地元での就活を検討している学生注意。Uターン就職者の失敗例

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

都心での就職はせず、Uターン就職をするという学生は毎年一定数存在します。当初から学校を卒業したらUターンをする予定だった人や、家業がある人など、事情は様々ですが、Uターン就職は卒業後の選択肢の一つとして地位を確立しています。しかし、そんなUターン就職をして失敗したという人も少なからずいるので、どのような失敗が実際に起こったのか、事前にしっかりと知っておくことが大切です。

Uターン就職とは

Uターン就職とは、大学や専門学校などに通うために都会に出てきていた人が、就職のタイミングを機に田舎に戻ることを指します。

冒頭でも述べたように、事情は人によって様々ですが両親の介護の必要が出てきた人や、地元での就職に魅力を感じている人、家業がある人、都会に馴染めなかった人などがいます。

似たような言葉で、一度都会で働いた後田舎で再就職をする人のことを、Uターン転職と呼びます。他にも、都会育ちの人が田舎で就職をするIターン就職や、都会で働いていた地方出身者が、別の地方で再就職するJターン就職などが存在します。

では、今回触れることになるUターン就職では、一般的にどのような失敗談が存在するのでしょうか。

求人の少なさに困惑する

求人数の少なさというのは大きな課題です。都会で就職活動をしているうちは中々気付きにくいですが、都会は企業も人も、経済規模も少ないので、必然的に求人の数も少なくなります。

その中から自分が住む場所から通える範囲や、就きたい仕事、できる仕事という部分から考えると選択肢は更に減っていくでしょう。

大学のキャリアセンターなどでもUターン就職に関連する求人の掲載は行われているので、田舎で実際に就職活動を行う前に、そういう場所に掲載されている求人を参考にするのも良いかもしれません。

学歴が思わぬところでマイナスに響いた

学歴の扱いが、地方と都心では違うということも珍しくありません。都内にある大手企業であれば、通常高学歴の学生は歓迎される傾向にあります。基礎学力が備わっているのは勿論のこと、仕事も安心して任せられるという印象があるためでしょう。

しかし田舎の場合は、「高学歴の新社会人はプライドが高いため扱いにくい」と考えている企業や「仕事に対して学歴が有り余っている」など、若干理不尽な理由で敬遠されるケースもあります。

全ての企業がそうではありませんし、都心でもそういった僻みをする企業や上司というのは存在するので、気にしていたらキリがないかもしれませんが、そういった扱いを受ける可能性もあるということは、十分に考慮しておきましょう。

地方独特の社風に合わせられず早期退職

都会を拠点に地方の企業を対象にして就職活動をした場合、その企業の実態が曖昧なまま就職してしまうというケースもあります。

志望している業界や企業があやふやなまま「田舎ならどこでも……」という気持ちで就活を行なってしまうと、こういった失敗は起こりやすいかもしれません。

Uターン就職をする場合でも、可能な限り実際に足を運んでその企業を確かめるようにしましょう。働いてから社風や雰囲気、業務内容が合わなかったというのでは取り返しがつきません。

都会に慣れ、田舎が合わなかった

育った故郷でも、実際に一人暮らしをしたり、働いたりしたら案外合わなかったということも少なからずあります。両親や、田舎に残っている友人に相談しつつ、暮らしぶりや物価、風土などを十分に事前調査するように心がけましょう。

終わりに

今回はUターン就職に関する様々な失敗例をご紹介しましたが、しっかりと調べた上で田舎に戻り働くのであれば、住み慣れた故郷は居心地が良いはずです。事前に対策を立てて就職活動をこなし、理想的なUターン就職を成功させてください。

就活準備、順調ですか?
1人でわからない事はプロと2人で​。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ