履歴書の写真をデータで準備する場合はってどうすればいいの?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

就活の際には履歴書を書くことになりますが、内容だけではなく履歴書に貼り付ける写真も重要です。面接官は志望者と直接会う前に、履歴書を見て初めて志望者の顔を確認することになるからです。そして就活生が意外に苦労するのは、履歴書の写真のデータをどのように手に入れるかということです。

今回は履歴書の写真データを手に入れられる場所を3つと、写真を用意する際の注意点などをご紹介します。

写真館

まず、一番ベタな方法として、写真館で写真を撮影するというものがあります。プロが直接撮ってくれるので完成度は折り紙付きですし、安心して任せることができます。

料金は少々張りますが、一度撮っておけば就活中ずっと使えますし、元を取ることはできるでしょう。

昔ながらの写真館でも、写真データをCDなどにして手渡してくれるところが増えていますし、最寄りの写真館でもそういったサービスを行なっているか、試しに確認してみてください。

証明写真撮影機

証明写真の撮影機でも、最近は機種によってデータをスマートフォンに送れるものが出てきています。気軽に撮れるという意味では、写真館よりも良いかもしれません。

就活シーズンになると写真館も忙しくなりますし、履歴書が急遽必要になったという場合でも、証明写真撮影機は直ぐに写真を手に入れることができます。

完成度は写真館や、人が撮影した写真ほどではありませんが、それでもクオリティは年々向上しています。

就活イベント

就職活動のイベントでも、写真の撮影を実施している業者があります。こういったイベントの場合は、通常料金よりも安く撮ってもらうことができるので、何かとお金を節約したい就活生にはオススメです。

値段が安いからといってクオリティが低いということはありませんし、ちゃんと撮ってもらえるので好評です。

自撮りは避ける

写真を用意する際に、時々自撮りで何とかしようとする人がいます。しかしこれは絶対に避けてください。アルバイトの面接などでは大目に見てもらえる可能性もありますが、就活の場では常識を疑われかねません。

写真に使うお金が勿体ないという気持ちも理解できなくはありませんが、就職活動の必要経費だと割り切りましょう。

証明写真でNGなこと

プリクラもNG

最近ではプリクラを履歴書に貼るという事例も出てきています。当然これもマナー違反です。書類選考の段階で落とされても文句はいえないのが正直なところです。

証明写真風に撮れるプリクラ機というのも巷では見かけますが、背景が白いだけで、加工が入ったり、証明写真とは言い難いものだったりするのが正直なところです。

400円という安さで撮れるのがプリクラの魅力だと思いますが、それ以外のデメリットは非常に大きなものです。証明写真仕様でも加工が入るため、本人の顔と違いが生じてしまいます。

そのため面接官が実際に就活生の顔を見たときに違和感を覚える可能性が高いですし、それがきっかけでプリクラだと発覚した場合には、マイナス印象を与えることになるでしょう。

カラコンは外す

証明写真を撮影する際には、カラーコンタクト、通称カラコンは外すようにしましょう。プリクラの加工同様、本人と写真に違いが生まれてしまうので、面接に悪影響を与えることになります。

別の記事でもご紹介していますが、面接ではカラコンを外すべきなので、カラコン付きの証明写真と差異が生じるのは避けられません。撮影の際は、実際に面接に赴くときと同じようなメイク、同じような格好を心がけてください。

終わりに

写真で内定が左右される、というのは少し大げさかもしれませんが、就職活動において、写真というのは非常に大きな効果を発揮することになります。適当に済ませるのではなく、自分の分身を作るつもりで、最高の一枚を用意してみてください。

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「エントリーシート」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ