良い面と悪い面を知っておこう。Uターン就職のメリットと現実

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

進学のために都内にいた人が、就職を機に田舎に戻るUターン就職。メリットとデメリット、双方の面を持っているこの将来設計ですが、今回はその中でもUターン就職のメリットや、実際にUターン就職をする際のポイント、注意点についてご紹介していきます。「卒業したら田舎に帰りたい」、「都会は肌に合わなかった」などと考えている方は、是非参考にしてみてください。

Uターンの魅力

先ず、Uターン就職をする上で考えられる魅力(メリット)についてご紹介していきます。

満員電車がない

都会の場合は通勤ラッシュや満員電車というのが当たり前になっていますが、地方の場合はそもそもの移動手段が車ということが大半です。

Uターン就職をするのであれば免許の取得と車の入手はほぼ必須ですが、そこをクリアすれば鬱屈とする毎日の通勤や帰宅ラッシュといったものとは無縁の生活が待っています。

自然が多く、空気も美味しい

故郷がどれくらい栄えているのかにもよりますが、東京などと比較すればどこも自然が多く、空気も美味しい傾向にあります。

将来的には海や山に囲まれて生活したい

星が綺麗な街に住みたい

といったことを考えているのであれば、Uターン就職はまさにうってつけ、といえるでしょう。

物価や家賃が安いので、生活費を抑えられる

物価や家賃の安さも魅力です。部屋数や立地にも左右されますが、都会の半額程でワンルームを借りられるということも珍しくないので、貯金をしたい人や、家賃に高額を支払うのは馬鹿馬鹿しいと思っている人には、Uターン就職が合っているかもしれません。

また、家賃ほど顕著ではありませんが、物価も安い傾向にあるので、やはり総合的に暮らしは楽になるでしょう。ただし給与に関してもその分少ない場合が大半なので、その辺りには注意が必要です。

両親など、頼れる存在が近くにいる

遠く離れた都会で働くのとは違い、Uターン就職であればすぐ近くに頼れる両親や親戚がいます。何かトラブルに巻き込まれた際などは勿論、仕事に疲れて悩んだときや、お盆や年末年始といった家族が集まるタイミングでも実家に足を運びやすいのでオススメです。

将来的に田舎で結婚などをして子どもが生まれた場合でも、両親を頼ることができるというのも魅力ですね。夫婦共働きの家庭も増えてきている昨今、頼れる存在というのは益々貴重になっていくかもしれません。

自治体もUターン組を歓迎している

自治体でもUターン就職をしたいと考えている学生を歓迎する傾向にあります。補助金を出したり、米や味噌といったものを支給したり、引越し手当や子育て支援などにも力を入れています。

大手企業でも地方に支社を設けている場合があるので、その点もUターン就職希望者には追い風となっているでしょう。企業からの地方勤務に対する補助と、自治体の補助を合わせれば、田舎での生活をスタートさせる上で困ることはないはずです。

自分の田舎にもそういった制度が存在するのかどうか、地方自治体の公式ホームページなどで確認するようにしてみてください。

限られた求人を精査する

Uターン就職をする場合、求人数の少なさがネックとなります。ですが求人が少ないからといって焦るのではなく、自分が本当にやりたい仕事などと照らし合わせて、慎重に精査しましょう。

場合によっては、地方に支社を持っていて、都心で面接などを行う企業などにアプローチしてみるのも良いかもしれません。

負の面も知っておく

別の記事でもご紹介していますが、Uターン就職には負の面も存在します。それはUターン就職に限らず、都会での就職にも存在することですが、必ずしも良い面だけではないということは理解しておきましょう。

終わりに

Uターン就職をする場合、求人の少なさや、利便性の悪さなどに苦労をすることもあります。しかし、今回ご紹介したようなメリットや、環境の後押しも存在するので、そういったことも存分に活用してみてください。

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「就活準備」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ