21卒から就活ルールが廃止に!!私達はどうすればいいのか?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

21卒から就活ルール廃止決定?

21卒から就活ルール廃止決定?

2018年9月3日、経団連の中西宏明会長が学生の就活に関する方針について、21卒から就活ルールの廃止の考えを表明しました。ただ、まだ経団連として機関決定は経ていないため、本決定ではないとのことです。今後実際に話し合いながら具体的な協議を重ねていくとのことです。

なぜ就活ルールの廃止の案が出てきたのか?

17卒より就活解禁が3月、面接解禁が6月と経団連が定めたのですが、こちらのルールは経団連会員は守るように求めているが、それ以外の会社は特に守る必要がなかったため、解禁前から積極的な採用を行われていました。また、大手企業も表向きは経団連に従っていたのですが、水面下で優秀学生の囲い込みを就活解禁前から実施している現状がありました。

また、経団連からの採用選考に関する指針へのコメントでは以下のように語られてます。

経団連が採用選考に関する指針を定め、日程の采配をしていることには違和感を覚える。また、現在の新卒一括採用についても問題意識を持っている。ネットの利用で、一人の学生が何十社という数の企業に応募できるようになった。企業が人材をどう採用し、どう育成していくかということは極めて大事なことであるが、終身雇用、新卒一括採用をはじめとするこれまでのやり方では成り立たなくなっていると感じている。各社の状況に応じた方法があるはずであり、企業ごとに違いがあってしかるべきだろう。優秀な人材をいかに採用するかは企業にとっての死活問題である。

今後の採用選考に関する指針のあり方については、こうした私の問題意識も踏まえて、経団連で議論することになる。日程のみを議論するのではなく、採用選考活動のあり方から議論したい。その際、就職活動の現状について、学生がどう感じているか、真摯に耳を傾けることも当然だ。

引用元:定例記者会見における中西会長発言要旨

このように、今までのやり方が成り立たなくなっているための発表とのことでした。ただ、実際に就活をするのは経団連の方々ではなく大学生などの若者になるため、実際に若者が今の新卒一括採用に関してどう感じているのかを調査する必要があるともコメントしているため、実際に本決定にいたるまでにす少し時間がかかるのではないかと推測されます。

実際に就活のスケジュールはどう変わるのか?

それでは、就活ルールが廃止されれば実際に就活のスケジュールがどのように変わるのかを説明していきます。

新卒一括採用のスケジュール

旧スケジュール

こちらは今現在行われている就活のスケジュールになります。基本的にはこの流れに沿って企業は採用活動を行っています。

就活ルール廃止後のスケジュール

新スケジュール

いつでも採用していいため、どの時期にどのスケジュールになるかが決まっていなくなる。そのため、今までみたいに一斉にスタートではなく、早く動けば動くほどいいという流れになります。

ただ、新卒採用する企業も前年まで新卒一括採用を行っているため、いきなり全ての就活ルールを廃止し通年採用にするのは難しいかもしれないです。

また、今は大学3年生から大学4年生が対象の新卒採用も、1年生2年生のうちから内定を獲得する可能性もでてきます。

就活ルール廃止に対する巷の声

 このように、あまりいい意見はないです。また、実際に就活をする学生の意見などもしっかりと聞かないとまた失敗に終わる可能性はあります。

※16卒のときの8月面接解禁は17卒以降廃止になり、6月面接解禁に前倒しになりました。

21卒以降は実際にどう対策していけばいい?

21卒以降は実際にどう対策していけばいい?

それでは、もし就活ルールが廃止されたときに、21卒以降はどのように就活の対策をしていけばいいのかを紹介していきます。

情報を集める

いつから企業があなたの年度を対象とした採用の動き出しを行っているのかを知るために、常に情報を集める必要があります。もし、あなたの志望する企業が3年生よりも前の1年生や2年生を対象に採用を行っている可能性もでてくるかもしれないです。そのため、大学に入学した段階からしっかりと将来のことを見据えて就活に関する情報を集める必要があります。

長期のインターンシップに参加する

スケジュールが不明確であれば、いっそのこと長期のインターンシップに参加するのも1つの手であります。大学生のときから社会人と一緒に仕事をしておくと、あなた自身のビジネススキルも向上し、スケジュールなど関係なく就活がスムーズに進むことができます。

また、アルバイトと同様に長期のインターンシップではお金を稼ぐことができるところもあるため、アルバイトをするのであれば長期インターンシップに参加する方が将来のためになるかもしれないです。

ただし、アルバイトよりも長期インターンシップは時間の融通が効かないため、単位を落として留年しないように気をつけなければいけません。

余談ですが、アメリカなどではポテンシャル採用ではなく、新卒でも実力で採用か不採用かを判断されてしまうため、どれだけ大学生のうちから実力を身に着けておくかが肝になります。今日本の市場はアメリカのマネをしている傾向が強いため、今後はポテンシャル採用がなくなる日も近いかもしれないです。

まとめ

まだ正式に決定はしていないのですが、おそらく21卒より就活ルールは廃止されることが濃厚になります。情報が不明確なため、情報開示されるのを待つのではなく、しっかりと行動することが21卒以降の就活成功の一番の近道になるのではないかと筆者は考えております。

2018年9月21日追伸

21卒は6月解禁を継続することが本日日経新聞で発表されました。大学側からの就活スケジュールの早期が懸念されての判断とのことです。

筆者の意見としては、結局スケジュールは変わらなかったが就活生の動き出しがかなり早くなることが想定されます。また、20卒就活生の約8割が就活の準備を進めているというニュースも流れておりますので、あなたも早期から動き出すことが望ましいと思います。

今後もこの就活ルールの廃止に関するニュースは報道されると思いますので、随時こちらでも配信させていただきます。

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「就活準備」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ