しましょう。

こうした企業研究によって見つけ出した「企業の理念」「企業が求める人材像」と、自分の強みや価値観を組み合わせると、志望動機を膨らませることができます。その部分を突き詰めることで、その企業でなければいけない理由というのも見えてくるはずです。

企業の強みや特徴を盛り込んだ志望動機は次のようなものです。

例文

御社は、映像授業を活用した個別指導に力を入れて取り組まれ、一人一人に合った学習指導を行っておられます。

 

私も学生時代の経験から、勉強において苦手な部分は生徒によって違うため、一人一人に合わせた、きめ細かな指導が必要だと考えております。

 

御社で、生徒と向き合える講師として力を発揮したいと思います。

志望動機を述べる際のポイント

志望動機の伝え方には型があります。これまで解説したポイントを踏まえながら、型に沿って志望動機を作成しましょう。全体を通じて意識するべき点は、意欲や熱意が伝わるようにするということです。

結論から述べる

結論を後回しにすると要旨が伝わらず、最後まで聞いてもらえない可能性があります。「なぜその企業を志望したのか」という結論から始めましょう。

エピソード

結論に続けて、その企業を志望したエピソードを述べます。エピソードは不可欠な要素ではありませんが、根拠を主張する上では非常に有効な手段です。

結論で締める

最後に、入社した場合に自分が何をしたいかということと、最初に述べた結論を再度繰り返して、話をまとめましょう。

さいごに

塾講師になるための志望動機として、勉強が得意、好きというだけでは物足りません。生徒に合わせた指導を行うコミュニケーション能力、わかりやすく解説をする力、生徒と共に目標を達成しようとする熱意など、様々な要素が必要です。自分がなぜ塾講師になりたいのかを突き詰め、熱意の伝わる志望動機を作成しましょう。

内定が欲しい人以外は見ないでください
  • 就職活動の攻略本「就活ハウツー本」
  • 先輩の体験談も盛りだくさん「就活ストーリー」
  • 内定率は驚異の92%!「就活アドバイザー」
  • 5分で作れる「かんたん履歴書メーカー」
  • あッという間に内定GET「就活市場エントリー」
  • イベント参加で有利に就活「就活市場イベント」
  • あとで読み返したい記事は「お気に入り登録!」

今すぐ確認する!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ