面接中にメモを取ってもいい?面接におけるメモマナーのあれこれ

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

就活面接の中では、沢山の会話をすることになります。場合によっては覚えきれなかったり、忘れてしまったりすることがあるかもしれません。そうならないためにも、面接中にメモを取れればそういった心配もないですし、安心ですよね。しかし、面接の最中にメモを取っている学生というのは実際いるのでしょうか?そしてそれらはマナー違反ではないのでしょうか?正しい就活マナーを身に付けて、失礼のないように面接を受けられるようにしましょう。

メモは持ち込んでもいい?

面接中にメモを取っていいのかどうかを考える前に、そもそも面接の場にメモ帳を持って行ってもいいのでしょうか?企業によっては何らかの規則を面接に設けていることがあるかもしれませんが、多くの企業では面接会場にメモを持ち込むことを禁止していません。

つまり小さいサイズのメモなどをスーツの内ポケットや、カバンの取り出しやすいところに忍ばせておいて、必要なタイミングで取り出すことは可能ということになります。

ただし、企業によってはカバンを控室に置き、学生は手ぶらで面接会場に入るように指示されることもあります。こういった場合にはメモ帳も持たず、手ぶらで面接に臨むようにしましょう。

面接中のメモは避けるのが無難

面接会場にメモを持ち込むことは可能ですが、基本的には面接中にメモは取らないようにするのが好ましいでしょう。メモ書きをしている最中は面接官を待たせることになってしまいますし、記憶力に自信がない学生だと思われてしまうかもしれません。

また、そもそも面接中は自分が質問を受けるのがメインになるため、メモを取るような内容はないのが普通です。不必要にメモ書きをしていれば、当然減点の対象となるでしょう。

面接の場面では面接官とのアイコンタクトも重要になります。メモに目を落としているとどうしてもアイコンタクトの妨げになってしまいますし、そういった観点から考えても、面接の最中にはメモを取らないのが無難でしょう。

面接でメモを取れるタイミング

面接の最中はメモを取らないのが普通ですが、メモ書きをしても良いタイミングというのがあります。代表的なものでいえば、勤務形態や給与、福利厚生といった話です。これらの内容に入ったとき、「メモを取っても宜しいですか?」などと一言断りを入れ、許可が下りた場合にはメモ書きをしても構いません。

多くの企業で面接を受けることになる就活生は、全ての企業の雇用条件を把握できるわけではありません。面接終了後、すぐにメモを取れる時間が確保できるとも限らないので、このような場面では積極的にメモを取り出しても良いでしょう。

担当者によっては志望度の高さを感じるかもしれませんし、好印象を与えるきっかけになるかもしれません。ただし、後に控えている候補者が多い場合には、なるべく時間を取らせないように意識することも大切です。

不必要にメモを見ない

面接の場面でメモを取り出すタイミングについてはご紹介しましたが、メモを使うべきでないタイミングというのも存在します。例えば質問をされている際、不必要にメモに目を落とすとカンニングペーパーを見ていると思われかねません。

質問を受けている際にはメモは閉じておき、面接官の顔を見るようにしましょう。メモは相手の言葉を記録する用途で使うのであって、自分が言葉を発する際には必要のないものだと理解しておきましょう。

終わりに

就職活動の面接で実際にメモを持ち込む学生の割合がどれほどいるのかはわかりませんが、面接自体はメモを持ち込まずとも乗り切れる内容のものが大半でしょう。どうしても持ち込みたい場合は構いませんが、安易に決めるのではなく、よく考えてから行動するように心がけてください。

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「面接」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ