エントリーシートとは何なのか?就活を成功させるための書き方

就職するためには、応募する企業に自分を売り込む必要があります。その際に必ず書くことになるのがエントリーシートです。エントリーシートの内容は、その後の採用選考に大きな影響を与えます。重要性はわかるが、エントリーシートとは何なのかよくわからないという方もいるでしょう。そこで今回は、エントリーシートの基礎知識や書く際のポイントなどをご紹介します。

エントリーシートは企業独自の応募用紙

エントリーシートとは、企業が選考を行うための材料として用意した独自の応募用紙と考えてください。

履歴書を提出するのに、わざわざエントリーシートも提出する意味がわからないという方もいるでしょう。確かに両者には共通する記入欄がありますが、その一方で大きな違いもあります。

履歴書はどの企業でも記入する内容を統一されていますが、エントリーシートは企業が独自に作成することができるので、採用担当者が就活生に問いたい独自の設問を盛り込むことが可能です。欲しい情報をピンポイントに集めることができ、応募者の優劣を比較することが容易となります。

このようにエントリーシートは多くの応募が集まる企業にとって、選考の円滑化に役立つという大きなメリットがあるのです。

選考を通過できるエントリーシートとは

1705_2_121 (2)

面接を受けるには先ず、書類選考を通過しなければなりません。書類選考を通過できるエントリーシートとは、どのような内容が書かれたものでしょうか。

華々しいエピソードを書いたとしても、採用担当者に会ってみたいと思わせることができなければ、面接に呼ばれることはありません。採用担当者にもっと詳しい話を聞きたいと思わせる内容を書く必要があるのです。

誤字や脱字が多くわかりにくいエントリーシートを読んで、そのように思う採用担当者は少ないでしょう。読みやすいように丁寧に書くことが大前提といえます。

文章構成としては、最初に要点を端的に記述して、その後に詳細な説明を書くと良いです。そのような基本を押さえた上で、具体的な記入内容についてご紹介していきます。

設問の意図を汲み取ることがポイント

履歴書にはない設問があることも、エントリーシートの大きな特徴です。アンケートに答えるような感覚で、それらの設問に回答してしまう人もいます。しかし、そのような気軽な気持ちで答えていてはいけません。

エントリーシートとは、企業が熟考を重ねて用意したものです。一つひとつの設問に深い意図があることを意識しておきましょう。企業が何を知りたがっているのかを考えながら答えることが重要です。

例えば、エントリーシートには失敗経験を尋ねる設問がよくあります。この設問では、失敗の内容を知りたがっているわけではありません。失敗を糧として成長した経験や、困難を克服した方法などを知りたがっているのです。効果的な回答をするには、このように設問の意図を汲み取り、答える必要があります。

履歴書や面接と内容の一貫性を

1705_2_121 (3)

エントリーシートは、履歴書を意識しながら書くことが大切です。エントリーシートと履歴書の記入内容に一貫性がないと、どちらも説得力がないように感じられてしまうでしょう。

また、面接で採用担当者はエントリーシートを読んで気になった点について質問をしてきます。そのため、面接でどのような質問を受けるのかを予想しながらエントリーシートを記入することが大切です。

予想される質問への対策を行っておけば、面接で良い評価を得られる可能性が高まります。このように、エントリーシートが履歴書や面接に与える影響を考えておきましょう。

おわりに

エントリーシートは最初の関門であると同時に、最終選考でも参考にされるとても重要なものです。ぜひ、今回ご紹介した内容やジョブコミットの就職セミナーなどを参考にして、エントリーシートの記入のコツを掴んでください。

履歴書の書き方がわからない?ウカル履歴書、教えます。​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ