意外に重要!面接前に知っておこう、荷物の正しい置き方と注意点?

就職活動では、学生は手ぶらではありません。必ずビジネスバッグなどを手に持って、面接や説明会の会場に向かうことになるでしょう。そんな中で意外に知られていないのが、それらのカバンを面接の際にどのように置いておくかということです。入退室のマナーや言葉遣いの対策はしていたのに、ここは対策していなかった!という人も少なくなく、意外な落とし穴でもあります。今回はカバンの置き方や、その他のシチュエーション別荷物の対処法についてもご紹介していくので、面接前にしっかりと予習しておきましょう。

カバンの定位置は椅子の横

就活で使うビジネスバッグは、自分が面接の際に座る椅子の横に置いておくのが一般的です。ビジネスバッグの形状や面接会場の配置、雰囲気などは当然学生や企業によって差が存在しますが、椅子の横にカバンを置くということはほぼ共通しています。

間違っても椅子の後ろに置いたり、下に仕舞い込んだりするようなことはないようにしましょう。また、カバンは寝かせるのではなく、立たせて置くようにしてください。

もしも自立しないようであれば、自分が座ることになる椅子にもたれかからせるようにしても構いません。ですが見た目的に美しくないので、極力自立するカバンを事前に選んで置くようにしましょう。

カバンを自立させようとモタモタしている姿は、あまり見ていて気持ちの良いものではないので、しっかりと立つか、購入の段階で確認しておくと良いでしょう。荷物を入れすぎると重心が傾いて立たなくなることもあるので、就活面接では必要最低限の荷物だけを持つことも大切です。

面接時に必要な荷物については別の記事でも触れているので、そちらも参考にしてみてください。

カバンを置くまでの流れ

次に、カバンを置くまでの流れを簡単に説明していきます。

入室後は椅子の横に立つ

面接官から着席を勧められるまでは椅子の横に立っておきましょう。その際には無言でいるのではなく「本日は宜しくお願いいたします」など簡単に挨拶をするのがポイントです。

この時点ではカバンは持っているのですが、手提げ鞄の場合には身体の横、肩掛けカバンなど、紐が長いものの場合は身体の前に持つのがポイントです。肩掛けカバンに関しては挨拶の前に肩から下ろし、持ち替えておくようにしましょう。

着席の前にカバンを置く

この部分が一番混乱を招きやすいのですが、順番としてはカバンを置いてから椅子に座ります。カバンを持ったまま座って、それからカバンを横に置くとスマートではなく、体勢的にカバンも自立させにくくなるので注意しましょう。

面接後は起立してからカバンを持つ

面接が終わったら、すぐにカバンに手を伸ばすのではなく、先ずは立ち上がって、それからカバンを回収するようにしましょう。カバンを手に取ったら、初めの挨拶と同じようにカバンを身体の横か前に持ち「本日はありがとうございました」など、挨拶をしてから退室します。

コートの置き場所

カバンと直接的な関係はありませんが、コートの置き場も大切です。就活シーズンは気温も低く、多くの学生がコートを着用していると思いますが、コートは椅子の横に置いているカバンの上に置くようにしましょう。

二つ折りで腕にかけてコートを持っていた場合は、そこから更にもう一度折りたたんで乗せると安定しやすくなります。どうしても上手にカバンの上に乗らない場合は、面接官や担当者に簡単に断った上で、椅子の背もたれにかけましょう。ただし広げた状態で、椅子の背もたれにコートを着せるのはNGなので注意してください。

終わりに

カバンの置き方というのは細かい所作かもしれませんが、一連の流れが綺麗にできると、相手に好印象を与えることができます。さり気ない部分だからこそ、おざなりにしないように心がけましょう。

面接時にやっちゃいけないマナー違反、
知らず知らずのうちにやってませんか?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ