企業説明会にはメリットや情報がいっぱい!参加前に基本を押さえよう

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

企業説明会は、企業の概要や仕事内容、経営者の考え方や社風に触れることのできる貴重な機会です。企業のホームページやパンフレットには掲載がない、非公開の情報を得られることもあります。この記事では、就活生なら一度は参加したい企業説明会の基本をご紹介します。

企業説明会と合同企業説明会

1705_1_167(2)

企業説明会とは、事業内容や企業情報、各部署の仕事内容などについて企業が説明を行う会のことです。一つの会社が主催する企業説明会は「単独説明会」とも呼ばれ、企業やグループ会社、募集職種単位で開催されます。一方複数の企業が集まる説明会を「合同企業説明会」と呼びます。

企業説明会では、具体的な仕事内容や一日のスケジュールなどを、先輩社員から直接聞くことができるケースもあります。給与や待遇面、人材教育制度など、採用ホームページでは公開されていない情報を得られることもあるでしょう。

人事担当者や先輩社員と質疑応答の時間を設けていたり、説明会の後に座談会などを行ったりする企業もあるため、その企業に対する理解を深めることができます。所要時間は一般的に1~2時間程度です。

合同企業説明会は、就活情報サイトや大学、地方自治体などが主催し、全国各地で行われています。その規模は、数百社が参加するものから数十社程度のものまで様々です。

合同企業説明会は企業説明会と比べて、ほとんどが簡単な説明で終わります。たくさんの企業の説明が聞けるというメリットがある一方、ホームページなどである程度の知識を持っている場合は、少し物足りなく感じることもあるでしょう。

合同企業説明会では、エントリーシートの書き方や面接のコツなどを学べるセミナーが開催されることもあります。これらは就活中に大変役立つでしょう。

企業説明会で進む企業研究

企業説明会ではその企業や事業の詳しい説明がされるため、その企業の業界内でのポジションや他社との違いが明確になります。他社との違いを見つけることができれば、志望動機で聞かれる「なぜその企業を志望したのか」をしっかりと伝えることができるでしょう。

また、企業説明会で紹介される先輩社員は、採用試験を経て入社したまさに「企業が求める人材」そのものです。先輩の強みは何かを分析し、自己PRの参考にしましょう。

自社オフィスで説明会が開催された場合、社内の雰囲気を感じ取ることができます。事業内容が気になっていた企業であっても、実際に参加すると雰囲気が自分に合わないと感じることがあるかもしれません。知らずに入社してしまうと「期待していた企業ではなかった」と後悔する可能性もあります。企業説明会に参加し、そういった「ミスマッチ」をなくしましょう。

企業説明会では具体的な質問を

1705_1_167(1)

企業説明会で設けられている質問タイムでは、気になることを積極的に質問しましょう。ただし的外れな質問や場にそぐわない質問をすれば、企業の担当者に不快感を与えてしまう可能性があります。具体的に企業説明会で避けるべき質問とはどういったものでしょうか?

個人的な質問

「私は○○学部ですが、○○学部が活躍できる職種はなんですか」など、自分にしか関係のない質問は控えましょう。協調性が欠けているとみなされる可能性があります。

調べればわかる質問

「支店数はいくつですか」「労働条件を教えてください」など、ホームページや企業パンフレットを見ればわかるような質問は避けましょう。企業説明会の中で説明された内容についても聞くことは避けるべきです。もう少し深く聞きたい場合は、「先ほど説明していただいた○○についてですが」「HPに記載のある○○についてですが」と話を聞いていたこと、事前に調べていたことがわかるように質問しましょう。

おわりに

企業説明会は、気になっている企業のことを詳しく知ることができる貴重な機会です。企業も自社の魅力を知ってもらおうと様々な工夫をこらしています。積極的に参加してみましょう。

内定が欲しい人以外は見ないでください
  • 就職活動の攻略本「就活ハウツー本」
  • 先輩の体験談も盛りだくさん「就活ストーリー」
  • 内定率は驚異の92%!「就活アドバイザー」
  • 5分で作れる「かんたん履歴書メーカー」
  • あッという間に内定GET「就活市場エントリー」
  • イベント参加で有利に就活「就活市場イベント」
  • あとで読み返したい記事は「お気に入り登録!」

今すぐ確認する!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ