内定式後の辞退は可能!?正しい断り方を例文つきで解説

「数社から内定をもらっているけれど、どのように断ればよいのか思い悩んでいる」という方は多いことでしょう。中には内定式に出席した後に辞退する方もいるはずです。どのような事情があろうと、相手に失礼がないように丁寧に辞退しなくてはなりません。

今回は内定の断り方について、辞退を申し入れる例文をそえて詳しく解説します。

内定式後でも内定辞退は可能!?

内定式後でも内定辞退は可能!?

第二志望の企業の内定式に出席した後、第一志望の企業から内定が届くということはよくあります。はたして、内定式に出席した後の辞退は可能なのでしょうか。

結論から言えば、内定式に出席した後でも辞退することは可能です。しかし、一般常識的にはマナー違反であることを認識しておきましょう。

内定式後には企業との間で誓約書を交わしているはずですが、この誓約書には法的な拘束力はありません。内定承諾書に捺印していても内定の辞退は可能です。内定承諾書へ捺印させることや内定式に出席させることは、内定の辞退者を食い止めるための企業側の策にすぎません。

ただし入社してから2週間を過ぎると法的に問題が生じるおそれがあります。入社前に内定を辞退するときは、2週間前までに早めに辞退する意思を伝えるようにしてください。

内定式の後に辞退する場合は誠意のある素早い対応が求められます。「言い出しにくくてズルズルとそのまま放置」というパターンがいちばんいけません。企業にとっても自分にとってもマイナスになります。

内定辞退を言い出すタイミングは、辞退することが決まった瞬間です。企業側は採用のために多額の予算をつぎ込んでいます。綿密なスケジュールを組んで採用活動を行っています。たとえ1人の内定辞退者であってもスケジュールが大幅に狂うので、早急に不足分を補う必要があります。企業側の迷惑を最小限で食い止めるためにも、内定辞退は早く伝えるようにしてください。

企業はあなたのことを評価して内定を出したのですから、そのようなことは関係ないという考え方ではいけません。最低限のマナーを守ることが新社会人としてのつとめです。

内定の辞退はメールや手紙ではなく電話で行うのがマナー。「電話で直接話すのは気まずいのでメールや手紙でする」という人は多いですが、企業側にとっては緊急を要する事態なので、素早い対応が求められます。

静かな場所から落ち着いて、電話で内定を辞退することを伝えるようにしましょう。あらかじめ、話す内容をメモにしておくことがおすすめです。

電話をかける時間帯やタイミングにも配慮する必要があります。出社前や退社時間の間際、お昼休憩の時間帯、就業時間がはじまってから1時間後(9時が始業時間の場合は10時頃まで)は忙しい時間帯であることが多いので、その時間帯は避けて電話連絡するようにしましょう。

内定辞退を伝える際のポイント

内定を頂いた企業を辞退するのは、非常に申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

どのように伝えれば失礼にならないかを考えるのも大きなポイントです。

企業にとってもできれば求人を早く終わらせたいのも事実です。

もし、辞退する意志が固まっているのであれば、その時点ですぐに伝えるのが誠意ある行動です。

いつまでも時間をかけているようでは、先方に迷惑をかけてしまいます。

わかった時点で企業側にとっても次に進められるからです。

基本的に、内定の辞退はできる限りすぐ返事をし、メールなどではなく電話で伝えましょう。

電話は確実に相手に伝えることができるためです。

メールや手紙などで伝えてしまうと未確認で辞退の旨が伝わらないケースもあります。

また、電話はやはり一方的に伝えるのではなく、先方と対話しながら謝罪をするほうが、誠意が伝わりやすくなります。

ただし、担当者の方が不在だった場合などは、メールで辞退の旨を伝えてもかまいません。

できるだけ早めに伝えることを心がけ、最低でも内定を頂いた一週間以内に行うようにしましょう。

内定辞退の理由と例文①本命の企業から内定をもらった場合

内定辞退の理由と例文①本命の企業から内定をもらった場合

内定の辞退で一番多いのは「本命の企業から内定をもらったから」という理由ではないでしょうか。内定式に出席した後、本命の企業から内定通知が届いたということはよくあることです。本命の内定がもらえたからといって、浮かれている場合ではありません。早急にほかの内定をもらっている企業へ内定辞退の連絡をするようにしてください。以下では内定を辞退する電話の例文をご紹介します。

例文

受付:お電話ありがとうございます。○○株式会社でございます。

わたくし、○○大学○○学部○○学科の○○○○と申します。

受付:はい、お世話になっております。どういったご用件でしょうか。

お世話になっております。人事部の○○様はいらっしゃいますでしょうか。

受付:人事部の○○でございますね、おつなぎしますのでしばらくお待ちください。

はい、お電話変わりました。人事部の○○です。

○○様、先日は内定をいただきまして誠にありがとうございます。

ああ、○○さんね、どうした?

ただ今、5分ほどお時間を頂戴してもよろしいでしょうか。

はい、いいですよ。

○○様、大変申し上げにくいのですが、今回の内定を辞退させていただきたく、お電話させていただいた次第です。誠に申し訳ございません。いろいろと悩みましたが、内定をいただいている○○社の方が私のやりたかった仕事に一番近いと感じ、このような決断をさせていただきました。

そう、それはとても残念だね。そういうことでしたら承知しました。わざわざお電話ありがとうございます。

本来でしたら、直接おわびにうかがうべきところですが、お電話にて取り急ぎご連絡させていただきました。誠に申し訳ございません。何卒、よろしくお願い申し上げます。失礼いたします。

例文

受付:ありがとうございます。○○株式会社です。

わたくし、○○大学○○学部○○学科の○○○○と申します。

受付:お世話になっております。

お世話になっております。人事部担当の○○様はいらっしゃいますでしょうか。

受付:人事部担当の○○でございますね、しばらくお待ちください。

はい、人事部の○○です。

○○様、その節は大変お世話になりました。また、先日は内定のご通知をいただきまして、誠にありがとうございます。

ああ、○○さんどうしたの?

5分ほどお時間を頂戴してもよろしいでしょうか。

いいですよ。

○○様、せっかく内定をいただきながら、身勝手なお願いで誠に申し訳ございません。今回の内定を辞退させていただきたく、お電話させていただいた次第です。とても悩みましたが、○○業界の仕事が私の適正にあっていると感じ、このような決断をさせていただきました。

そうですか、それはとても残念です。そういう事情でしたら理解しました。本日はお電話ありがとうございました。

本来なら、直接おわびにうかがうべきところですが、お電話にて取り急ぎご連絡させていただきました。貴重なお時間を割いていただいたのに、誠に申し訳ございません。何卒、よろしくお願い申し上げます。失礼いたします。

内定辞退の理由と例文②思い描いていたイメージと違った場合

内定辞退の理由と例文②思い描いていたイメージと違った場合

内定をもらったけれども、思い描いていたイメージとは違っていたということはよくあります。この場合、「思い描いていたのとイメージがちがっていた」という理由を説明する必要はありません。人事担当者へ電話して、丁寧に断るようにしましょう。

例文

受付:はい、○○株式会社受付でございます。ご用件をお話しください。

わたくし、○○大学○○学部○○学科の○○○○と申します。

受付:お世話になっております。どのようなご用件でしょうか。

お世話になっております。人事担当の○○様はいらっしゃいますでしょうか。

受付:人事担当の○○ですね、ただいま呼び出しますのでしばらくお待ちください。

はい、人事担当○○です。

5分ほどお時間よろしいでしょうか。

どうぞ、いいですよ。

○○様、先日は内定をいただきましてありがとうございました。誠に身勝手なお願いで大変恐縮いたします。御社の内定を辞退させていただきたく、ご連絡させていただきました。

そうですか、それはとても残念です。わざわざ電話をいただいてありがとうございました。

本来ならば、直接おわびにうかがうべきところですが、取り急ぎお電話で連絡させていただくことにしました。誠に申し訳なく思っております。何卒、よろしくお願い申し上げます。

内定辞退の理由と例文③天秤にかけた結果

内定辞退の理由と例文③天秤にかけた結果

複数社から内定をもらって、業務内容や待遇面などを照らし合わせ、「自分にあっているのはどちらだろうか」「自分が幸せになれる会社はどちらだろうか」と検討することは良いことです。どちらの内定を選ぶべきか悩んだ結果、もう一つの内定を断る場合の電話での例文をご紹介します。

例文

受付:お電話ありがとうございます。○○株式会社受付でございます。

お世話になっております。わたくし、○○大学○○学部○○学科の○○○○と申します。

受付:はい、お世話になっております。どのようなご用件でしょうか。

人事課長の○○様はいらっしゃいますでしょうか。

受付:人事課長の○○ですね、しばらくお待ちいただけますか。

はい、お電話かわりました。人事課長の○○です。

○○様、ただいま5分ほどお時間よろしいでしょうか。

はい、どうぞ、いいですよ。

○○様、先日は内定をいただきまして誠にありがとうございます。

ああ、○○さんね、どうしたの?

はい、誠に身勝手なお願いがございまして、ご連絡させていただきました。このたびの御社の内定を辞退させていただきたいと考えております。ずいぶんと悩みましたが、○○社の方が私にあっているという結論に至りました。誠に申し訳ございません。

そう……、それはとても残念です。わざわざ電話してくれてありがとう。

本来でしたら、直接おうかがいしておわびするべきところですが、取り急ぎ、お電話でご連絡申し上げました。誠に見勝手なことで申し訳ございません。お忙しいところ貴重なお時間をいただきましてありがとうございました。何卒、よろしくお願い申し上げす。

メールで内容辞退を伝える際の例文

担当者不在などで、やむを得ずメールにて内容辞退を伝える場合は、丁寧にわかりやすく伝えられるようにします。

また、業務上届くメールは膨大な数ですので、一目見て辞退のメールだとわかるようにすることが第一のポイントです。

件名には必ず内定辞退というワードと自身の名前を記載すると先方に伝わりやすいメールとなります。

件名:内定辞退のご連絡 【山田太郎】

本文

◯◯株式会社 人事部

採用御担当 △△様

お世話になっております。

内容のご通知を頂きました●●です。

お電話をいたしましたが、ご多忙のようでしたので、メールにて失礼いたします。

この度は、採用内定のご通知を頂き、誠にありがとうございました。

このような光栄なお知らせを頂きながら、誠に恐縮ですが、貴社の内定を辞退させていただきたく、ご連絡を差し上げました。

選考や内定において、貴重なお時間を割いていただいたにもかかわらず、このようなご連絡となり心苦しい限りですが、大変申し訳ございません。

本来であれば貴社へお伺いして、直接お詫び申し上げるべきところでございますが、メールでのご連絡となりますことを、何卒ご容赦・ご理解のほどお願い申し上げます。

面接をご担当いただいた△△様をはじめ、採用に関わってくださった皆様に、心より感謝しております。

末筆ながら、貴社の益々の発展をお祈り申し上げます。

(●●)

(連絡先:□□-□□□□-□□□□)

誤字や脱字などがないように、できるだけ簡潔にわかりやすいようなメールを送りましょう。

まとめ:内定辞退について

今回は内定の断り方について解説してきました。せっかくもらった内定、断るのは心苦しいはず。しかし、内定は一つしか選べないのですから仕方ありませんね。内定の辞退は電話で素早く企業側へ伝えるようにしてください。遅くなればなるほど企業側に迷惑をかけることになります。内定を断る就活生も遅れるほど電話がしづらくなります。丁寧に正直に、内定を辞退することを伝えましょう。人事担当の方も理解してくれるはずです。

就活市場では、他にも就活に関するあれこれやお役立ち情報を日々発信しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

内定は取れたけどこんな不安やあんな不安が…。
わたしたちに何でも聞いてください!​​

あなたのビジョンを実現させるための
就活のサポートを実施​

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ