働き方は自分自身で選択できる! 働き方を選ぶ 5つのポイント 商社社長×編集長

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

働き方は自分自身で選択できる! 自分で決めた人生を送りたい就活生必見

編集長 プロフィール

IMG_1064

宮崎県延岡→山口県下関→福岡北九州市→大分県日出町→福岡県中央→東京で社会人。

親が転勤族であるため、様々な地域で過ごす。地域によって人の考え方が違うことに気がつく。

色々な考え方や情報がある東京の営業会社へ就職。会社の方針により就活市場を運営、編集長を務める。

編集者としてライターへのディレクションを行いながら取材を行い、様々な【働き方】を記事にする予定。

 

代表取締役 プロフィール

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40

社会人に出て7年の間、自動車鈑金業務(事故車の修理)を務める。

しかしそのままだと将来が見えないと感じ、営業職にキャリアチェンジを行う。

BtoB、BtoCを経験し、最終的に日本の文化であるリサイクルを強みに株式会社パーツワンを創業をする。

今後は日本に眠っている自動車を再活用すること、仕組み化とコンサルを事業化し海外進出を目指す。

 

商社をするきっかけは自動車が好きなこと!?

IMG_1064「早速ですが、今の仕事をされるキッカケはございますか。」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「一言で言ってしまうと、当時は自動車が好きだったので、それがキッカケです。」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「高校生のときからサーキットや峠などで、よくバイクや自動車を走らせてました。自動車も8台ぐらい壊したかなぁ・・?」

IMG_1064「え? 事故をしたということですか?」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「コーナーをギリギリまで攻めたりして、攻め足りず大破しました。」

IMG_1064「すごい・・よく怪我をされなかったですね。車の修理だったりはどうしていたんですか?」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「自動車事故の修理はお金かかるから、基本的に自分でもやっていました。」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「基本的に自動車が好きだったので、それに関わる自動車整備士、自動車鈑金塗装を目指すようになります。」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「一番最初の入社先は、神奈川県にあるネッツトヨタという会社に入社いたしました。」

IMG_1064「ちなみにその中で働いて驚いたことはありますか?」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「さすがにこれは・・壊れすぎているだろう。買ったほうが良くない?」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「というような車をあらゆる設備を利用して、完全に修復している部分が驚きました。」

IMG_1064「え?新しい自動車を用意したほうが良いのでは・・?」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「自動車保険等の関係で、新しい車をあげます。というのができないですよ。」

IMG_1064「自動車修理も色々なルールがあるんですね・・・」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「ただ修理や整備をしている中で、上司がやっている仕事を自分ができないのは危機感を覚えました。」

危機感と働く内容の将来性

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「修理や整備などで車に携われるのはよかったですが、このままだと自分は食っていけないな・・という危機感がありました。」

IMG_1064「危機感・・でしょうか。」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「修理しかできないままじゃマズいってことで、自分ができる仕事で食っていける仕事を探しました。」

IMG_1064「ちなみにどうやってお仕事を探されたのですか?」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「当時(2001年)は、あまりネットも充実してなくて(笑)」

IMG_1064「求人誌を購入したり、ハロワに行ったりという感じでしょうか?」

※当時はパソコンは会社で使うもの、家庭に1台が当たり前ではなかった。求職者はコンビニで求人誌を購入したり街中で募集広告をみて応募していた。

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「ええ、新聞紙の折り込みチラシやコンビニの求人誌を購入して見てました。」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「【完全実力性、あなたの能力次第で給料も変わる!】というような文章をみて、早速応募しました。完全フルコミッション営業です。」

※完全フルコミッション=基本給:0円(無し)、1件の申込に対して、会社から個人へ払われる雇用形態

IMG_1064「結構、さらっと仰りますが、すごいところに入社の決意をされましたね・・」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「プロパンガスの販売営業でしたが、3時間ぐらいの説明であとはよろしく!みたいな感じでしたね。」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「普通の会社は、社員の仲が良くて〜だと思いますが、その時は誰も助けてくれないどころか全員敵でした。」

IMG_1064「先にそのサービスを申し込みをされると、その分チャンスがなくなるみたいなものってことでしょうか・・?」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「そうです。自分で色々工夫してましたねー。懐かしいなぁ〜」

 

訪問販売で学んだこととは?

IMG_1064「ちなみにそのプロパンガスの訪問販売で気が付いたことや発見はございますか?」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「自分自身をコントロールすることの難しさ。です。」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「極端な話、家で寝てても誰も何も言わない。かと言って申し込みをいただいたところで褒められもしない。」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「正直、訪問販売をすると嫌な顔をされますし、嫌われます。しかしそれでも提案をしないといけない。」

IMG_1064「さらに件数を取らないと月間の給料も0ということでしょうか・・?」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「0の時もありました。その時は100均にお世話になりまして・・・(笑)」

IMG_1064「ちなみにその状況から脱却するためにはどのような行動を取られましたか?」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「あらゆるアプローチを顧客へとりましたね。顧客の心理の本質も学ばさせていただきました。」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「営業マンって思われないように、工事を行う人みたいな姿にしたり、公園で子供と仲良くなって親に近づいたり、井戸端会議に参加したり、インターンホンで口パクしたり・・」

※あくまで当時行なっていたことです。今行うと色々と問題になる場合があるので、当時のお話として受けとるようにお願いいたします。

IMG_1064「ちなみに、その時の思い出や驚いたことはありますか?」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「マンションで60部屋ぐらいある物件を丸ごと一気に変えるとなった時は、警察も動く大騒動でした(笑)」

IMG_1064「そちらは別ガス会社との一悶着でしょうか?」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「そうです。ガス会社を切り替えさせないため、そのガス会社の所長やお偉いさんが、こんな感じで(ハニワみたいな格好をとる)」

IMG_1064「沖縄の米軍基地とかで見られる。[人間の鎖]みたいな・・?」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「そうそう!(笑)」

IMG_1064「・・・」

訪問販売の次のステージ

IMG_1064「ちなみに、そちらの経験の後にされたことが、サプリメントを販売する法人営業をされたとのことですが・・」

※法人営業=企業や会社に対して、物やサービスの提案を行うこと。BtoBとも言われる。

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「スポーツ栄養学や健康問題に関する知識をベースに、サプリメントをスポーツ店等に販売いたしました。」

IMG_1064「そちらも個人でされたということでしょうか・・?」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「ええ、当時はポスター等の印刷もイラレを使わないと印刷ができなかった。イラレが使える友人を探して依頼してました。」

※イラレ=イラストレーター・Illustraor、画像や写真を編集できるツール、デザイナーの人であれば必ず知ってるツール。

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「あとはひたすら電話を行なって、提案の日々だったなぁー本当に懐かしい・・」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「サプリメントも自分自身で栄養について研究して、考えて提案をしていました。」

IMG_1064「サプリメント販売は何年間ほど続けていましたか?」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「半年間ほどかな?そこから双日という自動車の商社に興味があったので、その会社へ入社希望を行います。」

IMG_1064「サプリメント販売を辞めた理由と、自動車関連の会社に再度入社希望した理由をお伺いしてもよろしいでしょうか。」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「入社希望した理由が強いです。2004年に自動車リサイクル法が施行されたため、その部分に強みを持って双日が事業部へ参入します。」

※2004年 自動車リサイクル法:自動車に使われている部品(資源)を有効活用する仕組み。自動車購入者が購入すると同時にリサイクル料金も支払う。メーカーが回収したらその料金を受け取る。

その前は自動車リサイクルにそこまで明確にされておらず、埋め立てを行ったりしていたため環境問題にも繋がっていた。かつ、最終的にゴミとして処理をしないといけないが、処理を行う価格も高騰化をしていた。

資源の有効活用を目的にメーカーへのメリットを打ち出した施作。法律や仕組みが変わるタイミングはビジネスチャンスになりやすいため、各企業が参入したりする。

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「その事業であれば将来性を感じたため、参画したいと思い、応募しました。」

IMG_1064「そこですぐに入社し、働いたという感じでしょうか?」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「応募しましたが、面接で3回落ちました。」

IMG_1064「面接で落とされても、何回もチャレンジしたということでしょうか?」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「そうです。3回落とされて、もし次受けてダメだったらもう諦めてサプリメント販売をそのまま行おうと思っていたら、4回目で受かりました。」

IMG_1064「その経験は今の就活生にためになるかと思いますが、就職活動で重要なことはなんでしょうか?」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「企業側の採用基準を考え、そこの基準を超えるような自己PRをしました。」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「事業を大きくするタイミング、ほかに採用する人が少なかったというのもありましたが、最終的には熱量で売り込んでいきました。」

自動車商社で学んだこと

IMG_1064「ちなみに、その双日株式会社へ入社されて、どのようなことを行いましたか?」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「まずは、業務内容を理解してあとは一気に営業を行いました。成績はダントツでTOPでした。1位と2位の差は2倍ぐらい離れてたかなぁー」

IMG_1064「過去の訪問販売だったり、サプリメント販売の経験が活かされているような印象を受けます。」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「そうですね!過去に自分自身をコントロールする方法を学んだし、工夫することが当たり前だったのでそれを業務の中でも取り入れていました。」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「ただ、そこで3年間ぐらい働いて辞めることになります。」

IMG_1064「何か3年間勤めて辞められた理由があるのでしょうか?」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「単純に事業部が突然解散することになりまして、みんな一気に会社を辞めさせられるという方向になります。」

IMG_1064「何も通知もなく、一気に解散という感じでしょうか?」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「解散前は、ノーティス、ノーティスって言ってて何がなんだかわからなかったけど、解散が起きて初めてわかりました。」

※ノーティス=notice、告知、お知らせ、緊急連絡、会社から全体に周知がある際に使われる。

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「解散の告知を受けている最中に、次は何をしようかなって考えてました。」

IMG_1064「解散ってなると、落ち込んだり、滅入ったりする人が多いと思うのですが、それはあまり感じられなかったということでしょうか。」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「そこはあまり感じなかったです。子会社の方からも誘われていたし、人材業界にも興味があったので、DODAでも働こうかな?とも思ってました。」

会社の創業

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「ただ、自分自身で考えて働きたいと思っていたため、前職で学んだことを生かしリサイクル事業部を立ち上げます。」

IMG_1064「創業にあたっての思いや気持ちはどのようなものでしたか?」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「シンプルに【使われていない、余っている部品を使われるようにしてほしい】ということです。」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「そこで深い部分で喜んでいただけることが、仕事をするなかで重要な部分だと思ってます。」

IMG_1064「ご回答、ありがとうございます。ちなみに創業はどちらで・・?」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「先輩が住んでいる家の3階が空いていたので、その部屋で立ち上げることにしました。」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「ひたすら仕事をして働いていて、2年半立った時にふと「今後どうする?」という将来的な話をしました。」

IMG_1064「そこで初めて、将来的な話になった・・と」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「結論、方向性が異なるので決別をしました。少し変わった先輩でもあったので、それ以来全く話をしていないです。」

IMG_1064「ちなみにどのような方向性の違いにより、決別をされたのですか?」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「私は、もっと大きな仕事をしたかったので開拓を行なってどんどん広げていきたいと考えていました。」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「先輩は今のままの顧客を囲って行こうとする方向性でした。」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「忘れもしませんが、2009年11月に別の先輩と私と私の彼女でスタートさせます。」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「また、先輩の家の3階が事務所だったので、即引越して四角い事務所っぽい部屋を借りました。」

IMG_1064「事務所が先輩の家だったから、出ないといけないということですね!」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「ええ、新しくスタートした3名で軌道に乗せて、初めて10万円ほど利益を出して購入したコピー機がそれです。」

IMG_1064「ちなみにどのくらいのタイミングで軌道に乗せたのでしょうか?」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「立ち上げて半年後ぐらいで軌道に乗りました。」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「中途の方も採用して、人数が多くなってきたのですが、みんなが自分のしたいように仕事をしていました。」

IMG_1064「それって社長的な目線だとあまり気持ちが良くないのではないのでしょうか?」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「当時は組織のためには必要と思ってましたし、私が年下って言うのもあって意見は控えてました。」

組織としての方向性を明確に打ち出す

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「ただ、これ以上は組織的によくないと言うことで、明確に方向性を打ち出すことにしました。」

IMG_1064「その後、何か変化というか、どのような結果に・・?」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「方向性が違うとのことで、8名中6名がやめました。(笑)」

IMG_1064「そのやめた方は「今まで、こういう風にやってきたのに、なんでそんな方向性なんだ!」という感じでしょうか?」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「その理由と、あまり意見を言ってない中で、自分たちの仕事の進め方でやっていたのが急に変わることになったからでしょう。」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「私としては今後の組織のために、必要なことだと判断して方向性を明確に打ち出しました。」

IMG_1064「組織をとるか、既存メンバーの意向をとるか。という印象を受けました。」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「そうです。ただ、不思議なことに方向性を明確に打ち出すことによって、新しいメンバーとの出会いがありました。」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「もしあのまま方向性を打ち出さなければ、新しい出会いはなかったでしょう。」

IMG_1064「方向性を打ち出した直近はどのくらいのメンバー人数で行なってましたか?」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「4名ほどです。業務量が80件前後あって、対応をするのが大変でした。」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「その中で信頼をいただいたクライアント様もいらっしゃったので、その時に手を抜かず行なっていたのでよかったです。」

IMG_1064「新しいメンバーと一緒に働くことになって気が付いたことや発見したことはございますか?」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「素直さや彼らの姿勢です。厳しいことを言った後でも真摯に受け止めて行う姿はこちらも学びになります。」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「今までは、自分よりも年上の人と接することが多かったのですが、自分よりも年下の人たちと接すると学ぶことが非常に多いです。」

IMG_1064「反対に課題や改善点を感じられることはありますか?」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「素直で良い子が多いので、ガツンというタイプがいないのが少し課題に感じます。」

採用したい学生のターゲット

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「また今期は採用課題が経営課題でもあるので、私自身が積極的にイベント参加しています。」

IMG_1064「獲得したいのが優秀な人材ということでしょうか。」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「高い目標だと、仕組みづくりの最中でもあるので、仕組みを作れるぐらいの人材を求めています。」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「ストレートではありますが、素直で理解力がある人と一緒に働きたいと思ってます。」

IMG_1064「あえて具体的な条件にするとしたら、どのような学生でしょうか?」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「あえてだと、親との関係値が悪くない学生・学歴が比較的高い学生です。」

IMG_1064「ありがとうございます。ちなみに親との関係値が悪くない学生である理由を教えてください。」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「そもそも、親は一番最初に接する目上の人です。親から言われることは素直に耳を傾けるべきです。」

IMG_1064「まずは、一番初めの目上の人との接し方をどのようにするかという部分でしょうか。」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「そうです。その部分を結構重要視してます。」

IMG_1064「ありがとうございます。ちなみに学歴が高い人というのは、どのような理由でしょうか?」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「あくまで傾向なのですが、学歴が高いということは、勉強をしてきたということです。先生や親の言うことを素直に聞いてきたと言う証拠でもあります。」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「さらに、純粋に理解力が高いと言う部分もあります。勉強という努力もしてるので、学歴が全てではないですが重視します。」

IMG_1064「ありがとうございます。今期で長倉様が力を注いでいることはございますか?」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「今期は、私が人事における突撃隊長になってあらゆる行動を積極的に行なっております。」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「人材と出会うために様々な行動をとって、できるだけ多くの学生と出会おうとしてます。」

IMG_1064「採用に関してお話いただきまして、ありがとうございます!」

今後の展望

IMG_1064「最後になりますが、今後の方向性や企業としての目標をお伺いしても良いでしょうか?」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「まずは今の事業部で全国のディーラーと繋がること、コンサル事業をすること、まだまだ先ですが海外にも進出を狙ってます。」

IMG_1064「失礼ですが、海外でも上手くいくのでしょうか?」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「仕組みや方法、スキームは全く同じマネができますが、【文化】はマネできない。日本にある勿体無い文化は海外でも通用するはずと思ってます。」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「あまり海外進出を狙っているというと、なかなか先の話になるので・・・公表は控えてください。」

IMG_1064「お任せください。上手く編集させていただきます(笑)」

IMG_1064「就職活動者への伝えたいことはございますか?」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「他の企業だと、仕事の成果として魚を釣ってくれることが多いですが、私たちは仕事の成果として魚の釣り方を教えさせていただきます。」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「専門商社や自動車の知識、経験がなくても活躍をしている社員も弊社にいます。まずはインターンに参加してみてください。」

スクリーンショット_2018_09_04_18.45.40「新しい事業部の立ち上げの計画も常におこなっているため、何か新しいことをしたい方や普通の企業だと満足しない方がおすすめだと思います。」

 

働き方を自分自身で選択するために必要なこと

まずは自分がしたいことを明確にする

例:「一言で言ってしまうと、当時は自動車が好きだったので、それがキッカケです。」

自分自身が納得するためには、自分自身を理解することが重要です。

何をしている時が、時間を忘れて没頭できるのかを冷静に見つめ直してみましょう。

▶自分がしたいことがない方はこちら!

 

常に危機感を持つ

例:「修理や整備などで車に携われるのはよかったですが、このままだと自分は食っていけないな・・という危機感がありました。」

今のままの状態だと、将来的にあまりよくないという危機感をもつと行動量がふえます。

現状のままでいると将来的にどのようになるのかを考えると、今の状態に危機感を覚える場合があります。

▶危機感がない方はこちら!

 

自分自身を売り込む

例:「自分を採用した方が企業側が絶対に得をするアピール。でしょうか。それを4回行なったという感じです。」

自己PRは非常に重要です。自分自身を一つの商品として見たときに、購入や採用のメリットを深掘りしていくと、強みにかわります。

自分自身が今までやってきたことの中で他の人と異なる部分をしっかり言葉にしていきましょう。

▶自分自身を売り込めない方はこちら!

 

落ち込む瞬間でも次に行うべき行動を常に考える

例:「解散を告知を受けている最中に、次は何をしようかなって考えていました。」

次に何をするのかを考え続けることが重要です。

現在行なっていることが、突発的に中止になったりできなくなったりした場合のことを考えてみましょう。

今行なっていることが無くなることは考えられないという状況があるのであれば、別の状況になった場合でも通用する能力を身につける必要があります。

▶考えるコツがわからない方はこちら!

 

方向性を打ち出す

例:「そうです。ただ、不思議なことに方向性を明確に打ち出すことによって、新しいメンバーとの出会いがありました。」

目標設定をする前、もしくは目標設定を行なった後でも良いので、将来の方向性を定めていきましょう。

方向性を定めることによって、自分自身の向かうべき目標がより明確になります。

▶方向性を明確にしたい方はこちら!

 

新しいことに最前線で行動をおこなう

例:「今期は、私が人事における突撃隊長になってあらゆる行動を積極的に行なっております。」

行動を起こす上で、スピードが遅いと機会を逃したりします。

行動を起こすと決めた段階で、だれよりも早く行動を起こし、先頭にたっていきましょう。

一番乗りで機会を得ることができるチャンスです。

▶就活のプロに相談はこちら!

 

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「就活情報」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ