A4、B5、履歴書のサイズはどちらが正解?

就職活動に使う履歴書には実は2種類あるというのをご存知ですか?知っているという方でも、就職活動ではどんな履歴書を使うか悩んでいるのではないでしょうか?就活で使う履歴書の違い。使う上で好ましいもの、転職やバイトなどの場合も含め、今回は履歴書についてご紹介していきます。これから履歴書を選ぶという方は、今回の記事を是非参考にしてみてください。

履歴書のサイズは2種類

冒頭でも述べた通り、履歴書の種類は一つではありません。

A4サイズ履歴書

2種類ある履歴書の中でも大きいサイズのものがA4判です。元はA3サイズの紙で、それを二つ折りにしてA4にしていることから、A3判と呼ぶ人もいます。

B5サイズの履歴書

A4サイズのものよりも一回りほど小さい履歴書になります。大きさが小さい分、書ける内容や書く項目が小さかったり少なかったりします。

どちらのサイズを選んでも問題ない

就職活動の場で、「このサイズを使わなければいけない」という決まりはありません。ですから、自分が使いたいサイズの履歴書を使って構いません。

どちらのサイズにするか決められないという場合には、実際のものを手にとって決めても良いかもしれません。

転職やバイトの場合

就職活動以外の転職やバイト面接というシーンでも、提出する履歴書のサイズに決まりはありません。ですから就職同様、2種類のサイズの履歴書、様々な形式のものが転職やバイト面接の場面では見られます。

ただ、アルバイト面接ではB4タイプの履歴書が多く見られるようです。その理由としては、アルバイトの場合、履歴書に記入する必要のある項目が限られているからだという説があります。

例えば高校生がアルバイトをするとして、職歴や特技、スキルというものを重視するバイト先はそれほど多くないでしょう。重要なのは何日シフトに入れるか、どこから通うのか、どれくらいの期間働けるのかといったことだと思います。

提出する側も、提出される側も、履歴書に多くの情報を求めていないのが正直なところなのでしょう。

重要なのはサイズではなく内容

どちらの履歴書を選ぶか決めかねているという人は、履歴書のサイズで悩むのではなく、記入するべき内容・項目で考えるようにしましょう。

自分が持っている資格で企業にアピールしたい人は、資格欄が多めに用意されている履歴書を選びましょう。特技欄でインパクトを与えたいのであれば、特技欄が設けられていない履歴書は避けましょう。

反対に、趣味や特技が思い浮かばない場合には、それらの項目が存在しない履歴書を探すと良いでしょう。先にも書いたように、履歴書の大きさはどちらでも構わず、それを重視する企業というのもほとんどありません。

ですから、自分が伝えたいことや、反対に書くのが苦手なことなどを洗い出して、そこから最適な履歴書選びをしてみるのがオススメです。

就職活動の多数派はA4

就職活動の場面では、A4サイズの履歴書を選ぶ学生の割合が、B5サイズを使用する学生よりも多いとされています。これはアルバイトに応募する人がB5の履歴書を選ぶのと、真逆の心理が働いていると予想することができます。

より多くのことをアピールしたいと考えるのであれば、大きいサイズの履歴書を選択するのが良いかもしれません。

また、多くの場合履歴書と同時に提出することになるエントリーシートや他の書類とサイズが異ならないよう、A4サイズを選ぶ学生も多く見られます。書く内容を充実させたり、他の書類との統一感を出したりするためには、A4サイズの履歴書を使用するのが得策でしょう。

履歴書を買える場所

履歴書はネットでも書店でもコンビニでも購入することができます。ただし店頭で置いているものはB5が中心となるので、大きいサイズのものが欲しいという方は、Amazonなど、ネットで購入するのが良いでしょう。

終わりに

履歴書の種類や特徴について、大体のことはおわかりいただけたのではないかと思います。自分にはどちらの履歴書が合っているのかなどを考え、最適な方を選択してみてください。

そんな履歴書でほんとに大丈夫?ウカル履歴書、教えます。​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ