インターンで向上心を自己PRしたい。履歴書に書く際の注意点は?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考を経て、限られた人数だけが採用されることとなります。インターンシップは人脈や実務経験など就活に役立つメリットを数多く手に入れられるので、上手く自己PRを成功させて希望先に参加したいところです。そのため、最初に提出する書類も気が抜けません。

ここでは履歴書で向上心を自己PRに盛り込みたい方のために、書き方のコツ注意点を解説していきます。

向上心のある志望者は好かれる?

インターンシップの選考過程で自己PRに向上心を盛り込むのは効果的だといえます。なぜなら向上心のある人は成長の伸びしろがあると考えられるからです。そのため、向上心をアピールすることで面接官や人事担当者からマイナスのイメージをもたれるということはそこまで多くありません。

向上心は何に取り組む上でも大切なものです。有名企業になればなるほど有能な人材でなければ採用されないと考えている人も多いでしょうが、実は採用担当者は現時点での能力以上に伸びしろを重要視しています。

自己PRで向上心について効果的なアピールができれば、担当者に好印象を残すことができるはずです。反対に、自己PRに失敗して向上心があるということを説得できなければ、マイナスのイメージをもたれてしまうということも注意しておきましょう。

志望動機は向上心の根拠となる

1705_1_45 (3)

履歴書には志望動機欄と自己PR欄が設けられているものもありますが、志望動機と自己PRを関連付けることで向上心の根拠を説明することができます。とはいえ、エントリーシートとは違い、履歴書には限られたスペースしか設けられていません。

その中で向上心を上手くアピールするために、有効利用したいのが志望動機欄です。志望動機は志望者の熱意を企業にぶつける項目であり、どうしてその企業を選んだのかということに加えて、自身の向上心と企業との関連性を書くと魅力的な志望動機に見えます。

ここで注意しなければならないのは、志望する企業だけに向けた志望動機を考えるということです。特別なエピソードを書く必要はありませんが、どうしてその企業を選んだのかが明確にわかる理由を書きましょう。そのためにも自己分析と企業研究には時間を割いて、じっくりと行うことが肝心です。

目標を設定してやる気を具体化する

インターンシップの履歴書では、企業に採用された後でどんなことをしたいのか、目標を掲げるようにしましょう。言葉で向上心を訴えるだけでは具体性に欠けるため、「私は向上心がある人間です」と書くだけでは説得力がありません。

将来への言及があると前向きな印象ももたらすので、採用担当者から評価を得やすくなります。目標は「こうでなくてはいけない」という決まりはなく、自分の課題と企業の仕事内容を照らし合わせて考えてみましょう。

「向上心」という言葉を多用しない

1705_1_45 (2)

インターンシップの履歴書や面接において向上心を自己PRするのに「向上心」と直接的に伝えるのはリスクもあります。理由としては先ず、言葉を強調すればするほど暑苦しく押し付けがましいように聞こえるからです。

何より、「向上心」は多くのライバルが使いたがる言葉であり、大量の履歴書を目にする採用担当者を辟易させてしまう可能性があります。向上心と同じ意味の、別の言葉に置き換えた方が文面のオリジナリティーは増すでしょう。

例えば、「前を向く力」「くじけない心」など、自分だけの言い方のバリエーションを考えてみることも一つの方法です。

おわりに

インターンシップの履歴書で向上心を上手くPRすることができれば、企業が好印象を抱いてくれる可能性は大幅に上がります。しかし自身が向上心をもって働ける企業を探すことができなければ意味はありませんよね。とりあえず参加してみることも大切ですが、その中でも興味のある企業を探すことは大切です。

有意義な時間を過ごすためにも、インターンシップに参加する前に、しっかり自己分析を行ったり、企業研究を行ったりするようにしましょう。

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「インターンシップ」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ