不合格になることも?面接で嘘をついたらどうなる?

面接では多くの質問をされることになりますが、時には答えたくないような内容を聞かれることもあるかもしれません。

そんなとき、思わず嘘をついてしまいたいと思う人もいますよね。

或いは、既に行った面接で嘘をついてしまったという人もいるのではないでしょうか。

実際に、面接の質疑応答などで嘘をついてしまうとどうなってしまうのでしょう。

今回は面接で実際につかれている嘘や、面接の実態、仮に嘘が発覚した場合などについて考えていきます。

多くの候補者は嘘をついている

結論からいってしまえば、多くの面接者は就活面接で嘘をついているのが実態です。

嘘をついている数や内容、質は様々ですが、就活という場面で一から十まで正直に話しているという人は少数なのかもしれません。

実際につかれている嘘

色々な嘘がつかれている就活現場ですが、その一部をご紹介します。

語学や資格に関する嘘

実際には英語を少し読める程度なのに、ネイティブと同じレベルで話せると嘘をついたり、昔取得した資格で、既に内容を覚えていないようなものでも知識の蓄えがあるかのように振る舞ったりする嘘です。

学歴に関する嘘

実際の学歴とは異なる学歴を履歴書に書いたり、面接で口にしたりする嘘です。

発覚した場合は学歴詐称となる重大な嘘です。

転職者の場合でも経歴や学歴に関する嘘をつく人は多く、少しでも自分を良く見せようとする傾向にあるようです。

質問に関する嘘

聞かれた質問に関して本心ではなく嘘を答えるというケースです。

他にも複数社を志望しているのに「御社だけを志望しています」と口にしたり、「御社が第一志望です」と、思ってもいないのに答えたりする嘘です。

ただしこういった嘘は、就職活動という関係上、ある程度仕方がないことだともいうことができます。

第一志望かを聞かれて素直に「第一志望ではありません」と答えたら、ほぼ間違いなく落とされるわけですから、この質問を学生にすること自体がナンセンスだということもできます。

嘘が発覚してしまった場合

では、自分が口にした嘘が発覚してしまった場合はどうなるのでしょうか。

発覚した嘘の質や規模、数にもよりますが、やはり良い印象は受けないでしょう。

選考で落とされるリスクは当然ありますし、悪質なものであれば一度出された内定を取り消されるということもあります。

過去には、実際に働き始めてから嘘が発覚したというケースもあります。

その人の場合、試用期間中だったということもあり、その嘘を理由に解雇されたそうです。

上記の場合は、採用活動にも大きく影響するレベルの嘘ですが、やはり可能な限り本当のことを口にして面接に臨むのが良いでしょう。

建前は嘘ではない

面接では本当のことを話すというのが大切ですが、文中で触れたように、ある程度仕方がない嘘というのもあります。

「第一志望ですか?」という質問に対する回答などがその例です。

経歴などを詐称するのは言語道断ですが、こういった形式的な質問に対しては、建前で答えることも時には大切でしょう。

他にも選考を通過している企業がある場合にはなるべく正直に答えるべきですが、その内容を詳細に語る必要はありませんし、あくまで「複数社を受けている」という事実だけを伝えれば十分です。

このように、建前を駆使する一方、答えたくないことや答えられないことには無理に回答しないという気持ちも大切です。

終わりに

今回は面接での嘘についてご紹介しました。

採用活動に影響するような嘘は絶対に避けるべきですが、一方で上手に建前を使いこなすことも覚えておくと、有利に就職活動を進めることができるかもしれません。

自分の首を絞める嘘はつかないように注意しながら、正々堂々と就職活動に臨みましょう。

面接時にやっちゃいけないマナー違反、
知らず知らずのうちにやってませんか?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ