クリエイティブ職に転職するにはポートフォリオが最重要

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

クリエイティブ職に転職するにはポートフォリオが最重要

TV番組や広告、雑誌やWebなどの編集やデザインを中心としたクリエイティブ関連の仕事は、人気の高い職業です。クリエイティブ職への転職を考えている場合、経験の有無に関わらずこれまでの実績やスキルが非常に重要です。この記事では、クリエイティブ職へ転職を考える際のアピールポイントをいくつか例を挙げてご紹介します。

クリエイティブ職は多岐にわたる

1707_2_86 (2)

クリエイティブ職とはどのような職業をいうのでしょうか。直訳すれば「創造する人」ですので、何かを創造している仕事ならクリエイターであるといえます。そのため、クリエイターやクリエイティブ職には多くの種類があり、仕事内容や勤務の仕方も様々です。

では、どのような職があるか一例をご紹介します。

  • イラストレーター
  • 商品企画職
  • マーケッター
  • Webデザイナー
  • プログラマー
  • 編集者
  • 小説家
  • 漫画家
  • ウェディングプランナー
  • スタイリスト

ご紹介したものはごく一部で、クリエイティブ職といわれるものは他にたくさん存在します。

Webデザイナーでアピールする点

Webデザイナーの転職で最も重要なことは、実績・スキルの棚卸をすることです。Webデザイナーは実績・スキルがないと転職できないといっても過言ではありません。学生時代から現在に至るまで制作したものをすべて振り返り、ポートフォリオを作成しましょう。それぞれについて、使用したツールやテクニック、評価された点などがあれば書いておきます。

この作業を通じて自分の強みも見つけておきましょう。例えば「ユーザーの心理を分析しデザインができる」「ユーザーに対してどれほどコンバージョンしたか、数値としてわかるものがある」などです。

デザイナーでアピールする点

雑誌やカタログ、広告など紙媒体の制作を行うデザイナーへの転職にも、スキルをアピールするためのポートフォリオの作成が必須です。特に未経験者が転職する場合は実務経験がないため、ポートフォリオで採用されるかどうかが決まります。先ずはポートフォリオを充実させることを意識しましょう。

他分野からの転職を検討している場合、他分野のスキルや知識の中にも広告・紙媒体のデザイナーに活かせるものもあります。例えばPhotoshopが使える、コピーライティングができるなど、それまでの仕事内容の中からデザイナーに活かせるものはないか考えてみましょう。

経験者の場合、志望企業が手掛けている仕事に近い過去の作品があればアピールすると良いでしょう。職務経歴書には、チームや個人での受賞歴も忘れず記入してください。

Webディレクターでアピールする点

1707_2_86 (3)

Webディレクターが企業にアピールするために必要なことは「客観的な数値に基づいた実績」です。職務経歴書には、自分が関わった仕事とそれに関する数値も記入しましょう。

事業会社のWebディレクターの経験があれば、PVやUU、CVRなどを追及してきたはずです。制作会社のWebディレクターの場合は、クライアントに提供したWebサイトの実績や売り上げなどがあります。それら客観的な数値をアピールしましょう。

Webディレクターのスキルで重要なことは、企画・戦略を立てる能力、デザインの修正・指示など制作全般における進行管理などのマネジメント能力、自分でデザインを行ってきたという場合はデザイナーとしての能力が挙げられます。こういったスキルは積極的にアピールしましょう。

おわりに

一口にクリエイティブ職といっても職種は多岐にわたり、Web媒体か紙媒体かによってもアピールすべきポイントは変わります。いずれにしても重要なものはポートフォリオです。自分の実績を短時間で把握してもらえるポートフォリオを作成しましょう。

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「面接」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ